我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

XTR FC-M985 ( フロントダブルへの回帰 )

2014-08-14
Top Page29インチMTB コンポーネント
2010年初めにフロントシングル化を行い、ずっと続けてきた。
そして 新しいMTBフロントシングルを継続した。
今年3月にはフロントギアを 32Tから34Tに変更して 高速にも多少対応できるようにした。
でもフロントシングルではダート上りのセッティングになってしまうので
平坦舗装路ではギアが足りなくなってしまう。
ダートオンリーであればフロントシングルで問題ないが、実際はダートまでの行き帰りで舗装路を結構走っている。
大雑把に、僕の場合はMTBの通算走行距離でダートと舗装路が半々ぐらいじゃないか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ というふうに気が変わったためフロントダブル化することにした。



フロントダブル化する前にバイクの重量を測っておく。
DSC01185.jpg
DSCN0191.jpgDSCN0192.jpg
70.9-59.7=11.2キロ



舗装路では 34T のフロントシングルで全然ギアが足りなかったので、
フロントダブルのアウターギアはできる限り大きなものにしたい。
また、元々僕自身のケイデンスも遅めなので大きい方がいいだろう。
780系XTクランクのフロントダブルの中で一番大きなアウターは40T。
シマノの中で一番大きなアウターは980系XTRの 44T。
44T でもロードバイクの 50T より小さく、タイヤ径を考慮してもファイナルトップではロードバイクよりギア比は小さくなる。
XTRの 44T だとインナーギアは 30T。
リアスプロケットは 11-32T にすることは決まっているので、ファイナルローのギア比は 30÷32=0.9375 。
一方、交換前フロントシングルのファイナルローは 34÷36=0.9444 なので、
インナー 30T でもファイナルローは交換前に比べ、微妙に軽くなる。
林道に行っても、15%以上の坂では立ちゴケが恐いので降車するから、この程度のファイナルローで十分。
以上の理由で XTR FC-M985 ( 44-30T ) を買うことにした。
そして、せっかくXTRを選ぶのでXTRにしかないクランク長172.5ミリを試すことにした。
DSCN0149.jpg
DSCN0148.jpg
DSCN0150.jpg
DSCN0152.jpg
DSCN0154.jpg
DSCN0172.jpg
DSCN0173.jpg



右クラック、左クランクの重さを計測。
DSCN0160.jpgDSCN0146.jpg



チェーンの長さも変わるため新しいチェーン ・ CN-HG95 を購入。
DSCN0197.jpg
シマノ10段MTBチェーンは2014年より密かにモデルチェンジしている。
XTR、XT、SLX 各グレードは、
それぞれ CN-M980 → CN-M981、 CN-HG94 → CN-HG95、 CN-HG74 → CN-HG75 にモデルナンバーが変わって、
11段ロードバイクチェーンの特殊表面処理 SIL-TEC を採用した。
DEORE グレードの CN-HG54 のみモデルチェンジはなく SIL-TEC を採用してない。

シマノ10段MTBチェーンは上に述べた4グレードのラインナップがあるが、実は量販店に行っても在庫があんまりない。
ちなみにウエムラパーツ梅田店では CN-M981とCN-HG95、ワイズ大阪店では CN-HG54 しか置いてなかった。
シルベスト梅田店では在庫はないようだ。 ( 平成26年7月時点での在庫状況なので今後変化する可能性あり )
9段、8段MTBチェーンを常備してる店は多いが10段MTBチェーンを在庫してる店は少ないと思われる。
こういう状況を見ると、新型XTR11段チェーンが発表されたが量販店は店舗に置いてくれるだろうか??
ただ11段チェーンは10段とは違い、MTBとロードに互換性があるのでロードチェーンを代用することができる。
どっちにしても、これからMTBパーツ購入は通販がメインになってくるだろう。



クランク、スプロケット、シフターなど、すべての交換が終わりフロントダブル化が完成。
DSC01283_20140726080922528.jpg
DSCN0297.jpgDSCN0296.jpg
70.3-59.0=11.3キロ
フロントダブル化によって0.1キロの重量増。
リアスプロケットでは大幅な重量減となりクランク部分も多少の重量減に貢献したが、
フロントシフターフロントディレイラーやケーブル類の追加で、全体では微量増となった。



交換前と交換後を較べる。
DSCN0178.jpg
DSC01287.jpg
DSC01286.jpg



そして、いつも悩むのがチェーンの長さ。
シマノのマニュアルには

『 最大スプロケットと最大ギアの両方にチェーンを掛けた状態で2リンクを加えてください 』  と書いてあるが、

実際に合わせてみると、2リンクジャストは不可能で、まず 1.7リンク加えて繋いでみた。
それで乗ってみると、フロントアウター × リアローの状態でリアディレイラーが感覚的に一杯一杯だったので、
2リンク加えた 3.7リンクにしてみた。

フロントアウター × リアロー で上から順に 1.7リンクと 3.7リンク。
DSC01295.jpg
DSC01301.jpg

フロントインナー × リアトップ で上から順に 1.7リンクと 3.7リンク。
DSC01291_20140726081634bd1.jpg
DSC01297.jpg
ところで 自転車探検というサイトで    “リンク数 計算器”  というものを発見!!!
このフレームの前後スプロケット芯間距離445ミリ、 前スプロケット最大歯数44T、後スプロケット最大歯数32T を
入力してでできたリンク数は111リンク。
3.7リンクでピッタリ111リンクになったので、このまま111リンクで様子を見ていこうと思う。



