我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

石垣島の林道を走った!

2014-11-15
Top Page林道ツーリング、サイクリング九州地方
ツーリングマップル九州を眺めると、石垣島の西側には屋良部林道、東側には野底林道がある。
地図上、ダート道ではなさそうだが、本土の僕には珍しい南方の林道 ・・・・・・・・・・・
興味津々で走ってみることにした。



◎屋良部林道 2014年10月26日走行

走行ルート  http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=bac2c758f54f7d2ac1dc2a1a18af7802



石垣市街から県道79号を通って屋良部林道へアプローチしたが、
途中までJALのゼッケンを付けた多数のロードバイク乗りに遭遇した。
ゼッケンを付けてる少年に聞いたら、ちょうど石垣島ライド2014の真っ最中であった。

屋良部林道の入口
DSC01353_2014110206503145a.jpg
標識のデザインは本土で見るものと何ら変わらない。
DSC01354.jpg
標識には、こちらが起点と書かれている。
DSC01355.jpg
入口より、いきなり12-13%前後の登り坂が始まる。



0.34キロ おっと通行止めの看板だ!
DSC01356.jpg
一瞬迷ったが自己責任にて前に進むことにした。

通ってきた道を振り返る。
DSC01357.jpg



0.90キロ 林に入ると一気に視界が悪くなる。
DSC01358.jpg
左側には南方系の特有の大きなヘゴの木。

通ってきた道を振り返る。
DSC01359.jpg
10月末なのに、本土にたとえるなら6月末の蒸し暑さ。
しかし、僕には丁度いい暑さでベタベタ汗ばみながら登っていく。



1.56キロ 突如、ユンボで固められたダートの激坂が出現。 これが通行止の原因だな。
DSC01360_201411020657002a9.jpg
歩いて、やっと登れるほどの坂で、頂上に登り状況を確かめた。



頂上に登り、土砂崩れであることが初めてわかった。
この辺の土砂は赤土だが、レンガ色のように赤っぽく本土では見たことがない色だな。
サラサラでいかにも崩れやすそうであった。
DSCN1040.jpg
先の林道は問題なく続いている。

歩いて登ってきた道。
DSCN1042.jpg
結局、ロードバイクを引きずりながら赤矢印ラインを歩いた。



1.62キロ 崩落地帯を突破。
DSC01361.jpg
DSCN1043.jpg
突破するのは容易であったが、普通に歩くとTIMEクリートのつま先側があっという間に磨り減るので、
妙なところに気を遣ってしまった。



2.01キロ
DSC01362_20141102070114f13.jpg
所々、木々の間から海が見えるが依然視界が開けない。



3.62キロ 林道の頂上を越え下りに入る。
DSC01363_201411020701105b1.jpg
DSC01364_20141102070112bcc.jpg
背後に見えるのは屋良部岳 (海抜216メートル)



4.01キロ やっと海が見渡せるポイントに出てきた。
DSC01365.jpg
DSC01368_201411020702511ee.jpg
林道は完全舗装されており、路面はツルツルでロードバイクの高圧タイヤが滑るように走り快適そのもの。
鈴鹿サーキットと遜色ない路面状態だ。

向こう側に見えるのは名蔵湾。
DSC01366.jpg



5.23キロ 屋良部林道の終点に到着。
DSC01369_20141102070450543.jpg
DSC01370_201411020704479e0.jpg



国土地理院の地図によると、屋良部林道の南側に養殖場があったので探索してみた。
DSC01350_2014110207044877a.jpg
DSC01352_2014110207044962b.jpg
広々した浅いプールで何かを養殖している。
まさか ‘うなぎ’ ではないだろうが、しばらく池を注視したが、養殖してる生き物を見つけることはできなかった。
約100メートル離れたところに管理棟らしきものがあり、手がかりをつかむために行ったが、
数匹の番犬に吠えられ引き返した。





◎野底林道  2014年10月27日走行

走行ルート http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=8539bdf709c305d3ec23b6701aeb0da0



