我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

林道南赤石線 (静岡県川根本町)

2012-09-15
Top Page林道ツーリング、サイクリング東海地方
走行日 平成24年8月26日



林道南赤石線は川本根町上長尾の国道362号の分岐点から始まり、
途中で延長3516メートルの林道蕎麦粒線をはさんで前黒法師岳(1943m)の近くまで伸びている長い林道であるが、
今回のツーリングにて南赤石線には林道南赤石線と国有林道南赤石線の2種類があることがわかった。
国道362号から大礼山肩登山口までが林道赤石線、
大礼山肩登山口から途中、林道蕎麦粒線を挟んで前黒法師岳まで伸びているのが国有林道赤石線である。

本来なら国道362号分岐点から自転車で登るべきであるが、いかんせん獲得標高が大きすぎるので、
山犬段 ( 標高1404m ) まで車で行き、
そこから始まる国有林道南赤石線の後半部を自転車で走ってみることにした。
当日のルート http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=2b734402322338661efe801952761501


国道362号の分岐点より1キロ前後走った場所に林道南赤石線の標識があった。
P8260582_201602210836301c6.jpg



国道362号より12.8キロ 大礼山肩登山口に到着して南方向を眺める。
                                    写真には写らなかったが遥か向こうに海が見える。
P8260581_20160221083632c26.jpg
大礼山肩登山口には整備されたトイレと駐車場があり一般観光客はここまで来るようだ。
ここから林道南赤石線は国有林道南赤石線に変わる。
国有林道南赤石線よりダートになるがフラットダートなので走りやすい。



国道362号より14.4キロ ここで一旦、国有林道南赤石線は終了し林道蕎麦粒線が始まる。
                                    左 ( 緑印 ) に曲がれば国有林道杉川線。
P8260574_2016022108363373f.jpg
P8260575_201602210836354a2.jpg
この地図を見ると林道南赤石線、国有林道南赤石線、林道蕎麦粒線の位置関係が理解できる。
P8260578_20160221084005e42.jpg
ここは峠ではないが、林道は西斜面から東斜面に切り替わるところなので眺めがいい。
是非、立ち止まって見ておこう。

西側を眺めると国有林道杉川線が見える。
P8260579_20160221084003bb6.jpg

東側を眺めると遥か下に林道藤川線が見える。
P8260571_20160221084004573.jpg


この直後に走った林道蕎麦粒線は相当ガレており普通車ならコツコツ底を擦るだろう。
また至る所で道路補修中であり、少しでも放置しておけば通行止めになるんじゃないか。



国道362号より17.9キロ 山犬段に到着した。ここで林道蕎麦粒線は終了する。
                                   急カーブ連続の坂道を登ってきたので国道から約1時間かかった。
P8260525_20160221084847f59.jpg
山犬段はちょっとした広場になっている。左側に見えるのは避難小屋。
赤印より、再び国有林道南赤石線が始まる。
当日は8月最後の日曜日で、とても天気のいい登山日和であったが停まっていた車は3-4台であった。

通ってきた道を振り返る。緑印に進めば八丁段(1562m)へ行く。さらに歩けば寸又峡温泉に通じる。
P8260524_2016022108484798c.jpg



前々から無人避難小屋に興味があったので探索してみることにした。
P8260528_201602210848453b5.jpg

避難小屋の入口。もちろん鍵はかかってない。
P8260529.jpg

小屋の中に入ってみた。 ( クリックすると拡大します )
P8260531_20160221085019d2c.jpg
一組の山登りの人達が荷物を拡げていた。彼らは何処かに登山してるようだ。
中はかなり広い。20人ぐらいは寝れそうだ。
電気は全くきてない。その代わりランタンを吊るすための針金が天井に数箇所取り付けられていた。(赤印)
掛け時計もある。(青印)
セルフで掃除するための箒とチリトリ(緑印)があった。
みなさん丁寧に使われているようだ。へんな匂いもない。
役所関係の人が定期的に見回りに来てくれているのかもしれないな。

手馴れた登山客で小屋の外ではディーゼル発電機を使ってご飯を炊いていた。
P8260532_20160221085018b0c.jpg




話は大きく脱線してしまったが、国有林道南赤石線の第二の起点より
本題の自転車ツーリングを開始する。

P8260527_20160221090207a18.jpg
なお、ここよりMTBのトリップメーターにて距離を計測する。



0.27キロ ゲートに到着。南赤石林道という表示はあるが一番知りたい延長距離は書かれてない。
P8260533 (2)
P8260533_20160221090205abb.jpg



0.67キロ 北方向を眺める。
P8260535_201602210903052af.jpg
南赤石線は気が遠くなるほど向こうに伸びていく。一番奥に見える尖がり帽子が黒法師岳(2067m)。



