我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

スペシャライズドのアルミライザーバーに交換した

2017-04-13
Top Page29インチMTB ハンドル・ステム・サドル
最近、自転車に乗る機会が少なくなってきた。
RACEチックにセッティングしてきた TREK Superfly AL 2013ハンドル高が低く幅(558ミリ)も狭く感じてきたので、
ゆったりポジションがとれるようハンドル交換をすることにした。
P3272580_20170408205112ffe.jpg





交換前のMTBに乗った感触から、直感的にハンドル幅は620ミリがベストと考えた。
以前とは違い、今回はできる限り予算は少なくしたい。
ヤフオク、YAHOOショッピング、Wiggle、eBay ・・・・・・・・・・・・・・・・ 可能な限り物色した。
ハンドルカットした中古品に、一瞬ポッチかけたが、物の割に値段が高い。
あれやこれやと物色し、結局辿り着いたのが虹橋サイクリング。
5688.jpg
虹橋さんはネット上では賛否両論あるみたいだが、
以前、ロードバイクのハンドルRitchey WCS CLASSIC を買った時も、いい思いをした記憶がある。



で、ゲットしたハンドルはスペシャライズド・アルミライザーバー(送料込み2306円)
ハンドルのグレード名はない。 OEM部品なのか ???
ハンドル幅は希望の620ミリではなかったが、
オークションの写真で直感的にコストパフォーマンスのいいものと判断し即決落札した。
【スペック】
・サイズ : 640mm
・クランプ径: 31.8mm
・ライズ : 20mm
・バックスウィープ: 5°
・アップスウィープ: 5°
P4065824.jpg
色は艶消しの黒で表面はザラザラ状。
もちろん完成車外しの取付痕はなく完璧な新品だ。
手にしてみると、そこそこ重いがガッチリ堅牢な作り。
安物製品の重量感は全くなく質感の良さが伝わってくる。虹橋さんで買って改めて良かったと感じた。
P4065825.jpg
P4065826.jpg
ハンドルのグレード名、クランプ径、スウィープetc のスペックが塗装されてれば一層気分も盛り上がるんだが ・・・・・・・・・・
ちょっと殺風景だな。



断面はかなり肉厚。
P4065829.jpg
これはクロスカントリーではなくオールマウンテン用だな。



重さは260グラムであった。
P4065827.jpg



ハンドル幅が558ミリ→640ミリになる。
交換前のアウター・インナーケーブルはギリギリまでカットしているので新たにアウター・インナーケーブルを購入した。
P4065830.jpg
今回はせこく、シマノ純正ではなく安いサードパーティー製のものを選んだ。
そしてフロントディレイラーに使うインナーケーブルは、
リアディレイラーに使っていたケーブルを使い回すことにして新品ケーブルを1本に抑えた。
あとは今まで培った知恵と技術力でカバーすることにする。



シフトケーブルの処理に使う工具。
P4085847.jpg
ディスクグラインダーはコーナンで買った2000円強の物。
千枚通し
シマノ SIS-SP41用グリス・・・シマノデュラエースグリスで代用出来ないこともないんだけど、
こちらの方が柔らかいので、よりシフトインナーケーブルには向いてるんだろう。
コーナンプロで買った1000円強のワイヤーカッター。



シフトケーブルの作業で一番厄介なのがアウターケーブルの切断。
ワイヤーカッターの刃先の保護、アウターケーブル切断面の観点から、ズバッと一瞬で切ることがコツではなかろうか。
じわっと切ると、刃先、切断面の両方にいい影響を与えない。
P4085849.jpg
あとは必ず、使用後、ワイヤーカッターの刃先にミシン油etcを塗っておく。
1000円と安価なので刃先はステンレスではなく鋼であることは間違いないので、
油を塗っておくことで錆びを防ぎ末永く性能を維持することができる。




アウターケーブルの断端の研磨処理にディスクグラインダーを使ったが、今回は御覧の通り1~2本裂けてしまった。
P4085850.jpg
実は、このアウターケーブルはウエムラお得意の “かごセール“ に置いてあったものであった。
ちなみに通常のサードパーティー製のアウターケーブルが630円で売っていたがコイツは480円。
”安物買いの銭失い” だろうか ・・・・・・・・・・・・・・・・ 。 次はシマノ純正を買うことにしよう。
( ウエムラ=ウエムラパーツ・大阪では安売りで有名な自転車ショップ )



あとインナーケーブルを再利用する時に問題になるのは断端の処理。
上手く、かつ運が良ければ断端がほつれず作業を進めることができる。
しかし確実に行いたいなら半田付けするしかないだろう。
コツは
断端を半田付けするのではなく、先に切断する部分付近を半田付けして、
半田付けした部分の真ん中をワイヤカッターで切断する。
くれぐれも半田は少量で行うのが望ましい。半田が多すぎるとアウターワイヤーやシフターの穴が通りにくくなる。



ようやく完成した。
P4085851.jpg
P4085856.jpg
P4085854.jpg

ステムは 3T ARX PRO 120ミリ ±17°から FSA OS-190 100ミリ ライズ±6°に交換し、ゆったりポジションがとれるようにした。
P4085858.jpg



シフトケーブル作業時に何時も悩むのがアウターケーブルの長さ。
P4085845_20170408210547d2b.jpg
リアディレイラー直前のアウターケーブル。ここはちょうどいい長さ。

こちらは僅かに長いかな ・・・・・・・・
P4085843.jpg

こちらは僅かに短い。
P4085844.jpg



ハンドルの交換が終了し近所を試走。
幅広のハンドルは下りでは安定する。
そしてステムが短くなってハンドルが上がったため首周囲の痛みが少なくなった。
その代わりお尻が少し痛い。
やはりハンドル幅は620ミリぐらいがベストだが、できる限り切りたくない。
効率を考えれば切断するのがいいんだが新品の状態を保持したいという無意味な自己満足か ・・・・・・・・・・
当分このままで行こう。
最近は月1~2回しか走らないので、このゆったりポジションが良さそうだ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです(笑
MTBを引退されていなくて安心しました(^◇^;)
ハンドル長は人それぞれ好みがありますが、やはりそのくらいは必要だと思います。
完全な街乗りだと600mm以下でも問題ないと思いますが、トレイルライドを考えるとねぇ・・・。
私も以前は620mmくらいが好みでしたが、今は2台とも700mmに落ち着きました。
山での使い勝手は抜群です♪(街乗りには不向きかなぁ・・・)
まぁ身長などによってベストセッティングは違いますけど(^^;;
ちなみに私は170cm以下です(苦笑
記事の更新はさて置き、出来ればMTBを降りずに続けて欲しいですわ〜(^◇^;)

輪人さんへ

こちらこそ御無沙汰してます。
そう言って頂けると、ほんと嬉しいです!!

今回は虹橋さんのハンドルがあまりにも気に入ったので
記事にしてみました。(^▽^)

620ミリが好みでしたか・・・・・
僕の場合は、最近、ほぼ100パーセント街乗り(アスファルト)なので
620ぐらいがいいかと思ったんですが・・・
ところで最近のMTBのハンドル幅は10年前とくらべると
かなり大きくなったよう様な気がします。
700ミリぐらいが標準になったんですかね。

ありがとうございます。MTBを降りる気はないですから。
林道には、なかなか行かないかもしれないけど、
アスファルトは今まで通りMTBで走りますから御安心を・・・

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.