我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

TREK Superfly AL を分析する ( その4 )

2012-12-14
Top Page29インチMTB Newバイク紹介
その3からのつづき http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-294.html



Superfly AL の分析シリーズも最終回。
今回は完成車で一番手を抜くホイール周りを分析する。

前輪
PB030304_20121202100600.jpg

後輪
PB040371_20121202100601.jpg

まずクイックシャフトの重さを測定する。
PC050812.jpgPC050810.jpg
前ハブ側は15ミリアクスルで71.0グラム。 後ハブは73.0グラム。



リアスプロケットは Shimano CS-HG62-10 ( 11-36T )
PB040374.jpg
PB040375.jpg
CS-HG62-10 はシマノHG-X系10段スプロケットの中では廉価品。

カタログ値の重量は451グラムだが実測値は457グラムであった。
DSCN0233.jpg
ギア一枚が薄くなったとはいえ、9段にくらべ10段のスプロケットは純粋にギア一枚増えるので重い。
個人的には、軽いヤツ希望であったが20万程度の完成車では仕方ないだろう。



次はハブからディスクローターを外す。
ローターの固定方式はセンターロックであるが、
ロックリングはシマノ純正品ではなくボントレガー製の見慣れないヤツであった。
PB030307.jpg
『  どうやって外すんだろう? また特殊工具か ・・・・・? 要らん出費がかかる!  』   と思って一旦あきらめる。
翌朝、目が覚めてふと閃いた。この形は何処かで見たような ・・・・・・・・・・
シマノホローテックのBBカップに似ている。

家にあるホローテックII BBユニット取付け工具・TL-FC32で試してみるとあっさり外れた。
PB040385.jpg



ディスクローターは Shimano SM-RT54  前が180ミリ、後が160ミリ。
シマノバイクギアカタログによると180ミリが1065円、160ミリが792円と
シマノディスクローターの中では一番エントリーグレードのモデル。
PB040391.jpg
PB040392.jpg
メタルパッドを使うとローターが急激に磨り減るので 「 RESIN PAD ONLY 」 と表示されている。 (赤印)
SM-RT54 はステンレスの焼きが甘いようで耐久性が劣る。
僕はSM-RT54で十分だがヘビーユーザーを満足させることはできない。
PB040388.jpgPB040389.jpg
重さは180ミリで164グラム、160ミリで142グラム。



ボントレガー製のロックリング
PB040394.jpg
PB040393.jpg
PB040395.jpg
重さはペアで19グラムであった。



ハブはボントレガー製。
カタログには 「 alloy axle・Bontrager sealed cartridge bearing 」 と記載されている。
カートリッジシールドベアリングを分解するには専用工具が必要だろう。
シマノ完組ホイールのカップ&コーン式のように自分でグリスアップすることは難しいんじゃないか ・・・・・・
フレームのグリーン色に合わせてハブはグリーンメタリック色にカスタマイズされている。
前ハブの寸法は100mm×15mm
PB040409.jpg

後ハブの寸法は135mm×10mm
PB040412.jpg



リムは Bontrager Mustang。
ノギスで計測するとリム外幅が23.3-23.5ミリ、リム内幅が18.8-18.9ミリであった。
PB030308.jpg
前後ともスポークは28本。スポークの太さは15番(1.8ミリ)と細めである。

TLR ( チューブレスレディ ) のシールが貼ってあるが ・・・・・・・・・・
PB040379.jpg
タイヤを外してみるとリムテープが巻いてありスポーク穴(赤印)も開いたまま ・・・・・・・・・・
PB050447.jpg
TLR ( チューブレスレディ ) のリムは専用キットを使用してチューブレス化しなければならない。
シマノ完組ホイールのように直ちにチューブレス化できるUSTとは少し意味合いが違う。
チューブレス対応(TLR) とチューブレス対応(UST)の言葉の違いに注意しなければならない。

そうしたら、専用キットを使えばどんなリムでもチューブレスレディになるんじゃないか!
という意見もでてくるが ・・・・・・・・・・・・・・・
PB040425.jpg
チューブレスレディのリムは、タイヤのビートが引っかかるビート坐(緑矢印)が
クリンチャーリムのビート座に比べ平たく、幅広いと思う。 ( ※ビート座の幅は1.5-2.0ミリであった )
この幅広いビート座がタイヤのビートに滑らかに接触してエア漏れを防いでると思う。 ( 間違ってたらゴメン )


