我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

林道三瀬川清水線 ( 和歌山県有田川町 )

2013-01-06
Top Page林道ツーリング、サイクリング和歌山県
2013年1月1日走行



昨年12月は例年に比べ寒かったので林道探索する機会に恵まれず、なんと今年の元旦に走ることになった。
走り始めは自宅から手頃な距離にある和歌山県有田川町の林道三瀬川清水線を走ることにした。
当日の走行ルート http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=c748b2691684f385938b8d88989fada9



出発地点は有田川町清水の国道480号と県道19号の分岐点。
P1010951.jpg
阪和道・有田ICより国道480号を走ってきて点滅信号を右折する。
いつも通り出発地点より距離を計測する。



1.08キロ 県道19号を少し走って林道三瀬川清水線の分岐点を右に入っていく。
P1010953.jpg
P1010954.jpg



2.08キロ 林道に入って川沿いに10%前後の登り坂がつづく。
P1010956.jpg
視界は開けず単調な杉林の中を走っていく。
ちょっと先の2.2キロ地点ぐらいから勾配は緩くなってくる。



2.45キロ ここで湧き水をゲットした。
P1010959.jpg
P1010958.jpg



3.39キロ この地点でやっと視界が開けてきた。
P1010960.jpg

北西方向を眺める。
P1010961.jpg
手前の山は立伍山(948.6m)、一番奥の山は高野山付近の弁天岳(984.5m)じゃないかな。

通ってきた道を振り返る。
P1010962.jpg



3.46キロ 今度は南西方向に開けてきた。
P1010965.jpg
遥か向こうにポツンと見える突起物はごまさんスカイタワーかと思ったが、
後で調べたら城ヶ森山(1268.8m)の頂上付近にあるアメダスのレーダーのようだ。



3.66キロ 最近の林道ではよく見かける携帯電話のアンテナが出現。
P1010966.jpg
今までいろいろな林道で携帯アンテナを見たがauではなくドコモが圧倒的に多いような気がする。
P1010967.jpg
この先、もう一本携帯のアンテナが建っていた。
携帯のアンテナがある限り三瀬川清水線は廃道にならないだろう。



4.63キロ この付近で林道の最高海抜地点 ( 580m ) に達したようだ。
林道の両サイドは木に覆われ見晴らしはない。
P1010968.jpg
P1010969.jpg
通ってきた道を振り返るとダートの盲腸林道があった。(緑矢印)
この林道も国土地理院の地図には載っている。



5.11キロ 三瀬川清水線の唯一の名所、 「 五社山地蔵の辻 」 に到着。
P1010970.jpg
赤矢印のところにお地蔵さん、緑矢印のところに復元された道しるべ、
青矢印のところに三瀬川清水線の終点の看板があった。

お地蔵さん
P1010971.jpg
地蔵さんの右隣にある案内板を拡大する。
P1010972.jpg
この説明文を読むと1980年ぐらいまでは、ここが遠足の常連ポイントであったと書いてある。
こんな山奥まで生徒たちは歩かされたんだな。自転車でも結構しんどかったのに歩いたら相当疲れるだろう。

復元された道しるべ    緑矢印方向に残っているシングルトラックの山道は昔の街道だろう。
P1010979.jpg
P1010978.jpg

ここで三瀬川清水線は、あっさりと終点になる。
P1010975.jpg



5.69キロ 複雑な八の字の交叉路に遭遇した。
P1010980.jpg
どちらに行こうか迷ったが、ここは赤矢印方向を走って県道182号に向かうことにした。
緑矢印へ進むと集落林道三瀬川清水線になるようだ。
「 集落林道 」 と 「 林道 」 とは意味が違うんだろうか?

10メートルほど歩くと、左進めば三瀬川、右に進めば日物川・境川の標識がある。
P1010982.jpg

通ってきた道を振り返る。
P1010981.jpg
国土地理院の地図では、紫矢印に進めば県道181号にでるようだ。



6.02キロ 養豚場の中を通り抜けていく。国土地理院の地図にも載っており大きい養豚場だ。
P1010983.jpg
先程の八の字交差路よりアスファルトではなくコンクリート舗装の道がつづいてる。
この道は林道というよりは作業道のような雰囲気だ。


7.00キロ 一瞬ダートになるが100メートル先には再びコンクリート道になる。
P1010984.jpg

通ってきた道を振り返る。
P1010985.jpg



7.40キロ 100メートル手前から再びダートになったが、まさにコンクリート舗装の工事中であった。
P1010986.jpg
もちろん本日は元旦なので作業の人はいない。



8.57キロ 県道182号との交叉路に到着。右方向に切り返して進んでいく。
県道182号も直前走ってきた林道と同様に1車線の細い道路だ。
P1010988.jpg
左側には道案内の標識と 「 200m先、舗装工事の為、通行止、H25年2月16日まで 」 という注意書きがあった。
P1010990.jpg
先程通った作業道のダート区間は残すところ約300メートル。春には完全舗装化されてるんじゃないか。



9.85キロ 境川の集落に降りてきた。右側にはシュロの並木。紀伊山地らしい風景だ。
P1010992.jpg



11.31キロ 二川ダムが見えてきた。向こうに見える橋を渡り国道480号を走っていく。
P1010994.jpg

ダム湖の水は、いかにも雨水で濁ったようなコバルトブルー色をしていた。
P1010996.jpg



14.59キロ ツーリング終点の道の駅・あらぎの里に到着。
P1010997.jpg
さすがに本日は元旦なので道の駅は完全休業していた。



◎まとめ
2013年1月1日
走行距離 14.59km
走行時間 1時間7分51秒
平均速度 12.9km/h
最高速度 42.2km/h

林道三瀬川清水線の延長距離は4.03キロで完全舗装化されている。
御覧の通り見渡せるポイントは極めて少なく単調な針葉樹の森の中の林道である。
唯一、 「 五社山地蔵の辻 」 で歴史を感じるぐらいしかないだろう。
ダートはないのでMTBは必要ない。
ロードバイクで 県道19号→林道三瀬川清水線→集落林道三瀬川清水線→国道480号 と
今回走ったコースより大きく周回したほうが、まだましだ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.