我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

PD-M780 (DEORE XT )

2012-05-04
Top Page26インチMTBシューズ・ペダル
KONA ONE20 deluxe の交換ペダルに シマノ SHIMANO SPD ペダル PD-M780 Deore XT を購入した。
DSC00302.jpg
DSC00304_20120412222300.jpg



今まで使っていた PD-M505 と並べてみた。
DSC00305.jpg
PD-M505 は昔からKONAの完成車によく付属しているペダルである。
シマノのコンポーネントカタログにも載ってないのでOEM部品的な存在なんだろう。



PD-M780とPD-M505の重さを測定した。
DSC00307_20120412222258.jpgDSC00308.jpg
100グラムの軽量化は大きい。
一方、PD-M505は440グラムで両面ペダルで最も安いPD-M520(380グラム)よりも重い。
コスト的にもPD-M505はPD-M520よりもさらに安いんだろう。
ヤフオクでも不要になった未使用のPD-M505をしばしば見かける。



PD-M780を装着した。装着前と装着後の写真。
DSC00299_20120412222600.jpg
DSC00311.jpg
PD-M780のシャフトが細くなったのでクランクとペダル間の距離が長くなったように見えるが、実際は変わらない。



少し走ってみてPD-M780の踏み面をチェックした。
DSC00869.jpg
DSC0025869.jpg
実際、僕のシューズが接触した面は赤印で囲んだ部分。
使用するシューズに左右されるが、赤印を含む金属面がシューズと接触する。
緑印のネジを含む面は一段低くなっておりシューズとは接触しない。
写真で見るとネジを含む面も踏み面のように見えるが、現物を見ると一段低くなっており
シューズと接触しないことがお分かりいただけると思う。

PD-M505に比べてシューズとペダルの接触面積が増えたので、
ペダルにシューズの底が、しっかりと接触していることを感じる。
ただペダリング効率がアップするかどうかは微妙かな。
いつもの周回コースを走ってみたが平均速度、疲労度は以前と比べ変わらなかった。
シューズがペダルに接触する面積は増えるが、
やはり駆動力の9割以上はクリートから伝わるのではなかろうか。
一方、クリートの挿入は旧式タイプであるPD-M505にくらべスムーズ。
簡単にペダルがクリートを捉えて非常に楽だ。
個人的には、ペダル接触面積のアップ効果はあまりなかったが
クリート挿入は実に快適でありいい買い物をしたと思う。
今のところロードバイクもPD-M505を使っているが、
次の候補に PD-M780 or PD-M600 にするか悩んでしまう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.