我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

林道東俣線 (その2)

2012-09-13
Top Page林道ツーリング、サイクリング東海地方
その1 ( http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-277.html ) からのつづき。



18.68キロ 滝見橋に到着した。橋を渡る直前に荒川岳(3141m)への登山道の入口がある。
P8250499.jpg

橋を渡り左側を見下ろすと広くて大きな淵があるが、渓流釣りポイントとしては開けすぎてるような感じ。
P8250500.jpg



20.24キロ 湧き水がある西斜面の日陰で昼飯を摂ることにした。
P8250473.jpg

通ってきた道を振り返る。紫印は湧き水。水温は11.5℃と冷たく熱くなった体に丁度よかった。
P8250474.jpg
林道東俣線の日陰は快適空間。冷たい風がスーッと流れてくる。



20.95キロ 左側を見下ろすと発電所らしきものがある。
P8250475.jpg
P8250476.jpg
なぜかこの施設は地図には載ってない。



22.45キロ 左側には清水平・見晴台への林道の分岐点がある。
P8250477.jpg

橋の手前にはガッチリしたゲートで閉ざされている。両サイドを見回したが歩行者も容易に入れないようだ。
P8250478.jpg



23.57キロ 依然、林道は大井川沿いにつづく。
P8250479.jpg

左側を見下ろすと、思わず渓流竿を出したくなるポイントであった。
P8250480.jpg

左側を見上げても赤石岳は全く見えないが、
好天と澄み切った空気のおかげでコンパクトカメラでもくっきりとした写真を撮ることができた。
P8250482.jpg



25.55キロ ここまで林道沿いは広葉樹の林であったが針葉樹(カラマツ or シラビソ)の林に入った。
           一直線の気持ちいい高速フラットダートであった。
P8250483.jpg



27.25キロ 右に曲がれば伝付峠へ通じる林道へ入る。
P8250497.jpg

東海フォレスト管理のゲートで閉ざされているが両サイドは容易に人が通り抜けれる。
P8250498.jpg



28.29キロ 二軒小屋ロッヂへの分岐点に到着。右に進めば二軒小屋。
P8250484.jpg

分岐点に二軒小屋の案内図があったので記録しておく。
P8250485.jpg



28.67キロ 小さな橋を渡った直後、林道は右に曲がって田代ダムへ登っていく。
P8250487.jpg

左側には大きな滝があった。滝の名前はあるのだろうか?
P8250486.jpg



28.86キロ 舗装された急坂を登って田代ダムに到着。奥に見えるのが田代ダム。
P8250488.jpg
中部電力ではなく東京電力の管轄であった。



29.04キロ 田代ダム湖はきれいなコバルトブルーであった。
P8250489.jpg
この付近のダム湖はコバルトブルー色をしているのは、もちろん水がきれいなせいもあるが、
大井川水系特有の土質によるところが大きいのではないだろうか。


29.26キロ 二軒小屋トンネルに入る。
P8250490.jpg
トンネル内は天然クーラーであった。



二軒小屋トンネルを出ると林道は東俣方面と西俣方面に分かれる。
どちらに行っても約1キロで行き止まり。
ここは少し興味のある二軒小屋発電所がある西俣方面を目指すことにした。



29.73キロ 二軒小屋トンネルを過ぎてからは坂も急になり道はガレてくる。
                強烈な日差しが追い討ちをかけ、ついに降車して自転車を押してしまった。
P8250491.jpg
この付近では発電所のタービンの音なのか、低周波の音が不気味に響いていた。

荒川岳方向を見上げてみたが、手前の尾根にブロックされて何も見えない。
P8250492.jpg



30.48キロ 最終目的地、二軒小屋発電所に到着した。
P8250496.jpg
ここが林道の終点だと思っていたが、まだ先に伸びている。(緑印)

そばに地図があったので記録しておいた。
P8250493.jpg
さらに2275メートル、林道の延長工事をしてるようだ。それも平成26年1月31日までと工事期間も長い。

さすがに発電所は中部電力管轄であった。
P8250494.jpg

通ってきた道を振り返る。
P8250495.jpg
なお、ここまでの所要時間は2時間18分35秒、平均速度13.2Km/h であった。
帰りは、通ってきた道をそのまま帰った。



◎まとめ
平成24年8月25日
走行距離 60.99km
走行時間 4時間2分44秒
平均速度 15.0km/h
最高速度 37.8km/h

林道東俣線の前半部は期待したとおり3000メートル級の山々の景色を味わえたが、
椹島ロッジより以遠は手前の尾根にブロックにされて見通しは全く効かなかった。
このあたりは事前に地図を見て想像したイメージとは大違いであった。
また周囲に日本100名山がたくさんあるので、
白馬の大雪渓のように登山客が林道をゾロゾロ歩いているかと思ったが、
実際には林道の往復にて出会ったのは10人にも満たなかった。
登山客のほとんどは東海フォレストのバスに乗っており、絶対的な人の数が北アルプスより全然少ないみたいだ。
このように事前のイメージとは違ったところもあったが、
関西人の僕にとっては、山々の奥深さ、長々と続く高速フラットダートが新鮮であった。
林道ツーリングが好きで身近なところしか行ったことがない方は、
この山深い林道東俣線を、是非リストに加えていただきたいと思う。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

レーさんこんにちは。
ここの林道、すごく良さそうです。一度走ってみたいのですが、 ここは冬でも走れますか? 当方、愛知県なので、早朝に出れば日帰りで行けそうです。いろんな林道を紹介してくれて本当にありがとう。ご興味があれば、私の知っている林道も紹介しますよ。

あひるさんへ

あひるさん、おはようございます。
林道東俣線は僕も絶対お薦めしますよ。
距離が長くて、激坂がなく純粋に走りが楽しめる。
山々の風景が抜群にいいです。
あと、絶対天気のいい日に行ってください。
冬場の走行ですが、
林道東俣線の起点の畑薙第一ダムで海抜950メートル。
林道の奥で1400-1500メートルなので、たぶん冬は雪が積っていると思われるので無理かなと思います。
あと、林道東俣線の登山バス(http://www.t-forest.com/alps/attention.html#name-bus)も今月初めで運転終了みたいです。
僕も想像でしか物が言えないので、現場を管理している東海フォレストに問合せてみるのが確実かと思いますが・・・・・・

よければ教えてください。
お薦め順に、ずらっと教えていただけるとありがたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.