我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

スパイラルバロウバッグ(モンベルのシェラフを購入)

2010-03-17
Top Pageパソコン、道具
車中泊用のためにシェラフ購入した。
製品名 スパイラル バロウバッグ#3、モンベル製。http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1121223





初冬、晩秋にも使うことを想定し、モンベルのスリーピングバック・サーマルチャートを参考にして
快適睡眠温度0度からの#3を選んだ。




広げてみると自分が想像してたよりも薄い。これで0度まで耐えられるのかなと思った。
そして昨晩、家の中で使ってみた。


寝る時の室内温度は13度であった。
普段使っているネル地のパジャマと靴下を履いて、シェラフに入った。
入ってみると腕が横に動かしにくかったが、すぐに寝てしまった。
夜中途中で寒くなってシェラフの上から毛布一枚をかけた。朝までぐっすり寝れた。
腕が動かしにくいのも慣れれば問題ないと思った。

サーマルチャートを見ると快適睡眠温度は肌着を着たままでも快適に眠れる温度と書いてある。
それを参考にして買ったんだが。
この製品は外気温0度以上の適応であるが、今回の温度は13度。
0度では無理なんではないだろうか。
他の人のブログにもモンベルのサーマルチャートはあてにならんと書いていた。
やはり、上のグレードの#1を買っとくべきであった。

( 2010年4月13日追加 )
本年3月27日に山陽自動車道富海SAで車中泊で使用。この時の車室内気温10℃。
4月1日に中国自動車道吉和SAで車中泊で使用。この時の車室内気温12℃。
この両日とも、上下肌着に、下は普通の綿パン、上は普通の綿のシャツで靴下着用であった。
この状態でシェラフに入ったが、寒かったのでシェラフの上に毛布一枚かけた。
以上3回使用したがモンベルの 「スリーピングバック・サーマルチャート」 は当てにならないと思う。
ただ、たまたまかもしれないが3回ともぐっすり眠れた。
安物のシェラフと違い、肌触りや入った感触が非常にいいのが影響してるのかもしれない。
日本国内において冬場に使うならば、平地でも最低#1が必要かと思う。
北日本で使うなら#0を選ぶべきだと思う。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.