我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

大台ケ原山頂までサイクリング

2014-12-10
Top Page林道ツーリング、サイクリング奈良県
走行日 2014年11月22日



晩秋の快晴の中、日本百名山・大台ケ原山頂まで自走した。
当日の走行ルート http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=12dcc7e6db74af35638a8fdb093ce21b

午前6時6分、自宅を出発。

7時46分 近鉄大和上市駅近くのローソンに立ち寄った。
標高157メートル  自宅より35.65km  サイクルコンピューターの平均速度は25.1km/h
DSCN1270.jpg
向こう側には吉野川に架かる近鉄の鉄橋が見える。 この先、太平洋側まで鉄道はない。
DSCN1269.jpg
家で朝飯を済ませたが、ここでドーナッツを買って食べた。
この先、大台ケ原山頂まで、以前ツーリングした時に重宝したハチミツのみの補給でいく。



8時28分 大滝ダム湖に到着した。 この先はフラットなダム湖沿いを12キロ走る。
標高321メートル  48.26km  24.7km/h
DSCN1273_20141124210621614.jpg
向こう側に見えるのは大滝ダム。
DSCN1274.jpg
DSCN1317.jpg
今日は1年に10日あるかどうかぐらい、空は澄み切っている。
サイクリング日和と言いたいところだが、晩秋で山中は寒い。
御覧の通り、コンパクトカメラでもクッキリ撮れる写真日和であった。



9時13分 大迫ダムに到着。 この後、本格的な登りが始まる。
標高401メートル  62.56km  24.8km/h
DSCN1276.jpg
大和上市より大迫ダムまで、微妙な向かい風。 体感しにくい微妙な風でもダム湖の水面を見ると風の存在がはっきりわかる。
向かい風さえなければ少なくとも2-3km/hスピードアップしてただろう。
帰りも、同じ風向きであれば差引ゼロだが、
夕方になると風向きが逆になり、帰りも向かい風になって、なんか損した気分になることがよくあるね。



ちょっと有名な国道169号・伯母谷ループ橋に入る。
この付近は奈良県の国道でNo.1の景観といってもいいだろう。
DSCN1284.jpg

ループ橋より北方向を見下ろすと、遥か向こうに通った道が見えた。
DSCN1281.jpg
DSCN1285.jpg
ループ橋から内側の山を見ると、通った道(赤矢印)が見える。
この先、道は緑矢印部分をトンネルで貫いて行く。

この伯母谷ループ橋付近は難所で、前後は複数のトンネルで挟まれている。
下から順番に、
伯母谷トンネル(L=445m) → 栗の木トンネル(L=1297m) → 滝の脇トンネル(L=207m) → 伯母谷ループ橋
→ 一ヶ山トンネル(L=440m) → 大獄トンネル(L=1030m)
とトンネルが連続しており、終始4~5%の勾配でサイクリストに辛い道だと覚悟していた。
しかし、実際に走ってみると15-16km/h の速度でスイスイ登れ、
勾配に緩急がなく一定しているためスムーズに登れたようだ。



9時56分 大台ケ原ドライブウェイ(県道40号) の分岐点に到着した。
標高714メートル  68.92km  23.1km/h
DSCN1287.jpg
右に曲がって大台ケ原ドライブウェイに入る。
道なりに進むと、すぐに新伯母峰トンネル(L=1963m) がある。



10時43分 伯母峰峠のトンネルに入る。
標高976メートル  72.72km  21.5km/h
DSCN1288.jpg

伯母峰トンネルと思いきや、大台口隧道と書かれていた。
DSCN1291.jpg
ドライブウェイに入り、勾配は5-10% にアップ。
シッティングのみのペダリング ( 僕はダンシングが苦手 ) なので、一気にスタミナを奪われた。
やはりダンシングをマスターしなきゃだめだな。
頂上までの平均速度 ( ネットの平均速度 ) 20km/h は、なんとか死守したい。



大台口隧道を抜けると、南側斜面になり景色がらっと変わる。  一番向こうに見えるのは大普賢岳1780m
DSCN1295.jpg

南方向の眺め
DSCN1298.jpg

ドライブウェイは、気が滅入るぐらい果てしなく続いている。 緑矢印付近が頂上のようだ。
DSCN1300.jpg
ドライブウェイ入口より6-7キロ地点で、くたばって休憩してると、
オルベアのロードバイクに乗ったおじさんが、丁寧に挨拶をして通り過ぎた。
力強いダンシングで、踏み込む毎にタイヤがアスファルト路面を 『 シャカーン、シャカーン 』 と鳴らしながら蹴っていく。
軽装なので、麓まで車で来てヒルクライムしてるようだが、それを差し引いても凄すぎる。僕はタイヤを鳴らす余力など微塵もない。
この大きな差にショックを受けてしまった。