0.75キロ 大規模補修箇所。谷底への工事区間は300-400メートルぐらいあるだろうか。
P8260567_201602210903075cd.jpg
P8260569_20160221090304fc8.jpg



1.38キロ 至る所でガレている。無難に降車して通過した。
P8260536_20160221091110537.jpg

北東方向を眺める。前黒法師岳(1943m)(赤印)が見える。
その右側にある南アルプス3000m級の山々には雲がかかっていた。
P8260538_20160221091112f99.jpg



2.27キロ ここもガレている。
P8260539_2016022109110651d.jpg
林道の表面を注意深く見るとキャタピラの跡が残っている。
年に数回、重機が入って整備してるようだ。



2.45キロ 左に曲がれば五樽分岐への登山道に入る。
P8260562_20160221091107591.jpg
P8260563_2016022109110996c.jpg



3.84キロ この辺りより林道は西から北方向に進路を変える。
P8260541_2016022109155795e.jpg

通ってきた道を振り返る。
P8260542_2016022109155230f.jpg



4.91キロ 千石沢登り口に到着。ここより林道は北から東方向に進路を変える。
P8260543_20160221091554b85.jpg

沢があるが水量は少ない。渓流釣りは無理だ。稜線との標高差は小さいので仕方ないだろう。
P8260545_20160221091554b96.jpg



5.60キロ 崩落地点に遭遇。ここはMTBを担いで難なく通過した。
P8260547_20160221091556ae4.jpg



さらに50メートル先の崩落地点。どうも5.60キロの崩落地点より先は重機が入ってないようだ。
ということは、この先荒れ放題だろう。
P8260548_20160221092305e8a.jpg
ここは倒木の上側を迂回して進んでいったが急な斜面なので通過するのに10分ぐらいかかった。
歩きだけならなんとかなるが総重量12キロのMTBはこたえる。
もたもたしてる間に、ちょっと前に抜き去った山歩きのおじさんにあっさりと抜き返された。
抜かれる際に「 何処まで行くんですか? 」 と尋ねると
「 昼飯を摂るポイントまで行く。そこから引き返すよ。 」 というおおざっぱな返事であった。
この先、この山歩きの人に逢うことはなかった。



6.20キロ またまた崩落地点。
P8260551_20160221092306493.jpg

MTBの上側から谷底に向かって覗いてみる。
P8260552_201602210923015e6.jpg

この崩落地点より南東方向を振り返る。
P8260553.jpg
0.75キロ地点にあった大規模補修箇所が見える。(赤印)
緑印は蕎麦粒山(1627m)



6.32キロ 崩落に疲れ果てたためMTBを停めて周囲を散策した。
P8260554_2016022109230459b.jpg
左側に咲いてる花の木は何ていうんだろうか?
P8260556_20160221092505c49.jpg
今回の数日のツーリングにて至る所、平地でも見た花だ。
この時期は花が少ない。どんな花であれ気持ちを和ませてくれる。

周辺を見回してみた。 ブナ林だ。
P8260558_2016022109265147f.jpg

少し先へ歩いてみたが林道は御覧の通り。
P8260560_20160221092651f8c.jpg

東方向に振り返ると八丁段(1562m)が見える。
P8260561_20160221092649628.jpg
せめて山犬段の北正面まで行きたかったが、この先、崩落のオンパレードなので引き返すことにした。



◎まとめ
平成24年8月26日
走行距離 12.75km
走行時間 1時間35分43秒
平均速度 7.9km/h
最高速度 24.5km/h

事前に調べた段階でこういう結果になることはわかっていたが、
自分で確認しないと気がすまない気性なので行ってしまった。
ただ、せめて10キロぐらいは走行できると思っていたが、
重機が入ってないとこんなに荒れ放題とは ・・・・・・・・・・
やはり大井川水系は土地が崩れやすいんだろう。
少しでも放置すると至る所で崩落する。
でも個人的には整備して開通してほしい。
開通すれば前黒法師岳の近くまで延々30キロの壮大な林道になるはずだ。
さらに標高線を読むと極端なアップダウンはなくMTBツーリングにふさわしい林道になること間違いなしだ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

参考になりました

来月、山犬段にはじめて行くつもりです。
去年登った、南アルプス白根南嶺の笊が岳よりも、
多分厳しいと想いつつ、
山犬段から林道経由で、黒法師岳を目指します。
山犬段から、徒歩でテント泊2日の予定です。

舞浜荷駄隊さまへ

おはようございます。
徒歩で林道南赤石線を制覇するんですね!
あの先が、どうなってるのか興味深々です。
雪のほうはだいじょうぶですかね。
レポートを楽しみにしてます。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.