我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

DEORE FD-M615 ( フロントダブルへの回帰 )

2014-08-07
Top Page29インチMTB コンポーネント
次はフロントディレイラー。
過去、数台のMTBに乗ったが、ほとんどがダウンスイングのフロントディレイラーだったと思う。
ロードバイクのフロントディレイラーもダウンスイングだ。
今後、泥んこレースに出る可能性も少ないので泥づまりも気にしなくていいだろう。
よって、ここは比較的重量の軽いトップスイングのフロントディレイラーを選ぶことにした。
クランク、スプロケットなどの相対関係を考えると、ミドルグレード以上の選択が望ましいが、
ここも予算の関係で DEORE FD-M615 を購入した。
DSCN0104.jpg
DSCN0105.jpg
DSCN0107.jpg
DSCN0109.jpg
DSCN0111.jpg
DSCN0119.jpg
DSCN0127.jpg
トップスイングということで物珍しく、じっくりパーツを眺めた。




取り付ける 29インチMTB ・ TREK Superfly AL のシートチューブはφ34.9mm なのでアダプター不要。
取付ネジ込みの重さを測定した。
DSCN0118.jpg
DSCN0128.jpgDSCN0130.jpg
ちなみにφ31.8mm のアダプターは2.8グラム、φ28.6mm のアダプターは5.4グラムであった。



ケーブル固定部
DSCN0245.jpg
シフトワイヤーの通り道は、ダウンスイングと同じようにトッププル ( 赤矢印 ) とダウンプル ( 緑矢印 )。
DSCN0242.jpg

ワイヤー固定部を拡大する。
DSCN0246.jpg
DSCN0247.jpg



取り付けるシートチューブに溶接されているアウターケーブル受けは、
御覧のとおり、チューブ右側に位置しているので、ダウンプルは不可でトッププルしか選べない。
DSCN0308.jpg
DSCN0274.jpgDSCN0285.jpg
DSCN0342_2014080921285922a.jpg
一方、フロントディレイラー ・ ワイヤー固定部はシートチューブ左側付近になので、
シートチューブ右側のアウターケーブル受けより、シートチューブ斜め右上方向からワイヤーが走ってくる。
よってケーブルのルーティングとしては、イマイチなのではなかろうか。
実際にワイヤーを張ってみたが、一応変速するが、
フロントインナーポジションで、どうしてもワイヤーが微妙に弛んでしまう。



他のMTBを見ると、シートチューブのアウターケーブル受けは最後方位置 ( 赤丸印 ) が多いようだ。
最後方位置であれば、ダウンスイングのトッププルとトップスイングのトッププルに対し両立できるのではなかろうか。
DSCN0306.jpg
よって TREK Superfly AL のシートチューブ右側のアウターケーブル受けは、
ダウンスイングのトッププルに特化したものと思われる。
また、そう考えるならトップスイングのトッププルはシートチューブ左側にアウターケーブル受けがあるのが理想かもしれない。



仮付けして変速させてみた。 上からフロントインナー、フロントアウター
DSCN0269.jpg
DSCN0270.jpg

前方向より。 上からフロントインナー、フロントアウター
DSCN0275.jpg
DSCN0276.jpg
ダウンプルの変速のモーションにくらべると、派手さは無く静かだ。

できる限りシフトワイヤーをピンと張った状態でセッティングして、走ってみた。
最初は問題なかったが、数日経過するとワイヤーが弛んでシフトレバーを
ギュッと奥に押しこまないと変速しないようになったため、
シフトレバーのケーブルアジャターを調整しワイヤーをピンと張ってやると正常に変速するようになった。
このように、一応、このフレームでトップスイングは使えるが
ケーブルのルーティングとしてはイマイチなのでワイヤーが伸びやすい。
今回は、もったいないのでこのまま使っていくが、
可能ならダウンスイングのフロントディレイラーを使ったほうがいいと思われる。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

私のスレイヤーはトップスイングタイプのフロントディレイラーしか取り付けることが出来なくて、当初はフロントダブルで乗っていましたが、林道などでちょっとした小石が挟まる程度で作動しなくなるなど安定性に欠けるのでずっとフロントシングルで乗っています。ダウンスイングのWARPの時には全くトラブルなかったんですけどね。

てつさんへ

てつさんのブログでスレイヤーの拡大写真拝見しました!
http://livedoor.blogimg.jp/techin_4850/imgs/3/5/35d941a8.jpg

おっー、確かに本来、シートチューブが上に伸びるべき場所に、
あくまでフロントディレイラーを取り付けるためのチューブが短くありますね。
なるほど、これはトップスイングしか付けれないですね。
スレイヤーはオールマウンテン系のようなので、
本来なら泥詰まりに有利な
ダウンスイングの選択枝も残しておくべきだったんでしょうが、
フレームのデザインでトップスイングしか選べない形になったんでしょうか ・・・・・・・・・・・・・・

>小石が挟まる程度で作動しなくなるなど安定性に欠ける

そんなによくなかったですか!
まだ林道は一度も走ってないのでなんとも言えないですが、
ちょっと注意しておきます。
ほんと、あまりにも使えなかったらダウンスイングも考えてみます。

