我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

RaceFace Narrow Wide Single Chainring ( Narrow Wide の謎が解けた )

2014-03-01
Top Page29インチMTB コンポーネント
昨年、 『 E Thirteen G-Ring Single Chainring (チェーンリング交換) 』 をブログに載せた。
その時は、RaceFace Narrow Wide Single Chainring が第一候補に挙がったが、
製品の写真に惑わされて、結局 E Thirteen を買ってしまった。
その後、コメントにてチェーン落ちがフリーの慣性によるものだということを教えていただき、
色々と調べたが僕にとってフリーの整備は初めてでレベルの高い整備のようなので躊躇してしまった。
そうこうしてるうちに別の方から、RaceFace Narrow Wide の写真のカラクリを教えていただき、
ここはまず、RaceFace Narrow Wide を導入し、チェーン落ちの状況を見て、駄目ならフリーの調整も検討することにした。



今まで買ってきたシングルチェーンリングは貧相なパッケージだったが、
Race Face Narrow Wide Single Chainring はちょっと洒落たパッケージであった。
P2123116_20140213085057a20.jpg
P2123117_20140213085055cbb.jpg
パッケージの裏面には XTR FC-M970 など一世代前のパーツとの互換表が載っている。
横文字で理解できないが、後々役に立つことがあるかもしれないので記録しておく。
s_Scan10002 - コピー
( クリックすると拡大します )



表面
P2123118_20140225195940080.jpg
長年、32Tのシングルチェーンリングを使ってきたが、悩んで悩んだあげく今回は思い切って34Tにした。
今年に入って、腸腰筋の使い方がなんとなくわかってきたので、頑張って重いギアを踏んでステップアップしようと思う。
また舗装路では32Tで役不足だが、これで多少解消されるだろう。



裏面
P2123121.jpg




『 Narrow Wide 』 という製品名のとおり厚歯(赤矢印)と薄歯(緑矢印)が交互にくる。
P2123125_20140213083608196.jpg



厚歯と薄歯の厚さを計測した。
P2123130_2014021319052834b.jpg
厚歯は内側から外側に向かって(青矢印)、テーパー状になり薄くなっていると予想してたが、
内側も外側(赤丸印)も同じ3.4ミリであった。
厚歯の先端(緑丸印)は2.1-2.2ミリであった。
シマノ9・10・11段チェーンの内リンク内幅は2.2ミリなので厚歯の先端部分でギリギリ食い込むかどうかということになるだろう ・・・・・・・・・・
3.4ミリ幅の厚歯の部分は、どう考えてもチェーンは食い込まないはずだ。

なお薄歯も内側・外側 ( 紫丸印 ) とも1.65ミリということでテーパー状にはなっておらず、
直前に使っていた E Thirteen が1.95ミリ、 eNVy が1.85ミリなので、かなり薄い歯ということになる。



横から眺めた厚歯
P2123133.jpg
この写真を見ると先端部分でも2.1-2.2ミリと、分厚いことがお判りいただけるだろう。



横から眺めた薄歯
P2133138.jpg
薄歯の先端部分は通常のシングル専用チェーンリングと同様尖がっている。



リング本体の厚み ( 赤丸印 ) は4.0ミリであった。
P2123124_20140213083609ece.jpg



重さは42グラムであった。
E Thirteen が32Tで34グラムだったので、いくらなんでもギアが2T増えただけで8グラムの増加にはならないだろう。
厚歯が3.4ミリで薄歯より遥かに厚く、それによる重量増加と考えられる。
また厚歯部分の加工にコストがかかるようで、
E Thirteenは27.99ポンド、RaceFace Narrow Wide は35.49ポンドと随分値段の差がある。
どっちにしても厚歯タイプのチェーンリングは高いよね!!
P2123128.jpg



チェーンの上で RaceFace Narrow Wide を転がすが、厚歯部分がチェーンリンクに十分食い込まず浮いてしまう。
DSC00212_20140215204338b0c.jpg

比較対象として SLX FC-M660 の32Tを同様に試したが、こちらは問題なくスムーズに転がる。
DSC00213_201402152043370c1.jpg



このまま RaceFace Narrow Wide にチェーンを架けても十分食い込まず、
チェーンの長さが足りなくなってしまうのではないかと不安もよぎるが、とりあえず強引に架けてみた。
最初はチェーンリングに食い込まなかったが、クランクゆっくり回すと2−3秒後に 『 バチン 』 と
大きな金属音をたて、ちゃんと食い込んでるではないか!!!
DSC00219_20140215205139618.jpg



