我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

MTBの雑誌 (MTBmagzine・MTBオールカタログなど)

2010-03-06
Top Pageサイクルコラム
家にあるMTBの雑誌を整理してみた。



まずは、MTB magazine ・・・・・ こいつは最後のMTB定期雑誌だったんだが ・・・・・
前半号は1200円。途中から DVD などがついて1600円に値上がりした。
最終号に近くなるにつれて DVD もなくなり値段は1600円のまま。
そして最後は廃刊。発行部数が漸減したんだろう。
でもこの本はマニアックなファンも十分楽しませてくれる内容であった。


全部で18冊。内訳は、9.10.21-36.39号。
このうち本屋で買ったのは39号のみで、残りはヤフオクで集めた。
「 MTBmagazine創刊号からすべて全冊 」 という商品もヤフオクに稀にでてくるんだが・・・・・・・
何回か入札したが競り負けてしまった。
MTB magazine の後継本として Bicycle magazine が隔月刊ででるが
こいつは、どのユーザーをターゲットにした本なのかよくわからない。
薄いわりには1000円と高く、売れてるんだろうか?



次はMTBカタログなど


これもMTBパーツカタログ2006以外はヤフオクで集めた。
MTBオールカタログはすべての MTBが載っていると思うが、
MTBパーツカタログの方はすべてのパーツが載ってると期待して買うとがっかりするだろう。
ちょっとマニアックなパーツは載ってない。
あと微妙な話だが、パーツカタログの方は、題名にも 「 オール 」 という単語は入ってない。
完璧なカタログなら 「 MTBオールパーツカタログ 」 という題名になるということかな。

確か昨年からMTBオールカタログとMTBパーツカタログが一冊の本になった。
やはり、部数が減ってるんだろう。
これだけ人気がないと、2-3年先には廃刊ということもありうるんでは??
ロードバイクの人気とは正反対にMTBの人気はイマイチ。
先日、郊外のプロショップで一応、新品のMTBタイヤが在庫してたが
プラスチック製の商品タグが変色してた。おそらく数年、在庫してるんだろう。



メンテナンスの本

両方とも永井氏の本。この二つはほんとわかりやすい。
写真、文章ともバッチリかと思う。
メンテナンスのときに迷ったら、必ず参考にしている。



MTB日和


確か1-2年前に買った本。ほんとありきたりの内容である。
後に PART2 も出版されましたが同じようなレベル。八方美人的な本だ。



MTB完全制覇マニュアル




12年前に買った本。内容が充実しており何回も読んだ。
この当時は、DeoreLX の下が Deore ではなく STX-RC だった。
シマノコンポーネントの8段変速パーツのスペックも載っている。
昔の8段のコンポーネントを使ってる人には役に立つと思う。

これでMTB雑誌の整理、すべて終了。最近はMTB関連の出版物は少な過ぎる。
出てもエントリー向けの本ばっかりである。
値段は高くても内容の濃いもの、あるいは分厚くて豪華なヤツを出してほしい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.