我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

林道妙高小谷線 ( その2 ) ( 新潟県妙高市 )

2013-08-20
Top Page林道ツーリング、サイクリング甲信越地方
走行日 2013年8月7日



林道妙高小谷線 ( その1 ) からのつづき http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-332.html

今回のルートは、 http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=c162ae4fe064eed0aa4e92f39a73bfa2



35.05キロ
トンネルを抜け新潟県に入る。
トンネル内は舗装されてるが照明はない。ただ全長130メートルと短いのでライトが無くても大丈夫。
DSC01337.jpg

「 乙見隧道 」 と書かれたプレートが貼ってあった。
DSC01339.jpg

長野県側と違い、こちらの見晴らしはよくない。
DSC01336.jpg

トンネルから数十メートル下ると南方向には日本百名山・高妻山 ( 2353m ) が見える。
DSC01392.jpg



35.89キロ 乙見隧道より、しばらくは下り坂のみ。 通ってきた道を振り返る。
DSC01340.jpg
DSC01342.jpg
長野県側は赤黒色の土のダートであったが、こちらは何処でも見かけるダートだ。
トンネルを挟んでこんなに土質が変わるとは ・・・・・・・・・・
まあ、水系が変わったから ( 姫川水系 → 関川水系 ) 当然といえば当然か。
小石も露出しており長野県側にくらべ走りにくい。



36.34キロ やっと見晴らしのいいポイントに出てきた。
DSC01343.jpg
DSC01389.jpg
向こうに見える山は日本百名山・妙高山(2454m)
右側には乙見湖も見える。なお百名山の火打山は見えないようだ。
それにしても森の深さが凄すぎる。すばらしい眺めだ。
関西には、どうあがいてもない景色だ。
是非立ち止まって見ておこう。



36.74キロ 下り坂がつづいているが、想定外の場所で舗装路が出現。
DSC01349.jpg



38.12キロ
林道の分岐点に到着。
左側には林道妙高小谷線の標識がある。
林道本線は直進方向。
地図によると、左に曲がれば乙妻山の麓に至って行き止まりとなる。
DSC01350.jpg

反対側から分岐点を眺める。 乙妻山への林道はダートで狭い。 路面は荒れてて走りにくそう。
DSC01352.jpg

標識によると林道妙高小谷線はここで終わり。
DSC01351.jpg
ネットの情報では、この先は林道杉野沢線であるが標識はない。
杉野沢線は、妙高小谷線とはうって変わって全体的にフラット。



38.16キロ にわか舗装路も再びダートに ・・・・・・・・・・
DSC01353.jpg
たった1.42キロの舗装路であったが疲れてくるとありがたい。



40.54キロ 先程の分岐点より小さなアップダウンを繰り返す。周囲はブナの木が多い。
DSC01360.jpg
DSC01362.jpg



41.68キロ ここはポプラ並木ではなくブナ並木の直線路であった。
DSC01363.jpg



42.23キロ 
先程の36.34キロ地点から見下ろした深い森を走るので、木々に覆われ視界が開ける場所は少ない。
ここは、たまたま見晴らせた。
DSC01364.jpg
向こうに見えるのは百名山の火打山ではなく影火打 ( 2384m ) ではなかろうか。



43.91キロ 杉野沢橋を渡る。 本日の林道内では一番大きな橋。 橋は竣工して間もない雰囲気であった。
DSC01367.jpg 

橋より上流側を臨む。
DSC01368.jpg

下流側を臨んだが乙見湖は見えない。
水量が豊富で渓流釣りファンをワクワクさせるような川であった。
DSC01369.jpg



44.48キロ 直線の長い気持ちいい区間。
DSC01371.jpg
路面は高速ダート化していた。
DSC01370.jpg
なお林道は乙見湖沿いを走っているが、森が深く湖を見ることはほとんどできない。



46.02キロ 笹ヶ峰遊歩道の入口に到着。
DSC01385.jpg
DSC01387.jpg



46.45キロ ここより舗装路に変わる。
DSC01375.jpg
結局、今日走った道中で直前のダート区間が一番長く8.29キロあった。
地図によると、数十メートル先の橋から県道39号に変わるが標識を見落としてしまったようだ。



47.12キロ 笹ヶ峰キャンプ場の前を通過していく。 この辺は多少賑やかで飲食店も1軒あった。
DSC01376.jpg



47.92キロ 地図に 「 京大ヒュッテ 」 と書いてるので、どんなものかと外から見学させてもらった。
DSC01384.jpg
壁は黒塗りで木造の立派な建物であった。



48.76キロ 県道39号は笹ヶ峰牧場内を通っていく。 笹ヶ峰牧場・管理事務所前に到着した。
DSC01383.jpg

向こうに見える山は御巣鷹山 ( 2046m ) 。 牛は一匹もいない。 暑くて牛舎に引っ込んでいるんだろうか。
DSC01381.jpg

笹ヶ峰牧場・管理事務所。 建物を見る限り観光牧場ではなさそうだ。
DSC01379.jpg

通ってきた道を振り返る。 ご覧のとおり日差しはきついが気持ちいい道路であった。
DSC01380.jpg
当初は、ここから17キロ先のJR妙高高原駅まで下って輪行するコースも考えたが、
29インチMTB用の輪行袋を持ってないこと、(今、持っている輪行袋に入らない)
妙高高原駅から白馬駅まで電車で160キロと超遠回りで4時間かかること。
自転車で帰った方が断然早い。
そういう理由で、単純に笹ヶ峰牧場・管理事務所前から通ってきた道を引き返すことにした。

