我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

伊留谷林道 (高知県いの町)

2012-06-10
Top Page林道ツーリング、サイクリング中国・四国地方
走行日 平成24年5月20日



奥南川林道からの続き
http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-266.html

当日のコース  http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=8594cd03a839f3dc57d0fa34735782bc



16.18キロ 奥南川林道支線と東奥南川林道と伊留谷林道の丁字路
PENX0264.jpg
奥南川林道支線はここで終わり。右に進めば東奥南川林道。左に進めば伊留谷林道。
左に進んでいく



17.40キロ 依然、大森川ダム湖よりずっと登り坂が続いている。
PENX0271.jpg

南方向に振り返ってみた。
PENX0272.jpg
本日の降水確率は50%。今のところなんとか天気はもっている。



17.52キロ 丁字路に到着。伊留谷林道は直進方向。左に曲がれば、ぐるっと回ってダム湖南岸に達する。
PENX0273.jpg

それぞれの標識を右から順番に記録しておいた。
PENX0274.jpg
PENX0276.jpg
この丁字路より100-200メートル走ったところで伊留谷林道のピーク ( 標高1030メートル ) に達する。
ダム湖付近が標高780メートルなので標高差約250メートルを登ってきたことになる。
その先は県道40号まで下り坂がずっと続く。



17.91キロ 下りに入って北側の視界が開けていた。
PENX0277.jpg

北西方向を眺める。石鎚山、 瓶ヶ森は手前の山が邪魔になって見えないようだ。
PENX0278.jpg



18.85キロ どんどん下っていく。
PENX0279.jpg

振り返ると通ってきた林道が見える。
PENX0280.jpg



19.83キロ 下り側も木々に覆われ視界が開けてるところが少ない。
PENX0281.jpg



20.16キロ 伊留谷を渡った直後に作業小屋があった。廃屋ではなさそうだ。 
PENX0283.jpg

『 無線可能ヶ所 』 という看板が貼ってあった。
PENX0284.jpg



21.19キロ 車にとっては急カーブだがMTBにとっては心地いい。
PENX0288.jpg



22.72キロ
PENX0290.jpg



23.16キロ
PENX0293.jpg

北方向を眺める。
PENX0292.jpg
国道194号分岐点を出発してから久々に見る民家。



24.07キロ 舗装路に変わる。
PENX0294.jpg




24.24キロ 伊留谷林道の起点に到着した。
PENX021295.jpg

PENX0297.jpg



24.35キロ 川を渡って県道40号との交差点に到着。
PENX0298.jpg
標識があったので記録しておいた。
PENX0301.jpg
さらに拡大すると
PENX0302.jpg
先ほど通ってきた林道 ( 伊留谷林道 ) は林道越裏門奥南川線と図示されている。
伊留谷林道は、別名、林道越裏門奥南川線ということなのか??
この地域の林道名はよくわからない。

振り返ると越裏門小学校があった。
PENX0299.jpg
コンクリートの小学校とバックにある新緑の深い山がいい組合せだったので撮ってみた。



◎まとめ

伊留谷林道の全長 8.06キロ

国道194号分岐点から24キロあまり。そのほとんどがダート。
今時これだけ長いダートはそんなに多くない。
大森川ダム湖の南岸を周回すれば約30キロのロングタートになる。
路面状態もよく降車する必要はないだろう。
標高差もほどほどにあり、
『 ダートは体験したいが疲れるのはちょっと ・・・・・・・・ 』
という人にとってはちょうどいいんじゃないかな。
ツーリングマップルのメモ書きはズバリ的中であった。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.