我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

MTBカスタマイズ(フロントシングル化)(KONA ONE20 deluxe)

2010-01-17
Top Page26インチMTBコンポーネント
フロントシングル化といっても、単にパーツを外すだけの作業。




最初にフロントディレイラー ( DEORE FD-M531 ) を外した。

重さは174グラム。



次はクランク、FSA Alpha Drive の解体。
クランクアーム自体はオクタリンクのタイプであった。
もちろん特殊工具のコッタクスレンチは必要。

インナーギアは簡単に外れたんだが、
ミドルギアとアウターギアをクランクアームに取り付けてるネジの四つのうち、
二つがうまく解けない。

裏側のネジをペグスパナで固定しても、表側のネジを6角レンチでまわすと
どうしても裏側のネジが同時に回って全然解けない。
要するに裏側のネジをペグスパナでうまく押さえつけることができない。

ということで家にあるDr.永井のマウンテンバイクメンテナンススクール (Vol.1) (106ページ)で
調べてみるとヒントになることが書いていた。
床にクランクを置いて、ペダルを付けたままの状態でペダルを足で踏んで
クランク全体を押さえつけなさいと・・・
106ページに載っている作業姿勢が非常に大事かと思った。
この押さえつける方法で一発で外れた。



はずしたギアの重さを計測。

インナーギアは47グラム。



アウターギアは160グラム。

アウターギアの160グラム・・・・・・・かなり重いような気がしたので、
参考までに29インチMTBに使用しているクランク ( Race Face Deus XC X-Type )で
不要のアウターギアを計測してみた。

結果は83グラム。
FSA Alpha Drive のアウターギアの約半分の重さである。
やはりエントリーグレードの部品 ( FSA Alpha Drive ) は相当重い。
FSA Alpha Drive のアウターギアはアルミではなく鉄だろう。



最後にクランクアームにミドルギアのみを取り付けるが、
アウターギアがない分だけ薄くなるのでネジを変えなくてはならない。
ということで、こんなものを買ってきた。

老舗メーカーのsugino。
高価なのでアルミ製かと思ったが、現物を触ってみると鉄製のようだ。



元のネジと比べてみる。

右の二つがもとのネジ、左の二つが新しく買ったネジ。



やっと完成。


今回フロントをシングルギアにしたので、それに伴いパーツを取り外した。

前シフトレバー ( DEORE SL-M530 )  136グラム
アウターケーブルとインナーケーブル合計で 36グラム
フロントディレイラー( DEORE FD-M531 ) 174グラム
インナーギア 47グラム
アウターギア 160グラム

合計553グラムの軽量化となった。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.