最初は目の錯覚かと思ったが、よく見てみると2つの緑矢印の幅が違う。
PB050451.jpg
リムのこの部分の名称はわからないが、明らかに左右非対称である。
どういう効果があるか不明だが、幅の大きい側は前輪はローター側、後輪はスプロケット側であった。

ホイールの振れ・張力をチェックした。
PB050452.jpg
後ホイール   たて振れ 1ミリ強 よこ振れ 1ミリ未満

僕の経験上、完組ホイールの精度まではいかないが手組ホイールとしては上等だと思う。

張力 スプロケット側138-155   反対側 80-111

なお前ホイールは15ミリアクスルなので残念ながら振れ取り台が使えなかった。


気になるホイールの重量は ・・・・・・・・・・
P7132029.jpgP7122028.jpg
前ホイールが821グラム。 後ホイールが1073グラム 。 よってペアで1894グラム。

ホイールは、スペック的にはオールマウンテンでなく完全なクロスカントリー向け。
ペア重量1894グラムと、完成車に付いてるホイールとしては軽い方。
ハブがグリーンメタリック色にカスタマイズされているので、
他のMTBで使うとファッション的にチグハグになってしまう。
Superfly AL で使い潰すしかないだろう。



リムテープは前後ペアで39グラムであった。
PB040405.jpg

チューブはKENDA製の29×1.9/2.3
PB040401.jpg

重さは174グラムと176グラムであった。
PB040402.jpgPB040403.jpg
29インチのチューブは重い。エアボリュームが大きいので仕方ない。



タイヤは Bontrager 29-1 Expert, 29x2.2"
最近、ボントレガーはMTBタイヤをモデルチェンジしてグレードアップしたようだ。
完成車によくあるワイヤービートではなくアラミドビート。
PB040381.jpgPB040383.jpg
PB040384.jpgPB040382.jpg
推奨空気圧は30psi-50psi。
タイヤのパターンからは想像できないが方向性パターンを採用している。
PB030349.jpg
真ん中のロブが連続してないので、舗装路では転がり抵抗がありそうだが、
実際に走ってみるとノブが低いため転がり抵抗は少ない。
公園などを走ってみると砂の巻上げが凄まじく、ダートではかなりグリップしそうだ。

重さは627グラムと644グラムであった。カタログ値は630グラム。
PB040399.jpgPB040400.jpg
後、タイヤをホイールに装着し空気圧50psiに設定してタイヤ幅を4点で計測した。
( タイヤのノブは含めない )
54.1ミリ、53.8ミリ、53.7ミリ、53.7ミリであった。 直径は740ミリであった。
29インチタイヤのエアボリュームは半端じゃない。
エアボリューム、重さ、グリップ力を総合的に判定すると個人的にはいいタイヤだと思う。

ところでタイヤ幅に興味のある人は僕含めて少数派だと思っていたが、THAT'S REAL MTB! 2 にも
29インチタイヤの特集があり各タイヤのタイヤ幅のデーターが詳細に書かれている。
PC020791.jpgPC020792.jpg
興味のある方は是非ゲットしよう。



パーツスペックを単純に較べるとGIANTの29インチハードテイルよりコストパフォーマンスは落ちるだろう。
個人的にはハブ、サドルクランプ、シートポストクランプ、フレーム塗装などを共通部品化して
少しでもコストを下げてほしいが全体としてのデザインを重視したのだろう。
一方、独自のG2ジオメトリー、カスタムオフセットフロントサスなどにもコストがかかっており、
ここがトレックのセールスポイントというか僕も期待した部分である。
あとはアメリカの名門老舗メーカーとしてのブランド料も含まれてるんじゃないかな。

カスタマイズのセッティングを終え、家の周りの舗装路で走ってみた。
ここ2年は26インチMTBにしか乗ってないので体が26インチに慣れきっている。
最初に感じたことは、タイヤ径が大きいので26インチに比べ速度が落ちにくい。
要するにタイヤの慣性力が26インチにくらべ大きいのだ。
意外と漕ぎ出しの鈍さは感じない。
Bontrager 29-1 Expert のタイヤパターンを見てると転がり抵抗がありそうだが、
26インチタイヤのMAXXIS モノレールよりも少なく感じる。
タイヤのパターン、うんぬんではなく、より大きなタイヤ径が転がり抵抗の減少に貢献しているようだ。
舗装路だけで較べれば26インチよりも実質5%は速い。
ダート走行のアプローチに舗装路を長々走る人には大きなアドバンテージになりそうだ。

