我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

シマノ PD-M520

2013-02-05
Top Page29インチMTB シューズ・ペダル
ロードバイク29erMTB 用に PD-M520 を2セット買った。
PA290233.jpg
PA290234.jpg
PD-M520 も他のペダルと同様にクリートが付属している。



2セット、それぞれの重さを測定する。
PA290235.jpgPA290236.jpg
372グラムと373グラム。さすがシマノ製、精度が高い。
おまけにカタログ値380グラム。実測値がカタログ値より少し軽かったので得した気分になった。



ロードバイクにはシマノOEM部品PD-M505 を使っていた。
PA300264.jpg

交換後。
PA300268.jpg



29erMTB・TREK Superfly ALにも PD-M520 を装着。
PB190728.jpg



PD-M505 の拡大写真。
PA300266.jpg

26インチMTB で使用中の PD-M780
P3301295.jpg

PD-M520
P3301299.jpg

PD-M505 はシマノ製であるがOEM部品であるため市販してないようだ。
KONA製のミドルクラスのMTBに標準装備されている。
僕の記憶では7年以上前からKONAのMTBに付属している。
写真で見る限りクリートが引っ掛かる金具の部分は PD-M520 と PD-M780 が同じ型で、PD-M505 は別の型のようだ。
前にも述べたがこの型の違いによって明らかに PD-M520 ・ PD-M780 の方が PD-M505 よりもクリートを挿入しやすい。
またカタログ写真を見る限り PD-M545、PD-M424、PD-M324 は PD-M505 と同じ型なので
挿入性能に関しては多少割り引いたほうがいいだろう。
一方、 PD-M520 のペダル踏面は、どうだろうか??
PD-M520 と PD-M780 の踏面を赤印で囲んでみた。
PD-M780 の方は赤印で示したとおり靴の跡が付いている。
一方、PD-M520 の方は、赤印で囲んだ部分に靴の跡が付いていない。
シューズの底がペダルに接触する面積が大きいので実際に踏んでみた感触は
PD-M520 より PD-M780 の方が微妙であるが僅かながら安定感がある。
ただ、それが自転車のスピードアップに繋がるかというと、さらに微妙な話になってくる。
個人的には、ほとんど変わりないんじゃか ・・・・・・・・・・ そんな感じだ。
海外通販のChain Reactionでは ( 平成25年3月31日時点 ) 、PD-M520 が2251円、PD-M780 が5787円。
PD-M520 はシマノ製ペダルの中ではダントツの安さで、この値段でクリートも付属してくる。
この安さであれば約30グラム重いが走力は、ほとんど差のない PD-M520 も一つの選択肢になってくるんじゃないかな。
ただ塗装は PD-M780 にくらべ非常に安っぽい。
外観を気にされる方はちょっと注意された方がいいだろう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.