引き返した時のGPSログ
85587.jpg



乙見山峠から笹ヶ峰牧場までの標高ログ
209.jpg

乙見山峠から笹ヶ峰牧場までの速度ログ
210.jpg
往きは写真撮影にて多数停車した。

復路、笹ヶ峰牧場から乙見山峠までの速度ログ
208.jpg



◎まとめ
2013年8月7日
走行距離 104.40km
走行時間 6時間28分38秒
平均速度 16.1km/h
最高速度 51.4km/h

好天の中、何の不自由なく待望の林道妙高小谷線を走破することができた。
林道妙高小谷線は南葉山林道と並んで、僕の中で 『 いつか走ってみたい林道 』 であったが、
南葉山林道は、最初(2003年7月)は車で行って途中で引き返し、
二度目の挑戦で雪道を抜け走破できたので感慨深いものがあった。
そういう意味では南葉山林道の方が、今でも印象深く、また行ってみたいと思う。

林道妙高小谷線と林道杉野沢線の合計距離は20キロで、そのうちダートは11.6キロ。
距離はそんなにないが獲得標高が大きく十分走りがいがある。
激坂は無く、峡谷化してるところも無く、完全乗車も可能な比較的走りやすい林道だ。
長野県側は眺めがよく乙見山トンネルまでの単純往復でも楽しめる。
新潟県側は眺めはよくないが、海抜1300メートル超の森の中で高速ダートツーリングが満喫できる。
あと新潟県側を走るなら必ず36.34キロ地点 ( 展望ポイントはここだけ ) に行って
眺めを目に焼き付けておこう。
笹ヶ峰キャンプ場もあるので、そこを拠点に林道妙高小谷線、林道杉野沢線、
そして、名前のない行き止まり林道を探索するのもいいんじゃないか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

長野県白馬を拠点に林道ツーリング!!
羨ましすぎます(^.^)
綺麗な景色と素晴らしい林道、こんな旅行を
してみたいもんです。
それから渓流釣りもされるのですね。
綺麗なイワナとレインボーにも驚かされました!!

めがねカッパさんへ

宮津、丹後半島にもいいとこがいっぱいあるじゃないですか!それとも地元なので、当たり前すぎて飽きちゃいましたか??
一応、釣り師なんですが、最近めっきり回数減っちゃいました。また流行のフライではなく、古典的な餌のミャク釣りなんです。(^u^*)

No title

どうもはじめまして。新しい林道記事をいつも楽しく見ています。この記事は少し前の記事ですが、最近見てなっかたので、
久しぶりに羨ましい林道を見せてもらいました。私も林道大好きなんですが、きっかけがないので、最近はご無沙汰です。代わりに、ここ見てます。いろんな道を紹介してくれて、ありがとう。


あひるさんへ

こちらこそ、はじめまして!
林道レポートは、ちょっと個性の強い記事なので、一般受けはしませんが、あひるさん、読んでくれてありがとう。
最近、ペースが落ちてますが、またボチボチと書き続けますので訪問してください。

参考になりました

自転車ツーリング、体力気力素晴らしいですね。今年小谷温泉から笹ヶ峰牧場までダイハツミラで走ろうと思っています。自転車とは違いますが参考になりました。軽乗用車ですが何か参考(注意事項)になることがあればおしえて下さい。

nagaさまへ

道幅は十分あるので軽自動車なら、楽勝だと思います。
舗装路の方は全く問題ないですが、トンネルを抜け新潟県側に入ると、
35.05キロ~38.12キロ地点までダートの急な下り坂なので、
多少の注意が必要かと思います。
ちょっと記憶がはっきりしないですが、その区間で1,2箇所、
路面が侵食してえぐれてる所があったかと思いますので、
車の底を擦らないように注意してください。
あとは、
事前に地元の役場の土木課etcに通行可能かどうか問合せておくと万全でしょう。
是非、この夏には林道妙高小谷線の森の深さを満喫してきて下さい。

参考になりました

nagaです
ご丁寧にありがとうございました。

湯峠からのダート周回可?

白馬はスキーで行くことはあってもMTBはなかったです。興味津々です。
小谷温泉口から上って~乙見山峠、戻って雨飾荘から湯峠~姫川温泉に下りて周回しても距離的には大丈夫な気がします、しかも下りダート。
しかし湯峠でしょっちゅう通行止らしいですね

ブロモさんへ

信越の林道は関西とは全然違いますよ!

>小谷温泉口から上って~乙見山峠、戻って雨飾荘から湯峠~姫川温泉に下りて周回しても距離的には大丈夫な気がします

なかなか良い、いいとこどりのコースですね。
で、締めは温泉ですね(笑)
ただ、乙見山峠に行ったら、少しだけ先に進んで36.34キロの地点まで
是非とも行ってください。あそこからの眺めは別格ですから。

そうなんですか・・・・
姫川小谷線が・・・・・
確かに国土地理院の地図で見ると点線で表示されてますね。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.