一方、肝心のダート走行は今のところ走ってないので何とも言えない。
特に29インチの鈍さが、どれだけG2ジオメトリーで解消されるのか興味深いところである。
なんとか正月までにはダート走行して、ここで追記したいと思う。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

レーさん、こんばんは
tomotomojaです。
4回にわたって詳細なレポートありがとうございます。
メカ素人の僕にとって分からないところも多々ありましたが、それでも詳しいレポートいろいろ参考になります。
特に、15QRの構造は良く知らなかったので勉強になりました。
後々の試乗インプレも楽しみにしております。

tanpopoさまへ

おはようございます。
いやいや僕も15QRは全くわからなかったので、勉強のために詳しく書かせていただきました。(o^。^o)
メカの方も理解を深めればおもしろいですよ!
2-3日におきに近所のアスファルトは走ってるんですが、なかなか山にいく時間がなくて。
なんとか年末までに頑張ってみます。

評価レポート参考になります。

初めまして、メールします。
Trek superflyの評価報告書参考になります。
当方もいろいろなメーカの自転車を検討したのですが
最終的には貴殿の報告書を参考にさせてもらい最終的に
TREK Superfly AL Elite(29er) 2013モデルをだいぶ前に
購入しました、購入してからずーと乗っていなかったのですが
ようやく数ヶ月前から乗り始めました。
それまではBD-1とブロンプトンが中心で、
今でも時々乗っていますが。
街乗りが中心ですがタイヤが大きいので
ちょっとした段差も問題無いので助かります。

Superflyもいろいろ改造されてXTRの部品や
その他色々改造されているみたいですが、
改造部品(XTR等々)はいかがですか?
使った感想を教えていただければ幸いです。
当方もグレードアップには興味がありますので。

bicyclefanさんへ

そうですか。2013モデルを数ヶ月前に乗られましたか!
僕も最近は林道に行ってないので街乗りで乗っています。
MTBとはいえ、この大径ホイールのメリットは街乗りでも大きいですよ。
エアボリュームが半端じゃないので乗り心地がいい。
従ってロードバイクに比べ疲労が少ない。
ロードに比べスピードは5%前後ぐらいダウンするけど、
それを埋め合わせる以上の疲労軽減効果があると思います。

あとロードは前傾がきついので2-3週間乗らなかったら筋力低下して
次回乗るときがしんどくなるが、楽なポジションのMTBはそんなことはないです。

XTR------
正直、XTR自体の軽さや剛性の高さのメリットは全く感じませんが、(笑)
アウター44Tのメリットは街乗りで、ひしひしと感じてます。
29を街乗り中心で使われるなら、
出来る限りアウターの大きなギアをお薦めします。




回答ありがとうございます

回答ありがとうございます。
あまり、違いは感じられなかったですか。
おっしゃる通り、ギアは44で走っています。
時々荒川自転車道を走りますが、土手の芝生坂
は簡単に登るので気分がいいです。
ロードはこうはいか無いです。

当方、当初ロードがいいかなと思っていたのですが
前傾になるたと首が曲がり、首が痛くなりロードは
諦めMTBにした次第です、若くないものですから
あちこちガタがくると大変です。
当方のSuperflyもアップライトのステムに変更して
EastonのEC70の軽いアップのバーにしてハンドル部を
高くして首への負担を小さくしています。
Eastonの情報も貴殿のブログから知り購入した次第です
有用な情報非常に助かりました。

日本はロードが中心でMTBはあまり人気が
ないのは残念です、アメリカではMTBが主流で
ロードを乗っている人は非常に少ないのに。
まあ、道路事情がありますが。

先日、Ys road赤坂にいったら、2014モデルの
Superfly 9.9 SL XTRがあり定価は105万円
で60万円になると言われましたが手は出無いです。
重量は9kgで軽くて魅力ですがクランクギアは
38/26と小さいのがついていました。
Ys roadでもMTBは縮小でRoadが主と言ってました。
赤坂は外人の客が多いのでMTBはそこそこ人気があると
言ってました。

