我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

鈴鹿エンデューロ2015 に参加しました

2015-06-24
Top Page林道ツーリング、サイクリング三重県
走行日 2015年5月31日



2013年2014年に続き今年も参加した。4時間エンデューロ・2人で出場した。
20150531_051106.jpg
20150531_051126.jpg
僕の周回数は11周。
公式ラップタイム (1周5807メートル) は、

10:14.485
11:50.025
休憩
10:12.482
10:29.712
休憩
10:05.866
11:03.636
休憩
10:06.918
11:00.841
11:59.769
休憩
11:24.525
12:49.857

最速タイム10:05.866  34.50km/h
最低タイム12:49.857  27.15km/h 

周回数11周でレースの総走行距離5.807×11=63.877km
合計タイムは 2時間1分18秒116 なので平均速度31.60km/h という結果であった。
ベストタイム10分切りを最低目標としてたが後一歩のところで及ばなかった。
もう一つの目標、全体平均速度33.0km/以上を目論んだが、
これは全く及ばず、特に最終周回で流したのが痛かった。



今年も昨年と同様に北西方向から強風が吹いていた。
サーキット近くの気象データー(三重県・亀山)を見ると、結構な風が吹いている。
Screenshot_2015-06-16-16-36-28-vert_20150626220553d0b.jpg
( レースは8時~12時までの4時間 )
表の風速は平均風速なので、風速5m/sを越えると実際の瞬間最大風速10m/sを越えることになる。



コース図 (※下の図は東西南北が少しずれている。正し方角はコチラです。)
05_4.jpg
僕にとって一番美味しい西ストレートで逆風(紫色)に阻まれ、
ダンロップカーブから第2コーナーまでの苦手な長い下り坂で追い風(緑矢印)をうまく利用することができない。
50キロ以上の速度になると腰がひけてしまう。
よって、この長い下り坂で平均50台、ひどい時には70ー80台ぐらい抜かれてしまった。

この日の最高速度はデグナーカーブの手前で57.4km/h。
本来ならダンロップカーブから第2コーナーまでの長い下り坂で60-70km/hの最高速をマークするのが普通だろう。



参考に昨年の気象データを載せておく。
Screenshot_2015-06-16-16-38-06-vert.jpg
( レースは10時~13時までの3時間 )
今年同様に北西・西北西の風で今年に比べ幾分ましか微妙なところだ。

一昨年の気象データは、
Screenshot_2015-06-16-16-39-47-vert.jpg
( レースは10時~16時までの6時間 )
僕にとってはおいしい南東・東南東の風であった。
ただ、この時はチーム全体の個々のベストタイムもよかったはず。
よって南東・東南東の風が吹けば俺ら素人集団にとっては追い風となろう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
来年は南東・東南東の微風が吹くことを期待しよう!!
そうしたら10分は確実に切れる。





最後にレース当時のロードバイクのスペックをまとめておく。
P6030773.jpg
P6030777.jpg
P6030776.jpg
P6030780.jpg
P6030782.jpg
サドル高712ミリ
P6030783.jpg
P9161571.jpg
P6030775.jpg
P6030774.jpg
P6030779.jpg
P6030784.jpg
空気圧90psi
P6030778_20150603210806133.jpg

フレーム                        FELT F5 LTD 2014 540サイズ
フロントフォーク            FELT Road UHC Performance カーボンモノコックフォーク(1-1/8”-1-1/2”)コラム
BBセット                       BB30 KCNCアダプター
ギアクランク                  ULTEGRA6800 34/50T 170mm
チェーン                        CN-HG600-11
F.ディレーラー               ULTEGRA6800 直付用
R.ディレーラー               ULTEGRA6800 (RD-6800-SS)
シフター                        ULTEGRA6800 (ST-6800)
ブレーキセット               ULTEGRA6800 (BR-6800)
ギア                              ULTEGRA 11S 11-28T
ヘッドセット                  FSA NO.42 1-1/8”-1-1/2”
ハンドルバー                  Bontrager Race Lite VR 31.8 400mm
ハンドルステム               GIANT CONNECT 90ミリ ライズ±8°ハイト40ミリ
サドル                           Selle Italia SL XC Saddle
シートピラー                  Felt Race Road UHC Performance カーボン φ27.2mm
シートクランプ               Felt ダブルボルト φ30.6mm
ペダル                           シマノ PD-R550 SPD-SL
ホイールセット               DURA-ACE WH-9000-C24-CL
タイヤ                           IRC ASPITE Pro 700×26C
チューブ                        Panarecer R-AIR 700×23-28C バルブ高34mm

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

一枚目の写真、

うまいことバイク吊るしてるなぁ。 作ってみようかな。 私の着眼点はそこ。(笑)

seikiさんへ

一枚目の写真、鈴鹿サーキットの自転車ラック様のものですかね。
確かに、使う立場からすれば便利ですよ。
極稀に、自転車乗りに気を効かしてる喫茶店なんかでも見かけることがあります。

でも、自分で作って見ようなんて思いもつかなかったですよ!
何処かで太目のパイプも仕入れなければならないし・・・・・・・・
もし、作ったらアップしてくださいね。

僕も何時かは…

れーさん、凄いですね。
なんかレベルの違いを見せつけられました。
来年は、僕も参加できるように頑張ります。

ねおさんへ

なにおおっしゃいますか!
そんなレベル高くないですよ。
素人に毛の生えたレベルですよ。
もう少し早く走りたいんですが、限界を感じる一日でした。

限界へ

こんばんは、このブログの記事を見て
今のマシンのセッテイングをちゃんと確立したら 
来年は出場してみようかな・・なんて本気で思ってしまいました。
どうやってエントリーしたんですか? 
心身 足腰鍛えて参加してみようと思っちゃてます。僕も限界まで走ってみたいです。

ねおさんへ

レースはレースで、それなりに楽しいですよ。
ただ、落車などの危険も結構ありますね。
まあ、落者したらそれなりのケガはするでしょうし、
ホイールも歪んだりしたりしちゃいます。

鈴鹿エンデューロのホームページからエントリーできますよ。
ど素人からプロ並みの人まで、ごちゃ混ぜのレースです。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.