我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

鈴鹿エンデューロ2014 に参加しました

2014-06-04
Top Page林道ツーリング、サイクリング三重県
走行日 2014年5月17日



昨年に続き、今年も参加した。 参加種目は3時間エンデューロで2人で出場した。

結果は ・・・・・・・・・・

僕の周回数は9周。 僕の公式ラップタイム (1周5807メートル) は、

11:36.791
10:46.069
休憩
10:42.604
11:20.672
休憩
11:26.384
12:09.190
休憩
11:16.321
12:00.635
休憩
11:08.447

最速タイム10:42.604  32.53km/h
最低タイム12:09.190  28.67km/h 

周回数9周なのでレースの総走行距離52.263km
レース中の僕の合計タイムは 1時間42分27秒113 で平均速度30.61km/h という結果であった。
DSC01096.jpg



◎まとめ
平成2014年5月17日
走行距離 67.32km ( 練習走行1周半、駐車場の往復などを含む ) (サイコンデーターより)
走行時間 2時間34分26秒
平均速度 26.10km/h
最高速度 55.7km/h

昨年の初参戦で周回ベストタイムが10分4秒だったので、
今年は軽く10分を切るつもりであったが ・・・・・・・・・・・・・・・

北西の風が強烈で、昨年のベストタイムから40秒近く遅れてしまった。
レースが経過するにつれ、ますます風が強くなり、
レース中盤以降にベストタイムを叩き出すのは絶対無理な状況下だったと思う。

いくら風の影響で全体のタイムが伸び悩んだとはいえ、
昨年末にULTEGRA6800を導入し、下ハンドルをメインにして自分なりには乗り込み、
それなりの手ごたえを感じていたのだが ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

道中を振り返ると、
ダンロップカーブからS字コーナー、第一カーブまでの 1.2キロの下り区間にてゴボウ抜きされ、
これがタイムが上がらなかった原因だと思う。
本来なら、当日の追い風を味方にして、この区間はノーブレーキでスピードを乗せなければならないが、
僕はスピードをコントロールすることができず、ブレーキを頻回に使ってしまった。
僕のこの下り区間は、サイコン読みで45-50km/h。
平均で50-55km/h、早い人で60-65km/h 出てたんじゃないか。

おまけに10時55分前後に、この下りのS字コーナーで10台弱のクラッシュが、
自分の位置から前方100メートル先で起こり、余計慎重になってしまった。

そして我らが陣取ったピットに戻ると、
いつの間にか、トップチューブとダウンチューブが真っ二つに切断された
紺色のTREKのマドンが放置されていた。
先程のクラッシュで潰れたロードバイクかどうかわからないが、
あの太いチューブがこれ程潰れるものかという壊れ方であった。

一つ間違えれば、自分も巻き込まれたクラッシュ!
そして、自分がS字コーナを走っている時も、
突風で横に膨らんでしまうシーンが度々あったので、
自分もクラッシュの原因になりかねない状況だったと思う。

来年は、さらにパワーアップして、
ホビーサイクリストとして夢の9分切りを目指したいところだが、
今回のレースで、
『 年も歳だし、力を抜いて、スピードの追求は程々でいいんじゃないかー 』
と思ってしまった。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.