我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

FELT F5 LTD 2014 コンポーネント載せ替え完了

2014-11-01
Top Pageロードバイクコンポーネント
FELT F5 LTD 2014 フレームDEFY ADVANCED SE 2011 に装着済みのコンポーネントを、すべて移しかえる。


作業前に DEFY ADVANCED SE 2011 の車体の重さを計測しておく。
DSCN0865.jpg
DSCN0862.jpgDSCN0863.jpg
67.9-60.5=7.4キロであった。



今回の移し替えの際、妥協せず新たにデュラエース・ブレーキケーブル、シフトケーブルセットを購入した
DSCN0920.jpg
両セットで7000円オーバーと、ケーブルセットとしては随分高くなったものだ。
中級のステムが一つ買えるよね。
カンパは価格的に勝負にならないし、
そろそろ日本発のコンポーネントメーカーが出て、価格・技術 etc でシマノと切磋琢磨してもらいたいものだ。



ワイヤーロープカッター  コーナンプロにて約1000円で購入。
DSCN0988.jpg
DSCN0989.jpg
DSCN0990.jpg
今までアウターケーブルのカットの際、通常のワイヤーカッターを使ってきたが切れが悪い。
シマノ純正のケーブルカッター ・ TL-CT12 を検討したが、4000円前後とビックリのお値段。
『 TL-CT12 を1本使っている間に4本使い捨てればいいわ ・・・・・・・・・・ 』 と
やけくそに考え、コーナンプロで最安のものを購入した。
品質は落ちるだろうが、御覧の通り囲い込む分厚い刃であれば問題ないだろう。
実際に使ってみると、よく切れる。 あれほど苦手だったアウターケーブルがスパッと切れて切り口もきれいだ。
断端処理はディスクグラインダーを使うと、さらに作業がスムーズになる。



サクッと移し替え完了!
DSCN0925.jpg
モノトーンでまとめられたシックな外観。 横から見るシルエットはエンデューロ系のバイクと違い、レーシーだ。
DSCN0923.jpgDSCN0924.jpg
車重は66.2-58.9=7.3キロであった。
なおハンドルはシャローハンドルの Ritchey WCS CLASSIC からアナトミックシャローの Bontrager Race Lite VR に戻した。
DSCN0956.jpg
DSCN0950.jpg
DSCN0952.jpg



タイヤ ( Panaracer TOURER PLUS Brevet Edition 700×26C ) とフレームのクリアランスは御覧の通り。
このぐらいのクリアランスがあれば全然問題ないんじゃないかな。
DSCN0958.jpg
DSCN0960.jpg
タイヤ表示は 700×26C だが実測値は 700×25C に近い。 700×28C タイヤは微妙だろう。



アルテグラブレーキのグレー色とフレームのカーボンブラック色がよく合う。
DSCN0951.jpg



ブレーキ・シフトアウターケーブルの色はフレームのカーボンブラックに合わせ、ハイテックグレーにした。
DSCN0953.jpg
前回、DEFY ADVANCED SE に ULTEGRA6800 を導入した時、
シフトケーブルのアウターをバーテープで巻かない方法を試したが、
全く意味がなかったので、今回は通常通り、シフトケーブルのアウターもバーテープで巻くことにした。

リヤのアウターケーブルは、どうしても短くなってしまう傾向があったので大きなRを描くようにした。
DSCN0949.jpg



バーテープは、1000円を切る Deda 製を購入した。
DSCN0980.jpg

以前、バーテープの巻き方の向きが間違っていると御指摘いただいたので、
今回はサイクルベースあさひのサイトを見ながら丁寧に巻いてみた。
DSCN0982.jpg
巻き方の向きは間違いないようだが、ブラケット部分でたすき巻きする時に、どこでどう誤ったのかわからないが、
下ハンドルはDedaのマークがキッチリと出ているが、上ハンドルでは逆になってDedaのマークが隠れてしまっている。
またまた失敗だ!



早速、近所の周回コースを走ってみた。
第一印象は、DEFY ADVANCED にくらべ乗り心地がいい。
タイヤを TOURER PLUS Brevet Edition に変えて以来、細かい振動を拾って嫌気がさしてたが、
不快な振動が半減した。
正直、FELT F5 フレームはチェーンステイ長が405ミリと DEFY ADVANCED ( 420ミリ ) にくらべ短いので、
乗り心地は悪くなると覚悟していたが、意外や意外、逆に良くなってしまった。
一般的に、チェーンステイ長の長いフレームは乗り心地がいいと言われているが、
今回の体験は、それを覆すものであった。

一方、走りの方は、下り坂はフレーム ( ホリゾンタル長 ) が530から545ミリになったため、
重心が後ろ寄りになって安定感が増した。
平地 ・ 登り坂は、ステム、ハンドルセッティングが十分でないので、
DEFY ADVANCED には、まだまだ及ばない。
これから少しづつ煮詰めていこうと思う。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

レーさん、

こんにちは。

自転車のことは、詳しくわかりませんが、シンプルなのにメカメカしくて、めっちゃかっこいいですね。 これ大事。 素人発言でスミマセン。

これから寒くなりますね。  やはり、いい季節は 一瞬でした。

モノトーン

こんばんは
良い感じに仕上がりつつありますね。
モノトーンカラー しかもカーボンブラック
カッチョイイ・・・・円熟されてるんだぜ!って感じが
伝わってきます。
 
後は何度もテストランして、自分のフォームを決めて
細部のパーツの微調整ですね 
これがまた楽しいと思います。
コンプリートされるまでが楽しいですよね。
 
今まで使ったジャイアントのフレームは
どうします?売っちゃだめですよ
少しの間は部屋のオブジェにしましょうよ
 
今後どうなっていくか楽しみです
では 楽しい自転車ライフを~
 

seiki さんへ

こんばんは。
ありがとうございます。
やっぱ、バイクは見た目で選んじゃいますね!

ほんと、おっしゃる通り秋のサイクリング日和は一瞬でした。
春先なら、もう少し長く続くんですが ・・・・・・・

ねおさんへ

こんばんは。

今回は、特にアウターケーブルの色をどれにしようか悩みました。
最初は赤にしようとしましたが、
最終的にはモノトーンにまとめた方がいいと思い、グレー色にしました。

セッティングについては、現在、ハンドルの高さ、
サドルの高さ・後退の長さであれやこれやと悩んでいます。


ジャイアント??
また後日報告します(*^_^*)

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.