真上からチェーンリングを見つめると、恥ずかしながら自分の重大な過ちに気付いた。
P2153145.jpg
2.2ミリというのは、あくまでシマノ9・10・11段チェーンの内リンク内幅のことで、
外リンク内幅の存在を全く考えてなかった。
チェーンは内リンクと外リンクが交互にあるので、それぞれに Narrow歯 と Wide歯 が食い込むわけだ。
長年自転車整備をして、灯台元暮らしというか、中学生でも考えたらわかること。
日頃から頭は柔軟な発想をしてないとだめだな。

クランクを順回転、逆回転に空回りさせてみたが、内リンクには Narrow歯、外リンクに はWide歯が
シンクロするので抵抗感は全くない。



交換前後でチェーンリングの歯の食い込み具合を較べたが、ほぼ変わらない。
P9032282_2014021520513894e.jpg
P2153147.jpg



交換前後でリアトップポジションを較べる。 ( チェーンの長さは変えてない )
DSC00207_2014021520533012a.jpg
DSC00214_201402152053290e7.jpg



交換前後でリアローポジションを較べる。
DSC00208.jpg
DSC00215_201402152055186c9.jpg



交換前後でクランクの取り付け具合を較べる。
DSC00209_20140215205717358.jpg
DSC00217_201402152057168f6.jpg



全体像はこんな感じ
DSC00221_20140215205822bf3.jpg
直前に使っていた E Thirteen はリングの色が緑色
ダウンチューブやチェーンステイの黄緑ラインとイマイチ合わなかったが、
RaceFace Narrow Wide は黄緑のメタリック色でカラーデザイン的にも大成功であった!



今回は RaceFace Narrow Wide の製品写真に惑わされ、 Narrow Wide の仕組みが理解できず遠回りしてしまった。

僕がフロントシングル専用チェーンリングを導入したのが2010年7月
【   26インチMTBに Narrow Wide でないフロントシングル専用リングを付けた。
この時は、たまたま WH-MT65 のフリーの相性がよかったのかチェーン落ちはほとんどなかった。  】

あの頃の記憶は定かでないが、Narrow Wide タイプのチェーンリングは発売されていただろうか???
物理的にどう考えてもノーマルタイプのシングルチェーンリングより
Narrow Wide タイプのほうがチェーン落ちは発生しにくいと思うんだが ・・・・・・・・
あの当時は、ノーマルタイプのシングルチェーンリングにチェーンデバイスを付けるのが
オーソドックスな方法だったのかもしれない。
ただ、ここ1-2年の流れとして SRAM XX1・X01 がフロントシングルで
Narrow Wide のチェーンリングを採用したことから、
少なくともクロスカントリー、オールマウンテン系のシングルチェーンリングは
Narrow Wide タイプ + チェーンデバイス不要というスタイルが標準型になっていくんだろう。

あともう一つ RaceFace Narrow Wide の導入に当たって厚歯と薄歯の厚さを実測した。
結果は3.4ミリと1.65ミリであった。
一方、現在使用しているKMC10段チェーンの外リンク内幅と内リンク内幅の実測値は4.2ミリと2.2ミリであった。
素人目には外リンク・内リンク内幅に比べ十分余裕があるのでもう少し厚歯と薄歯の厚みを増やせば、
さらにチェーン落ちが防げるのではないかと思うのだがいかがなもんだろうか?
チェーン落ち防止効果と、スムーズにチェーンリングが回ることはそもそも相反することだがら、
そのバランスを考えて RaceFace Narrow Wide の厚歯と薄歯の厚さは設計されたのかもしれない。





最後に29インチMTB・TREK Superfly AL のチェーン落ちの歴史をまとめておく。

2012年11月に TREK Superfly AL を購入し、即、フロントシングル化を施行。

走行距離550キロで初めてチェーン落ちが発生。

591キロ、688キロ、740キロ、763キロ、953キロでチェーン落ち。

1073キロでリアディレイラーを シマノSLX RD-M670-GS に交換。

1140キロでチェーン落ち。

1195キロでチェーンリングを E Thirteen G-Ring Single Chainring に交換。

1546キロ、1611キロでチェーン落ち。

1621キロで RaceFace Narrow Wide Single Chainring に交換。

現在、走行距離1680キロ。 もちろんチェーン落ちは起こってない。 これからも経過を追っていこうと思う。


平成26年7月10日 走行距離1968キロ 依然、チェーン落ちは起こってない。 この状態が500キロ続けば本物だろう。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブログ観覧ありがとうございますm(_ _)mA組チャリ部です。
まだまだ初心者な僕なのですがこのブログすごく勉強になりました(。ゝ∀・)bこれからも頑張ってください 定期的にお勉強しにきますw

A組チャリ部さまへ

こんばんは!
勉強・・・・・そう言っていただけると恐縮です。
そろそろ僕も忘れっぽい年なので備忘録代わりに、
きっちりとデーターを残そうなんて目的もあるんですよ。
ブログ書く以前は、メモ帳に部品の重量を記録してたんですが、ブログ始めてからは、すべてここに書いてますよ(o^。^o)
また遊びに来てくださいね。

また来ちゃいましたw
こんど自転車買うのでとても参考になります( `・∀・)ノ
これからもお互いブログ頑張りましょう?!
応援してます!!

