我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

塩竈浜トレッキング・サイクリング (三重県南伊勢町 )

2013-03-01
Top Page林道ツーリング、サイクリング三重県
走行日 2013年2月23日



2週間前に志摩半島南部の芦浜池・芦浜を散策した。
誰一人いない開放感あふれる浜に感動した。
家に帰って地図を眺めると芦浜池・芦浜より約20キロ東側に塩竈浜 ( しゅうがはま ) という浜がある。
なんとか自転車で行けそうなのでMTBで行くことにした。
当日の走行ルート http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=95a23295f5a767a62dd3034ce048ff8f



紀勢自動車道・大内山ICから国道260号を東進して、南伊勢町慥柄浦にて阿曽浦集落へ向かう道の分岐点がある。
ここに車をデポしてMTBツーリングスタートした。
P2231141.jpg
標識(緑矢印)を拡大する。
P2231144.jpg

南側は海で、向こうに赤色の南島大橋が見える。
P2231143.jpg




0.52キロ 南島大橋を渡る。
P2231145.jpg

外海側は見江島(左側)と鵜倉園地(右側)が見える。
P2231147.jpg

内湾側は、こんな感じ。
P2231146.jpg



0.92キロ 続いて阿曽浦大橋を渡る。
P2231150.jpg

外海側の景色は南島大橋で見たものと同じ。
P2231149.jpg

内湾側。
P2231151.jpg

海の透明度は御覧のとおり。まあまあの透明度かな。
P2231152.jpg



2.20キロ 阿曽浦の集落をぐるっと通っていく。
P2231154_20130225220044.jpg



4.48キロ 阿曽浦から県道573号に入る。
ツーリングマップルには   『  阿曽浦から道行竃間は極狭山岳路  』   と書いてあるが、
御覧の通り、極端に細くはなく所々ですれ違いできるので乗用車でも問題なく走れるだろう。
逆に緩やかなアップダウンと急カーブが自転車には心地いい。
P2231157.jpg

通ってきた道。
P2231158.jpg



6.85キロ 塩竈浜へ行く道への分岐点。小さな橋を渡り右折する。標識はないが直感的に分かるかと思う。 
左折すれば道行竃の集落を通り国道260号にでる。
P2231159.jpg
用水路のような小さな川であるが  『 アチ河内川 』  と名前がついている。
P2231161.jpg

右折した側から交差点を見るとこんな感じ。
P2231235.jpg



7.07キロ 先ほどの交差点より道はぐっと細くなる。左側のネットはイノシシ防護柵じゃないか。
P2231162.jpg



7.70キロ ここよりダートになる。
P2231163.jpg



7.80キロ 分岐点にさしかかる。左へ進む。右に進むとダムへ行く。
P2231165.jpg

分岐点を反対側からみるとこんな感じ。
P2231166.jpg
紫矢印のところに乗用車2-3台分のスペースがある。
この先、道が細くなって車は通れないので、ここに車を置いていくしかない。



7.94キロ(0.14キロ)                     ※括弧内の距離は駐車スペースからの距離。
またも分岐点。右に進んでいく。
P2231167.jpg
このような標識はありがたい。 『 南勢テクテク会 』 の標識は南伊勢町の山々の至る所で見た。
P2231168.jpg

右に進んだとたん一気に道は細くなる。 軽トラぐらいなら通れそうだが ・・・・・・・・・・
P2231169.jpg



8.02キロ(0.22キロ) ヘアピンカーブ
P2231171.jpg

ヘアピンカーブの奥にダム湖が見える。ダムとういより池の雰囲気だ。
P2231170.jpg



8.19キロ(0.39キロ) 少し傾斜はきつくなり道の真ん中は侵食によって窪んでいる。
こうなるとMTBから降車して押すしかない。
P2231172.jpg



8.36キロ(0.56キロ) 林道沿いにはシダ類もたくさん生い茂っている。
P2231173.jpg



8.56キロ(0.76キロ) 切り通しにさしかかったので峠かと思ったが、峠はもう少し先。
P2231175.jpg



8.69キロ(0.89キロ) 小高い峠に到着。右側には壊れかけた木のベンチがある。
P2231178.jpg
左に進めば局ヶ頂 ( 海抜310.5m ) へ行く。
標識を拡大する。
P2231179.jpg

