我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

Panaracer(パナレーサー) TOURER PLUS Brevet Edition (ツアラープラスブルベエディション) 700×26C を購入。 その後、 GravelKing であることが判明!

2014-09-26
Top Pageロードバイクタイヤ
購入日 平成26年9月6日


Panaracer RACE A Evo2 レースエボ2 700×23C からの買い替え。
DSCN0601.jpg
DSCN0603.jpg
店頭にて RACE A Evo2 700×25C とツアラープラスブルベエディション 700×26C の現物を見比べたが、
25Cの RACE A Evo2 の方が、幾分タイヤ幅が大きいのでエアボリュームもありそうだ。

同時に R-Air を購入。
DSCN0602.jpg




DSCN0605.jpg
DSCN0607.jpg
DSCN0609.jpg
DSCN0610.jpg



裏面
DSCN0616.jpg
DSCN0620.jpg
DSCN0617.jpg



タイヤ、チューブの重量を測定。
DSCN0611.jpgDSCN0612.jpg
DSCN0613.jpgDSCN0614.jpg



タイヤをホイールに装着。
DSCN0624.jpg
直径680ミリ  タイヤ幅・4点にて計測。 25.20、25.00、25.20、25.20ミリ
装着前に予想してたが、タイヤ幅は26ミリに満たない。
これなら RACE A Evo2 700×25C のほうが装着時のタイヤ幅は大きくエアボリュームもあると思われる。
ケーシングの柔らかさも加わって RACE A Evo2 の方が乗り心地もいいだろう。



DSCN0631.jpg
DSCN0628.jpg
DSCN0625.jpg
DSCN0630.jpg
規定空気圧 ( 105psi ) で走ってみた。
装着前の予想通り、乗り心地は悪い。
大きな段差を超える場合は、エアボリュームが大きいので レースエボ2 700×23C にくらべマイルドだが 、
細かい振動をよく拾うので前のタイヤのほうが全般的な乗り心地はよかった。
一方、コーナリングではタイヤ幅が大きくなったため安心感がある。
ブルペエディションと命名されているが、このタイヤで長距離を走るとかなり疲れると思う。
むしろパンクのリスクを可能な限り減らしたタイヤと割り切るべきであろう。
あとは、ヤスリ目パターンなのでスリックパターンにくらべ滑り始めがわかりやすいメリットもあるんじゃないかな。

しばらく使ってみて、空気圧を 85psi まで下げると乗り心地はましになってきた。 ( 僕の体重は60キロ )
この程度までなら転がり抵抗は増えないようだ。
雨天走行なら 80psi まで落としてみようかな ・・・・・・・・・・・・・・



※平成26年9月26日追加

いつのまにか、パナレーサーのホームページ上から Panaracer TOURER PLUS Brevet Edition 700×26C が消えている。

ところで9月19日に未舗装路にも対応した GravelKing が発表された。
700×23C、700×26C、700×28Cと、浅いブロックパターンの700×32C のラインナップ
スペックチャートを見ると 700×26C は Panaracer TOURER PLUS Brevet Edition 700×26C と全く同じなので、
パナレーサーに問い合わせると、
GravelKing 700×26C と Panaracer TOURER PLUS Brevet Edition 700×26C は全く同じ仕様で、
単に入れ替わったとのことであった。

GravelKing 発売と同時に Panaracer TOURER PLUS Brevet Edition 700×26C は消滅してしまったということである。
Panaracer TOURER PLUS Brevet Edition を新製品と思って買った僕にとって気持のいい話ではないが ・・・・・・・・・・
これなら、ロードバイクでダートをガンガン走ってやるしかないな!!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

太くしたつもりが実は細くなってしまったという事でしょうか(笑
でも実測値が細くなったのでしたら走りは軽快なのでは?
私は28Cより細いタイヤの経験はありませんが(^_^;)

輪人さんへ

スイマセン、説明不足で ・・・・・・・・・・
もちろん、前のタイヤの幅が23.0ミリ前後だったので太くなりましたよ!
だから、もちろん前のタイヤの方が軽快でしたよ。
ただ、こちらのタイヤはスリックタイヤじゃないので、
道路上の苔で滑りにくいかなっと思って購入しました。

それよりも700×26C表示なのに、実測値は25.0~25.2ミリだったので、
いつものハッタリだなっと思ってました。(笑)
店頭でRACE A Evo2 700×25Cと較べても、
こちらの方がタイヤを拡げた幅が小さく、重さも240グラム切ってるので、
実測値26.0ミリに到達するのは無理でしょうね。
パナレーサーも素直に、
「 Panaracer TOURER PLUS Brevet Edition 700×25C 」
と商品表示して、販売すればいいと思うんですが ・・・・・・(笑)
どのメーカーにも言えることですが、タイヤ幅表示はいいかげんですね。
実際に装着してみないとわからないです。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.