我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

池郷国有林道(奈良県下北山村)

2013-06-25
Top Page林道ツーリング、サイクリング奈良県
走行日 2013年6月8日



白谷池郷林道の頂上に到着したが、崩落による工事にて下北山村池原には通り抜けできないので
左に曲がって名のない林道へ進んでいく。(赤矢印)
P6081726_20130612214357.jpg
案内板を拡大する。(オレンジ矢印)
P6081782.jpg
地図を見ると、名のない林道(黄色矢印)は池郷国有林を貫いて走っているので、 (クリックすると拡大します)
当ブログでは、この名のない林道を池郷国有林道と呼ぶことにする。

池郷国有林道はここから始まる。持経の宿までの100メートルのみ舗装されていた。
P6081784.jpg
左側の標識を拡大する。
P6081785.jpg



0.12キロ 林道から左側に逸れた場所に持経の宿があった。
P6081735.jpg
フリーの山小屋で鍵はかかっていなかったので見学させてもらった。
P6081739.jpg
おっと、火鉢がある。
P6081737.jpg
想像してた以上にきれいだ。異臭もない。
P6081736.jpg
宿泊代は無料かと思っていたが、ボックスの中に一人当たり1000円入れてくださいと掲示されていた。
でもこの内容なら1000円でも十分満足できると思う。



1.14キロ 白谷池郷林道の頂上より5%ぐらいの下り坂がつづく。
P6081740.jpg

通ってきた道。そこそこの小石はあるが降車せず走れる。
P6081741.jpg



2.36キロ 
沢を渡る。 このあたりで海抜940メートル。
白谷池郷林道の頂上が1060メートルだったので120メートルぶっ続けで降りてきた。
ここで本格的な坂道は終了する。
この後、池郷国有林道は緩やかなアップダウンを繰り返し快適なダート走行を楽しめる。
P6081745.jpg
P6081746.jpg
水量は少なく渓流釣りは無理だろう。



3.43キロ 通ってきた道
P6081749.jpg
路面には所々、拳大の石もあり、まともに踏んでバランスを崩しそうになることもあったが、
なんとか転倒せずに進むことができた。
P6081751.jpg
時々、木々の間から視界が開けてくる。
P6081750.jpg



3.81キロ おっと、グレーチング!!!
P6081753.jpg
2.2インチ幅のMTBタイヤがスッポリはまる隙間だ。
P6081752.jpg
他にも同じ大きさのグレーチングはあったが、すべて隙間は土砂で埋もれていた。
ヤバイのは、ここだけであった。



4.74キロ ここは緩やかな登り坂。
P6081754.jpg



6.06キロ 重機よって、崩れた土砂を両サイドに退け路面が踏み固めてられ高速ダート化している。
P6081759.jpg
普通、林道の奥へ進めば進むほど荒れてくるものだが、ここは逆のパターン。
心細くなるどころか、だんだん興奮してきた。



7.64キロ 砂防ダム前のヘアピンカーブ。
P6081761.jpg

通ってきた道
P6081762.jpg
砂防ダム前の林道は広場みたいになっており、水も豊富なのでゆっくり休憩するのもいいだろう。
P6081763.jpg



8.39キロ さらに大きな砂防ダム前を通り過ぎる。 依然、路面状態良好。
P6081764.jpg
この林道も白谷池郷林道と同様に水場には困らない。
P6081766.jpg
どうして、こんな行き止りの林道が奥まで整備されているのか不思議でならなかったが、
もしかしたら砂防ダムの保守・点検用に維持されているのかもしれない。



9.98キロ ここの路面は崩れた土が踏め固められている。小石もなく走りやすい。
P6081767.jpg



10.38キロ 左90度カーブの手前。ここも林道は広場のように広くなっていた。
P6081778.jpg
北方向の奥には孔雀岳 ( 1779m ) が見える。

孔雀岳を4倍ズームにて拡大。
P6081779.jpg

通ってきた道。
P6081781.jpg
道幅は20メートルぐらいある。



10.46キロ 
ついに崩落地点に遭遇。
擁壁の底がスッポリと抜けている。これも何処かで見たパターンだ。
P6081772.jpg

通ってきた道
P6081771.jpg



10.50キロ 
自転車での走行は難しくなったので、ここに自転車 ( GPSナビも ) を置いて歩くことにした。
P6081773.jpg



100メートル程歩いて ・・・・・・・・・・
P6081776.jpg

さらに100-200メートル程歩いて ・・・・・・・・・・
P6081777.jpg
この付近で池郷国有林道は終点のようだ。



林道終点付近のログ
8887776.jpg
地図上の林道とログは微妙にずれている。
ただログの方は往き、帰りとも、ほぼ重なっており、かなり正確に取れんたんじゃないかと思う。
よってログのほうが正確だと思う。間違ってたらゴメン。



池郷国有林道の行きの標高データー
206.jpg
最初の2キロ余りで海抜標高120メートル下るが、その後のアップダウンは緩やかである。

池郷国有林道の往きの速度データー
204.jpg
写真撮影のため各駅停車状態。

池郷国有林道の帰りの速度データー
205.jpg
ノンストップで行くつもりであったが首が凝ったため1回だけ休憩した。



◎まとめ
2013年6月8日
走行距離 40.69km ( 白谷池郷林道の十津川村側と池郷国有林道の単純往復の距離 )
走行時間 3時間30分51秒
平均速度 11.5km/h
最高速度 31.5km/h

今回は白谷池郷林道の十津川村側と池郷国有林道を走破した。
白谷池郷林道は激坂はなく整備が行き届いており
山間部の険しい紀伊半島の林道の中では走りやすい。
一方、名のない林道、池郷国有林道は海抜1000メートル付近に位置し、
緩やかなアップダウンはあるが全体的にフラットで走りやすく距離も10キロと長い。
中部、関東地方にくらべ標高が低い関西で、このような高地にこれだけの距離のある林道があるのに驚いた。
国道425号から池郷国有林道の最深部まで約20キロと心細くなる距離であるが、
水場もたくさんあるので、じっくり走って高原気分を満喫するのもいいのではないか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは!
色々な表情の路面が楽しめて良い林道ですね。

電子国土地形図は標高や地形は正確ですが、林道は結構ずれているのでやっかいですね。

たけさんへ

こんばんは。
最近は公共事業費の縮小で、どこの林道も荒れ放題ですが、ここは走れますよ!
公共事業費の増大イコール“悪”という感じで新聞には書かれてますが、やっぱ感謝しなきゃとしみじみ思いました。
確かに電子国土地形図は微妙にずれてますので、微妙にやりにくいです。
でも、今回、eTrex20を使わなかったら、この微妙なズレにも気がつかなかった・・・・・なんか、そんな気もするんです。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.