最近八ヶ岳に行かれたのですね、結構魅力ある場所ですね。
当方はオートバイで以前行きましたが結構良かったです、
自転車で行く元気はないですが。

Re: 回答ありがとうございます

bicyclefanさん、返事が遅くなってスイマセン。
単なる自己満足も兼ねてXTRのクランクを買った訳ですが、
クランクなので、少々の軽量化では違いは感じません(笑)
やはり金を投資して素直に違いを感じることのできるパーツはホイールしかないですね。


> 当方、当初ロードがいいかなと思っていたのですが
> 前傾になるたと首が曲がり、首が痛くなりロードは
> 諦めMTBにした次第です、若くないものですから
> あちこちガタがくると大変です。
> 当方のSuperflyもアップライトのステムに変更して
> EastonのEC70の軽いアップのバーにしてハンドル部を
> 高くして首への負担を小さくしています。
> Eastonの情報も貴殿のブログから知り購入した次第です
> 有用な情報非常に助かりました。

ほんとそうなんですよね!
ロードは前傾きついんで、僕も長距離乗ると首が痛くなりますね。
とりあえず最初の一台としてMTBを選ばれたのは賢明かと思うし29インチなので待ち乗りでもそんなに遅くはありません。
ライザーバーに交換されてハンドルを上げられましたか。最初はそれでいいんじゃないかと思います。
今後、当初の予定よりも乗り込み体幹の筋力がアップすると逆に物足りなくなるかもしれないので、
その時は元のハンドルに戻せばいいわけですから。



> 日本はロードが中心でMTBはあまり人気が
> ないのは残念です、アメリカではMTBが主流で
> ロードを乗っている人は非常に少ないのに。
> まあ、道路事情がありますが。
>
> 先日、Ys road赤坂にいったら、2014モデルの
> Superfly 9.9 SL XTRがあり定価は105万円
> で60万円になると言われましたが手は出無いです。
> 重量は9kgで軽くて魅力ですがクランクギアは
> 38/26と小さいのがついていました。
> Ys roadでもMTBは縮小でRoadが主と言ってました。
> 赤坂は外人の客が多いのでMTBはそこそこ人気があると
> 言ってました。


正直、買値30万オーバーでは、なかなか手が出ないですね。
フロント2枚だと、どうしても2枚ですべてをカバーしようとするのでフロントアウターの歯数は小さくなってしまいますね。
そういう意味では、僕のXTRは2枚なのにアウター44Tなので貴重なパーツ???と言えそうですが、
実は、26インチMTB用のパーツかと思います。

> 最近八ヶ岳に行かれたのですね、結構魅力ある場所ですね。
> 当方はオートバイで以前行きましたが結構良かったです、
> 自転車で行く元気はないですが。

そうですか。バイクで行かれましたか。全く関係ないですが、実は今、僕はバイクの免許取得中です。
そしたら今年の夏は是非、TREK Superfly AL Elite 29er 2013を持ち込んで八ヶ岳を走ってみてください。

ホイールが重量軽減

レーさん、こんばんは。

ホイールが重量軽減に役立ちますか。
もし、オススメのホイールがありましたら
教えていただけないでしょうか?
メーカー名と型名等??、もし可能でしたら。
軽い方が移動の時に便利ですので。

それと、外側のチューブ(黒ゴム部分)
も少しは重量軽減になるのではと思うのですが。

バイクの免許取得中のことですが、
バイク結構楽しいですよ。
当方はヤマハのマゼスティ250CCですが
物がたくさん入り、後ろにもヘルメットが
二つ入るボックスをつけているので沢山
収納できるので重宝しています。
バイクの後ろには家内や折りたたみ自転車を
載せています。折りたたみ自転車は後ろに
のせれるので結構重宝します。
当方はバイクの免許は最初に400cc(中型免許)を
取得した後に大型免許(無制限)を取得しました。
最初から大型免許を取ろうと思ったのですが、
難しいからと言われ最初に中型を取得しました。
細い一本道の運転が難しかった記憶が。
それと横になっているバイクを起こすのは
750CCは結構大変でした。
当初ハーレーのオートバイを購入しようと思ったのですが
音がうるさく、よく壊れると聞いたので断念しました。
スクーターはギアのクラッチがないので良いです。
逆にギア変速がないと物足りないという人もいますが。
ギア変速には結構握力が必要なので頻繁な変速は
結構手が疲れます。

それと、REAL MTBの雑誌は3まで購入して結構参考に
なりましたが、4は出なかったですね、残念です。

MTB27.5inchもいいなあと最近は思っています。
それと先日ヤマハから発売された電動のロード自転車
見てきました。結構カッコよかったです。
重量も15kg台で105のコンポ使用。
これからは電動自転車が主流になっていくのかなと
と思った次第です。




bicyclefanさんへ

こんばんは。

>もし、オススメのホイールがありましたら教えていただけないでしょうか?