12時10分 標高1488メートル 82.56km  
サイクルコンピューターの平均速度は19.6km/h と遂に20km/hを切ってしまった。
DSCN1302.jpg
DSCN1303.jpg
一旦、この付近でピークを迎える。 
あとは頂上まで緩やかなアップダウンを繰り返しながら標高差100メートルを登り6キロ走るだけ。

ここを通り過ぎた直後、先程のおじさんと再びすれ違う。
「 お気をつけて 」 と大きな声で爽やかに挨拶してくれたが、
『 頂上に着いて、もう引き返してきたのか!! この差はなんなんだ! 』
と、更にショックを受けてしまった。
おじさんは、ほんといい人なんだが ・・・・・・・・・



12時37分 頂上駐車場に到着した!
標高1572メートル  88.70km  19.3km/h
DSCN1304.jpg

ハンディ・GPS OREGON600 の表示は御覧のとおり。
DSCN1308.jpg

この日は三連休の初日であったが、駐車場は半分ぐらい。 紅葉も既に終わってるので仕方ないだろう。
DSCN1305.jpg

上北山村物産店にて昼飯を摂る。 物産店も11月24日で今シーズンの営業は終了。
DSCN1306.jpg
肉うどん定食を食べた。 体が冷え切ってるので温かいものが、ほんとおいしい。
本当の大台ケ原山頂(1695m) は、ここから徒歩40分程度であるが、
もちろん山頂には行かず、速攻引き返した。

17時48分、無事帰宅した。

◎まとめ
(往路 )
走行距離 88.70km
走行時間 4時間34分58秒
平均速度 19.3km/h
最高速度 48.0km/h

(復路)
走行距離 88.74km
走行時間 3時間31分6秒
平均速度 25.2km/h
最高速度 53.8km/h

本日の総走行距離 177.44km
走行時間 8時間6分4秒
平均速度 21.8km/h
最高速度 53.8km/h

グロスの走行時間は 11時間41分50秒  平均速度 15.17km/h

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

再度登場のおじさんに笑った。
この季節は澄んだ空気のおかげでホント遠くまで見渡せて
良いですよね。
寒いのがアレですけど。

ななしさんへ

丁寧に読んで頂いてありがとうございます。
僕も結構年ですが、やっぱりロードバイクに乗ってる以上、
スピードは追求したいので、この差にはショックでしたね!
まあ、思いっ切り努力しても、この差は埋まらないと思います。(笑)

それにしても、いい天気でした。
日本の有数の豪雨地帯で、こんなに澄み切って晴れ渡りラッキーでした。

レーさん、

こんばんは。

ツーリングが良い天気だとほんとうれしいですよね。

たくさんの食糧写真、楽しまさせてもらいました。

なるほど、ロードバイクは、風向きも影響しますね。 オートバイではあまり気にしません。 それだけ 自然を感じますね。

写真がきれいだと思いましたが、空気のせいでもあったんですね。 思い切って一眼持って行ったのかと思いました。 そんなことあるはずない。

リンクから今西林道のレポ 改めて読み直しましたが、やはり詳細ですなぁ。 春にまた行ってみます。  雪の林道いくほどテクがないです。

seiki さんへ

こんばんは!

うどんの写真もキッチリ撮ったつもりだったんですが、
湯気のせいでピンボケになり、リンクという形にさせていただきました。(笑)

ほんと風の影響は大きいですよ。
追い風なら、自分の実力が上がったと勘違いしますから ・・・・・・・・・

とくに5枚目の写真、クッキリでしょう!
基本的に構図悪いんで、空気のみで撮ったという感じです。
一眼もっていこうかと考えたんですが、セコイ話ですが、
200グラム強重くなるので、リュックを軽くするためにコンパクトを持って行きました。
ただ、これから気合入る時は、一眼も出動させますよ!
レンズは単焦点標準レンズ1本しか持っていませんが ・・・・・・・(笑)

春の今西林道、期待しております。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.