県道79号沿いにある兼城公民館。 ここより200-300メートル東側に野底林道の入口がある。 
DSC01415.jpg

林道の入口
DSC01416.jpg
こちらは終点であった。
DSC01418.jpg
DSC01417.jpg
入口より 12-13%前後の登り坂がはじまる。



0.46キロ 急坂登って一息つく。
DSC01421.jpg
DSC01420.jpg
海側を眺めると一番向こうに野底崎が見えた。



1.26キロ しばらく5-8%の登り坂がつづく。
DSC01422.jpg
DSC01424.jpg
この林道もツルツルの路面で鈴鹿サーキットと遜色ない。
昨日から、石垣島内の国道、県道、林道を走ってるが路面状況は本土と違い、すこぶる良い。
通行量が少ないため路面の傷みが少ないのかと思ってたが、
地元の人に聞いたら、昨年の新空港オープンに合わせ、
2-3年前から島内全体の道路を一斉に補修・改修したとのことであった。
それまで路面状態が悪く、至る所でボコボコだったということであった。
そういうことなので、この先・1,2年、石垣島はロードバイク天国といってもいいだろう。
DSC01423.jpg
西側には尖がった野底岳 (282メートル)が見える。



2.42キロ 
依然登り坂は続くが、ツルツルの路面と最高海抜地点が200メートル強であることがわかっているので、気軽に登れた。
DSC01425.jpg
林道の左側にピンク色の花が咲いていた。
DSC01426.jpg
一瞬、ピンクのハイビスカスかと思ったが、冷静に考えればフヨウだろう。



3.57キロ 東屋の展望台に到着。 石垣島の東側の海が見張らせるようになる。 この付近で海抜230メートル弱。
DSC01427.jpg
石垣島は一番高い山で、於茂登岳526メートル。
林道も最高海抜地点200メートル前後ぐらいが多く、ちょと登るだけで見晴らしのいい場所に行くことができる。
石垣市中心部に近い前勢岳、パンナ岳も海抜200メートル前後で景色はいいので、行ってみる価値は十分ある。

向こうに見えるのは伊原間の田中牧場。
DSC01429.jpg

後側には尖がった野底岳が見える。
DSC01430.jpg
この展望台より林道の終わりまで、すべて下り坂。



下り途中、トノサマバッタ大の大きなイナゴを発見! 本土ではありえない大きさのイナゴだな。
DSCN1061.jpg
ちょっと調べてみると 「 ヒゲマダライナゴ 」  宮古島より西側にいるイナゴらしい。



4.34キロ こちらではお馴染みのヘゴの大木。
DSC01432.jpg
DSC01434.jpg
ヘゴの木の表面は独特の縞模様をしている。



5.32キロ ここで野底林道は終了。 この先、海沿いの国道390号まで300メートル弱ある。
DSC01436.jpg
DSC01437.jpg
こちらは起点。
DSC01435.jpg

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

良いコースですね。アスファルトがとてもいい状態という事で,僕も走り行ってみたいです(遠いですが)
今回のコースMTBで行っても面白かったかもしれませんね。
ps
カーブちゃんと徐行しました?(笑)

ねおさんへ

おはようございます。
言葉では伝えにくいですが、滑るように走るので、ほんと気持ちよかったですよ。
新空港のおかげで直行便も大きな飛行機になり、
以前に比べ特典航空券で予約しやすくなったので、新空港さまさまでした。

もちろん、徐行しましたよ。
特にロードは、下りのカーブでリヤタイヤが滑りやすくなるので、
慎重に速度を落としました。
MTBはリヤタイヤは全然流れにくいので、
もしMTBであれば、もっと飛ばしたでしょうね。

No title

こんにちは
とてもいいコースですね。買った坂道を歩いて降りてきていてすごく
大変でしたね ha ha

李承祐さんへ

おはようございます。
土砂崩れで通行止の林道は、かなりの頻度で見かけます。
車、バイクは絶対無理な所でも、ロードバイク、
MTBなら担ぎ上げて通れることが、結構ありますね。
今回も、一瞬ダメかと思いましたが、
なんとか通ることができました。(o^。^o)

No title

お久しぶりです!
石垣島林道、いいですね(^.^)
植物を見ていると異国みたいです。
牛そばも美味しそうですね!
私も自転車持って旅に出たいなぁ~

めがねかっぱさんへ

おはようございます。
そうですね、確かに生えてる木々は本土とは全然違いますね。
ただ、やっぱ日本ですよ!(^、」^)
むしろ沖縄本島のほうが異国情緒があるかもしれませんね。
お子さんが、ある程度落ち着いたら御家族で行かれてみてはいかがでしょうか!
新空港のおかげで直行便が増えたため、実質の運賃は下がってますし ・・・・・・・・・

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.