No title

レーさん、こんばんは!
またまたカッコ良くなりましたね!
私は知識が乏しいので良く分かりませんが、
走りにどのように影響するのか楽しみです~
またご報告お待ちしております(^.^)

A組チャリ部さまへ

参考になりますか???(笑)
記事は結構、個性、偏見が強いんで、いい情報だけを掻い摘んで下さい。
くれぐれも、すべて信用しないで下さいね!
A組チャリ部さんのとこへも、ちょこちょこ遊びにいきますね!

めがねカッパさんへ

おはようございます。
もっとメカにも興味持ってくださいよ!

実際には、走りには大きな影響はないと思います。
ただチェーン落ちの確率が減るはずですし、そうでないと意味がありません。あとは34Tと2T大きくなったので舗装路が速くなりました。山に行くにしても、アプローチするのに舗装路を長く走ることになりまし・・・・・
ただ、ダートの激坂はちょっとしんどくなりますが。
あと黄緑色で統一したのは大成功でした。

No title

お世話になりますARA!です。
コチラでは初めまして。
先日は拙ブログにご訪問いただき有難う御座いました。

RaceFaceチェーンリング・・・
私も導入を検討しておりました。
また走行インプレッションを楽しみにしております♪

ARAさんへ

こんばんは。
今のところ60キロ程走りましたが、
もちろんチェーン落ちはありません。

34Tと、ちと重いですが、むちゃカラーリングが気に入ってます♪
ARAさんのブログの詳細な整備レポート、また楽しみにしてます!

No title

先ほどは銀楼に詳しく教えていただいてありがとうございました。
失礼のないようでしたらリンクに追加したいのですが、よろしいでしょうか?

A組チャリ部さまへ

もちろん、OKですよ!
相互リンクしましょう!

ありがとうございますっ!
そんな僕らのまで・・・((((;゚Д゚)))))))嬉しいです

ではリンクに追加させていただきますね!

No title

こんばんは!

チェーンリングの色がマッチしてより格好良くなりましたね(^-^)

僕はWolftoothを使っていましたが、あまり意識していないポイントでした。
たまたま合致していましたけど、互い違いに入れ替わった状態で乗っていた可能性もあるわけで…。
また1つ勉強になりました(^-^)

No title

そんな勉強だなんて!!!
まあ、たけさんの黒のフレームに黄緑メタリックのチェーンリングだったら、ちょっとチグハグですよね。
Wolftooth or raceface を選ぶにしても色は慎重に選ばないといけないと思います。

No title

チェーン落ち無くなるといいですね。これでダメならスタビライザー付きのディレイラーですかね。
どうでもいいことですが30tとはパッケージが違うんですね。

Unadon さまへ

確かにスタビライザー付きしかないですかね。
いや、・・・・・・きっとこれで大丈夫ですよ!o(^^o)(o^^)o

パッケージが違うんですか???
それは意外というか、全く想定外ですね。
レースフェースは何を考えとるんでしょうか・・・・??

でも、そのように反応してくれる方がいたので、
パッケージの写真を載せてよかったです。

いいですね

お久しぶりです。 かなりカッコよくなりましたね。
意外な所にチェーンリングの謎解きの答えがあるみたいですね
勉強になりました。

レースフェイスでフロントシングルで使用するなら
問題ないと思いますが。 ダブルならお勧めしません
変速時鈍く動きます。僕の経験上ですけど・・・
他社(シマノ)は、変速も一応重視して作れているので
あまりガッツリチェーンに食い込まないでスムーズ
に変速ができます。でもシングルなら関係ないですね
すいません。
アルマイトのいいグリーンに仕上がってますね。
インプレまってます。 

ねおさまへ

おはようございます。
勉強になりましたか!

レースフェイスの変速性能はイマイチなんですね。
やはり世界ナンバーワンのシマノですかね。

最近、ロードのほうばっかり乗っておりMTBの距離が伸びておりません。今のところ80キロ走って、チェーン落ちなしですか、少なくとも500キロはチェーン落ちなしでいかないと合格とは言えないですね。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.