ワイヤーの張り

今日は、トップスイング ダウンスイング両方使いましたが、僕はトップスイング派ですね。
変速レスポンスがいいので ダウンスイングよりいいです。
>数日経過するとワイヤーが弛んで とありましたが
ワイヤーが新品なら初期伸びで問題ないと思いまよ、僕もありました。 

ケーブルのルーテイングは角度が少ないのが理想と思いますが写真で見る限り許容範囲かとおもいます。
ワイヤーのルーテイングで伸びやすくなるのかは解らないですが
変速に支障が出てきたら数日検証が必要かもしれませんね。


>実際にワイヤーを張ってみたが、一応変速するが、
フロントインナーポジションで、どうしてもワイヤーが微妙に弛んでしまう。 

このワイヤーの張りの設定でOKだと思います。
通常ローの状態でややワイヤーが弛むのが正解だと思います。

自転車の乗っていない状態は原則変速機を、すべてリア・フロントともにローに戻し
(リアがローノーマルの場合はチェーンのねじれが少ない中間ギアの位置に設定)
ワイヤー・変速機・チェーンのねじれのストレスを無くしてやるのが基本なので現状でちょうどいいセッテイングだと思いますよ。

ただ変速レスポンスを上げたいなら ワイヤーをもう少し張ってもいいと思います。ただその分インナー・アウター共に常時ワイヤー張った状態になるのでワイヤーの伸びも早くなると思います。

現在僕のFデイレイラーをインナーにしてワイヤーを比較てみましたが
画像よりもう少し弛んでます。(トリプルギアだからかもしれませんね)
問題なく使えますよ。

ps ちなみに今後のFデイレイラーは前方から引っ張るタイプに進化するみたいですよ、画期的で29インチ向けですね。無駄がなく泥詰まりしにくそうです
最新のXTRからサイドスイングFデイレイラーが発表されましたよ。 

No title

フロントダブル化のセッティングがピタリと決まらないみたいですね(^_^;)
デフォルトがトリプルなので焦らず細かく煮つめれば大丈夫だと思いますよ~♪
その位置にアウターケーブル受けがあるのは、タイヤとのクリアランスの関係なのではないでしょうか?
ディレイラーのスイングタイプはメーカーで問題ないと判断したうえで製品化しているはずです。
ただ、モデルに合った用途で使う事を前提としてですが。
でもまぁ中には「何だ?このレイアウトは?」な~んてのもあるかもしれませんけど(苦笑
兎にも角にもドンマイ♪

ねおさんへ

やっぱりトップスイングの方が変速レスポンスがいいですか!
雑誌・本にはトップスイングの方がレスポンスがいいと書いてありますが、
今回、4年ぶりにフロントディレイラーを使うので、
前のディレイラー(ダウンスイング)との比較が全くできず、
正直 「 ほんとにレスポンスがいいのかな?? 」 と半信半疑でしたが、
ねおさんの話を聞いて安心しました。


>写真で見る限り許容範囲かとおもいます

そうですかねー 。
僕には、結構な角度があるような気がするんですが ・・・・・・・・・・・
とりあえず今はケーブルアジャスターで、かなりワイヤーを張った状態にして、
変速レスポンスを上げてますが、
おっしゃる通りワイヤーの伸びが早くなるかもしれませんね。


んー、んー,XTRのサイドスイング、非常に魅力的ですね。
おまけに 『 効率的なケーブル取り回しで軽い変速 』 とシマノのホームページに書いてあるので物欲がそそります。
ただ 2×11スピードと 2×10スピードのフロントディライラーに
互換性があるんでしょうか?
あれば、将来、交換するのも手ですが、
互換性がないならフロントディレイラーだけの交換では済まないので、
金銭的に難しくなってしまいます。(´_`)

輪人さんへ

>その位置にアウターケーブル受けがあるのは、タイヤとのクリアランスの関係なのではないでしょうか?

貴重なアドバイスありがとうございます。(^▽^)
今、現物を確認しましたがケーブル受けが最後方にあったとしても、
ケーブル受けとタイヤとのクリアランスは、保たれるような気がします。
ただ、ケーブル受けが最後方にあった場合、
ケーブル受けとフロントディレイラー ・ ワイヤー固定部の間の中間地点付近で、ワイヤーとタイヤのクリアランスが狭くなると思われます。
でもフロントディレイラーの最後方部分とタイヤのクリアランスも、
かなり狭いのですが ・・・・・・・・・・
そう考えると、ますますわかりませんね(笑)

輪人さんのおっしゃるデフォルトがトリプルということが、
何か関係するかもしれませんね。

ケーブル受けとフロントディレイラー ・ ワイヤー固定部付近を、
できる限り真横から撮った大きな写真をアップしておきます。

No title

もちろんワイヤーとのクリアランスの事ですよ(笑
画像を見る限りでは、受けを最後部に作るとクリアランスが今以上に狭くなると思います。
やはりその配置は仕方がないのかも(^_^;)

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.