フロントダブル化が完成し何時もの周回コースを走ってみた。
第一印象はクランクではなくリアディレイラー変速の切れの良さ。
ロボットのようにガチン・ガチン変速する。
今回、リアディレイラーは交換してないのでチェーン交換によるものである。
TREK Superfly AL のデフォルトで付いていたKMC互換チェーン2000キロ使用状態から
純正・新品チェーンに交換したので、当然といえばそれまでだが、
新型チェーンの SIL-TEC効果もあるかと思わせるほどの切れの良さであった。

一方、舗装路では44Tのお陰で向かい風さえなければ30km/hからでも加速する。
往きつけのレンタルビデオ屋までの往復10キロ、平均速度20km/h → 24.5km/h までアップし、
狙いどおり舗装路の速度が速くなった。

9000系XTRが発表され、XTR FC-M985 は型落ちとなってしまった。
44-30T というギア構成も26インチMTBをターゲットにしたものだろう。
MTBメーカーが主力を26インチから27.5インチに移したため
9000系XTRのフロントダブルで一番大きなギアで38-28T。
今後、44-30T のクランクは製品化されないだろう。
29インチMTBと 44-30T の組み合わせは、まさしく
当ブログの題名  『 我流 ・・・・・・・・・・ 』  にふさわしくなってしまったが、
この貴重なクランクを大事に使っていこうと思う。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

手裏剣XTRとは張りこみましたねぇ~♪
今後コンポ関係をXTRに統一するという予定はありませんか?(笑
私にはXTが精一杯ですが、切れ味が鋭くなるのは容易に想像できますよ。
しかしカッコイイなぁ・・・。

私のスレイヤーがフロントダブルになることはありませんが、フロントフォークが1本余りましたので、いずれHTのトレイルバイクを組みたいと思っています。

輪人さんへ

XTR ・・・・・・・・・・・・・

ここは、勝負 ・・・・・・ 思い切って投資しました (o^。^o)
決め手は 44-30T ですかね。
真面目な話、XTに 44-30T があれば、XTを選んだと思いますが ・・・・・・・

すべて XTR 、もちろん財力的に厳しいし、実力も全く伴わないので(笑)

>私にはXTが精一杯ですが、

なにをおっしゃいますか!!
OM-Dの高級バージョン買える財力があれば、XTRも行けますよ。

てつさんへ

最近、新しいデカールを貼ったFOXの高級フォークを温存しておくのは、
もったいないです。
26インチのHTフレームなら、掘り出し物が見つかるかもしれません。
是非、NewフレームHTバイク、組んでブログアップして下さい。!

XTR

こんにちは
XTRのクランク カッチョイイです!!
XTRシリーズはすべて巧でできているので
一度使うとランクダウンできないような気がします。

トップスイングどうでした?「バシ!バシ!」と変速するでしょ。
掃除もしやすいので良いと思います。

フロントギア アウター44tの消滅
おっしゃる通り近年MTBが29インチ化されてきたので
発売されないかも・・もしくはSLXグレードなら
あるかもしれませんが・・う~~ん難しいですね。

29インチでアウター44tなら、かなりスピードUP
したのでは?ロードマシンにも対抗できますね

個人的にですが26インチMTBが減少傾向なのが
とっても寂しい気がします。
自分のマシンが26インチだからという事もありますが
なんか・・26インチMTB無くならない事を祈ります。26インチだとけっこう遊べますからね。

ps
ちなみに僕のクランクフロントアウター48tあるんですよ ミドルで36t これだけギアがあると舗装路で
ガンガン走れますが やはり29インチの方には負けてしまいます。そういう意味ではレーさんのMTB
最強じゃないですかね。しかもXTR 
いや・・本当にカッチョイイ仕上がりになりましたね。 

ねおさんへ

ありがとうございます。ねおさん。

おっしゃる通り、トップスイングのレスポンスはむちゃいいですよ!


んー、んー、26インチは確かに減少傾向ですね ・・・・・・・・・・
小回りは効くし、操作しやすいメリットはあると思うんですが。
なんかメーカーが一斉に号令をかけたかのように
27.5インチの生産を始めてしまいました。
我々が、フレームサイズを決めるのではなく、
俺ら(メーカー)が27.5インチを一斉に作るから有無を言わさず、乗れよ!
と言われたようなもんですね。
ただ、ねおさんの場合、僕より一回り体大きいわけですから、
少なくとも27.5ぐらいじゃないと合わないんじゃないかと思います。
是非、次に機会があれば御検討くださいな。


>29インチでアウター44tなら、かなりスピードUP したのでは?ロードマシンにも対抗できますね

十分、スピードアップしました。
またタイヤ径はロードより遥かに大きいので慣性の力も働きそうです。



フロントアウター48Tなんですね。o(^^o)(o^^)o
26インチに48Tなら、タイヤ径を考慮しても、
ねおさんのほうが多少ギア比が高速仕様では ・・・・・・・・
僕の方は、機材は精一杯頑張ったんで、後は腕の方を上げなければなりません。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.