僕の数少ない経験上からの話になってしまいますが、
やはり軽量ホイールの性能をはっきり体感するには、
定価で10万ぐらいからのホイールになってしまうと思います。
僕の過去記事にも書いてある通り、Easton EA90 XC 29er などでもいいですし、
シマノでは、最近販売されたWH-M9000-TL or WH-M9020-TL
などもよさそうですね。
XTグレードの WH-M785-F では定価で前後合わせて5万前後なので、
前後の重さが1830グラムと、やはり重くなってしまいますね。
今すぐにゲットするんじゃなく、ある程度、候補をピックアップしといて、
海外通販などでは、時々キャンペーンやセールがあるので、
その時にゲットすれば10万のホイールが6-7万で
ゲットできるかもしれません。
あと、ホイールを買う時はフロント、リアのエンド幅とアスクル径が
ちゃんと適合するかどうか確認しなければなりません。


>それと、外側のチューブ(黒ゴム部分) も少しは重量軽減になるのではと思うのですが。

タイヤとチューブのことでしょうか???
確かに、タイヤを軽量化するのも十二分に効果があると思いますよ。
ただ、あまりにも軽いタイヤは間違いなく、薄くできているので
ダートを走ったときにサイドカットしやすくなりますよ!!!
ダートは走らず、すべて街乗りであれば、
とことんタイヤを軽量化するのも一つの手かと思います。


マジェスティですか!!!
全く関係ない話ですが、知り合いの人が最近155ccのマジェスティを
買いました。
確かにスクーターは収納スペースがあるからいいですね・・・・・


>逆にギア変速がないと物足りないという人もいますが。
ギア変速には結構握力が必要なので頻繁な変速は 結構手が疲れます。

そうですか・・・・・・・
でも、現時点では免許もないし決まったわけではないですが、
このブログのタイトル通り、
オフロードバイク(セロー or XTZ125)を妄想してます! (笑)



>それと、REAL MTBの雑誌は3まで購入して結構参考に
なりましたが、4は出なかったですね、残念です。

ほんと、そうですね。ここ近年に出版されたMTB雑誌では唯一まともですから。
MTB日和は八方美人チックで内容が薄いし、MTBの玄人受けする本がでませんね!


>MTB27.5inchもいいなあと最近は思っています。

僕も乗ってないので、性能はよくわかりませんが、
27.5インチは横から見たシルエットが一番きれいですね。
フレームの大きさとタイヤ径のバランスが一番いいです。
29インチMTBはフレームに比べタイヤ径がでか過ぎますし、
26インチMTBはタイヤ径が小さく感じますね。





シマノの29erホィール

レーさん

情報ありがとうございます。

ホィール、結構いい値段するんですね、
軽量化と費用を考慮すると考えてしまいます。
シマノが29er用ホィールを発売したのは知りませんでした。
今度、見てこようかなと思っています。

オフロードバイク購入を予定されるとのこと
おめでとうございます。ヤマハ仲間が増えて嬉しい限りです。
オートバイは自分の足エンジンに依存しないので助かります。
もしかしたら自転車の出番が減るかもしれないですね。
125CC以下は高速道路が運転できないので注意が必要です。
当方はオートバイを購入した条件として重量(ガソリン満タン時)
が200kg以下のものを購入しようと思っていました。
理由はあまり重たいと転倒した場合に自分一人で起こせないと
命取りになるからです。なぜなら、一人で林道を運転して
こけたら大変で、体に倒れても車体が軽い方が体への
ダメージが少ないからです。
セローは重量が130kgなので軽くていいですね。

