我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

MTBフロントシングルのチェーン落ちについて考える

2010-04-06
Top Page26インチMTBコンポーネント
現在、僕のMTBの2台ともフロントシングルにしている。
ここのブログにMTBを紹介して、 「 チェーン落ちの恐れは?? 」 はという質問があった。
実は、僕自身、「 フロントシングル=チェーン落ち 」 という予備知識が
全くなかったので、何も考えずにフロントシングルにしてしまった。
だから、ここで質問を受けるまでチェーン落ちについて全く意識してなかった。
ということで今回はMYバイクのチェーンの張り具合および、チェーン落ちについて考えてみる。



まずKONAバイク。写真はリアギアがトップ位置の状態。
フロントはミドルギアを使っている。

なお可能な限りバイクは水平な位置で写真撮影した。



さらに拡大する。

リアディレイラーはロングゲージ。



次はリアがローギアの位置。




さらに拡大する。




チェーンラインは約50ミリであった。




フロントギアは、やはりオレンジ印の部分のように変速しやすいように
少し削られている部分が数箇所ある。緑色は切り込みのない歯。




つぎは29インチのVOODOO。まずはトップ位置。こちらもフロントはミドルギア。




さらに拡大。

リアディレイラーはミドルゲージ。



リアをローギア位置にする。




さらに拡大。




チェーンラインは約52ミリであった。




フロントギアの切れ込みはKONAと同様である。




ネットで参考になる記事を捜してみるとこんなものがあった。
http://hw001.gate01.com/ocha/report.htm
これをじっくり読むとわかるが、
フロントシングルにするならフロント3枚のギアのどれかを流用するのではなく、
変速のトリガーになる切り込みのないフロントシングル専用のギアを使用するのがベストだと書いてある。
また、元のギアを流用するのであればチェーンのテンションは緩めの方がチェーン落ちしにくいようだ。

写真を見ればわかるが、僕のKONAとVOODOOはリアがトップの位置で
上下のプリーが垂直ではない。
すなわちチェーンのテンションが緩くチェーンの全長が長めである。
そもそもチェーンを長めにしたのは、チェーン落ちを意識したわけではない。
リアがローギアの時、プリーが伸びきってリアディレイラーの耐久性に影響するのではないかと
考えたからである。
しかし、今のところ結果オーライかな。
ちなみにKONAのほうは、今回、鹿児島に行った時、初めてチェーン落ちした。
リアをローギアから一気にトップに変速しようとしたら外れた。
走行距離250キロでチェーン落ち1回の割合である。
VOODOOの方は、昨年11月に新潟の林道を走った時に連続3回チェーン落ちした。
今のところそれだけである。
個人的には全く苦にならないのでこのまま使っていこうと思う。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.