ここは海抜90メートル弱であるが眺めはすばらしい。
P2231234.jpg



9.09キロ(1.29キロ) 峠を越えると海岸まで緩やかな下り坂がつづく。
P2231182.jpg



9.28キロ(1.48キロ) 50センチぐらい窪んでいる。雨の時は川になるんだろう。
P2231184.jpg



9.49キロ(1.69キロ) 林道沿いは、ほとんどウバメガシの林であったが突如杉林が現れた。
P2231186.jpg

杉林の入口にあった車の残骸。林道・廃道ではお馴染みの光景だ。動物の死骸のようにひっくり返っている。
P2231187.jpg

サスペンションのバネはスプリングではなく板バネ。
超レトロな軽トラかと思われるが、昔は塩竈浜まで車で行けたんだろう。
林道は長年の雨で荒廃し、自転車でもろくに走れない道になってしまった。
P2231188.jpg

この軽トラの年式の手がかりになるものを探してみた。
P2231189.jpg
ラジエーターを見つけた。検印シールが貼ってあったが残念ながら日付は書いてない。
P2231190.jpg



9.52キロ(1.82キロ) 水の枯れた小川を渡る。水があれば左から右に流れているはずだ。
P2231191.jpg

地図で見ると、この川は山側の池から海岸近くの池に流れている。 緑丸印が、この場所。
88877766635.jpg
山側の池の水源は湧き水だろうか??
地図から想像すると、ちと有名な北海道摩周湖の近くにある神の子池の雰囲気を醸し出している。
かすかな期待を抱いて探索することにした。

この小川の上流に向かって歩いていく。
P2231192.jpg
2-3分で山側の池に到着したが水は完全に枯れていた。

池の真ん中に入っていく。赤矢印から侵入した。
状態からして、ほぼ一年中、水が枯れているような雰囲気。
P2231198.jpg
すり鉢状の池で、満水になれば深さは4-5メートルぐらいあるだろうか。
P2231196.jpg

池の最深部は、御覧のとおり湿っぽく柔らかい腐葉土であった。湧き水のかけらもない。残念!!!
P2231197.jpg

一方、池の北側には落葉した天然記念物・ハナマツメらしきものがあった。
もし本当にハナマツメであれば、隠れポイントになるだろう。
P2231199.jpg



9.88キロ(2.08キロ) 海岸近くの池を、かすりながら通っていく。
P2231200.jpg
P2231201.jpg
先日、訪れた芦浜池・芦浜と同様の風景だ。



9.93キロ(2.13キロ) 海まで200メートル余りあるのに強烈なゴミ。
P2231203.jpg
ここも芦浜と同じく相当奥までゴミが打ち上げられるんだろう。



10.06キロ(2.26キロ) 待望の塩竈浜に到着。
P2231204.jpg

通ってきた軌跡。
P2231205.jpg

誰一人いない浜。
P2231219.jpg
P2231211.jpg

水の透明度は ・・・・・・・・・・
P2231214.jpg
P2231215.jpg
透き通った薄いエメラルドグリーン色。2週間前に行った芦浜より透明度は高い。
芦浜より外洋に面しているので澄んでいるんだろう。
今までたくさんの浜を訪れたが紀伊半島で一番水のきれいな浜といってもいいだろう。
塩竈浜と芦浜、どっちがいいか?
アプローチのワイルド度では芦浜かな。
水の透明度では塩竈浜か ・・・・・・・・・・
なかなか甲乙つけ難い。

砂利の大きさは芦浜より微妙に大きいんじゃないか。
P2231217.jpg
帰りは、来た道を戻り、途中、阿曽浦、大方竃の集落を回って帰った。

当日のGPSログ ( クリックすると拡大します )
5568787jj.jpg





帰りに立ち寄った店。 『 たまり場 』 
実は2年前に大紀南島林道を走って立ち寄った時、美味しかったので再び寄ることにした。
P2231260.jpg
P2231261.jpg

頼んだのは刺身定食1000円。この店ではこれしかないだろう!!
P2231256.jpg
P2231259.jpg
今日の刺身はシビ ( ビンナガマグロ )。
とても美味しい。
シビは庶民の魚であるが、魚の入手経路、調理方法に店主のこだわりがあるんじゃないか。
だからスーパーで売っている刺身とはものが違う。
二回食べて、二回とも美味しかった。
立ち寄る価値は十分あるだろう。



◎まとめ
2013年2月23日
走行距離 26.68km
走行時間 2時間18分15秒
平均速度 11.5km/h
最高速度 41.7km/h

駐車スペースから塩竈浜まで2キロ余り。
緩やかに登って緩やかに下っていくので、軽いノリでハイキングするのもいいんじゃないか。
一方、林道は窪んでいるポイントが多いので自転車はちと辛い。
窪みさえなければ最高の道なんだが。
志摩半島南部には、徒歩でしか行けない美しい浜がたくさんある。
芦浜は姫越山、塩竈浜は局ヶ頂とセットでトレッキングコースが組まれてるようだ。
単純な登山に飽きた人は、この山と浜の組合せコースを試されてはいかがだろう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.