MTB日和は中身がないと感じています、
いつも書店で立ち読みだけです。

タイヤとチューブは結構難しいですね。
Real MTBに特集されていた記事が参考に
なった記憶が。

本日、秋葉原にある自転車店に行ったら
23万円でXTRのコンポを搭載して
カスタムMTBで、フレームがカーボンで
前サスのが展示してありました。重量が
8kg後半と聞いてクラクラしましたが、
26inchのタイヤでサイズが小さかったので
萎えてしまいました。
それと、Dahonの折りたたみ自転車が
なんと、105のコンポを使っていて
びっくりしました。進化を感じています。

台場で2/13,14にシクロクロスが開催されます。
去年行った時は確か雪があった記憶が、
今年も行こうと思っています。

bicyclefanさんへ

おはようございます。
ホイールは結構いい値段しますが、お金を投資した分を純粋に体感しようと
思うなら、コンポーネントではなくホイールしかありません。
あと、これも僕の妄想かもしれませんが、定価10万クラスのホイールに
なるとハブの性能が一味違うような気がします。よく伸びるんですよね!!!


根拠ありませんが(笑)、なんとなくヤマハですね!
そんなこと言って、ホンダのCRF250Lなんかを買っちゃたりして・・・・・・・

そうですね。高速が・・・・・・・
ただ、維持費が安いのが魅力ですね。
とくに任意保険が、そこそこ差がついちゃいます。
実際買う段階になったら、125 or 250 で思いっ切り迷うと思います。
でもロードではなくオフロードバイクを選ぶことは間違いないと思いますので、
重量の問題はクリアーできるかと。
ただ、おっしゃる通りバイクがあれば自転車の出番は確実に減りますね。
もしかしら、その前にロードバイクを処分するかもしれません・・・・・

大昔はMTBマガジンという玄人向けの本が長い間出版されていたんですが
廃刊となってしまいました。
( http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-79.html )
やはり日本ではMTB人口が減ったんですね。
量販店でもMTBの現物はロードに比べ遥かに少ないし、
これも時代の流れ、仕方ないですね。

そうですか。26インチでしたか。
今から26を買うのは、よっぽど26インチが好きでない限り
買うべきではないですね。
これからは、26インチパーツは減ってくるし、
見栄の部分で26は古臭いですよ。
やはり我々の年になってくると、乗る本人の実力は差し置いて、
外見は大事ですよ(笑)

MTBマガジン

レーさん
各社のホィール検討してみます、それとハブも。

オートバイは125、250、ヤマハ、本田、どんどん悩んで下さい
購入前にいろいろ調査、試乗検討するのが一番楽しいです。
購入してしまったらーーー。

MTBマガジン初めて知りました。
月間誌? 結構いいみたいですね。
amazonで売っているのを確認しました。
感じるのは書籍よりもネットの情報ほうが
評価が中立で内容が濃いので面白く
為になるので仕方ないのですね、でも寂しいです。
もともとは折りたたみ自転車から始まったのですが
やはり29erのMTBは気に入っています。
そこのけそこのけでよく走り、ちょっとした
段差もなんのそのなので。
当面は乗りこなしていこうと思っています。
当方のエンジンでは30km/hがいいところです。
荒川の自転車道路では40km/hだしましたが
長続きは無理でした、年には勝てないです。

bicyclefanさんへ

こんばんは。
まだ二輪教習、4/17しか行ってませんが、
いろいろ妄想してみます!!!

御覧のとおりアマゾンでも古本で売っていますし、
ヤフオクでも出品されてますね。
ちょっとヤフオク覗いてみましたが、
5-6年前に比べMTBマガジンの出品数が、
かなり減っちゃいましたね。
時々、数冊まとめて出品されるのがあるので、それが狙い目かも・・・・・
ただ、どっちにしても情報が古くなってしまったので、過度な期待は禁物かと。

まあ、雑誌は広告主の機嫌をとらなければいけないので、
本音で書けないことも多いです。
そういう意味では、ネットの情報が的を得ているのかもしれません。

前にも言いましたが、スタイル、バランスから言えば、
27.5インチが一番美しいけど、悪路の走破能力は29が一番です。
だから、僕も29インチ、今のMTBが一番気に入っています。
今更、言っても仕方ないけど、唯一不満な点はリアアスクルが
135×10であること。
やはり、最新の142×12がいいです。
僕のレベルの走りでは全く関係ないですけど最新の規格にはこだわります(笑)

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.