我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

南阿波サンライン ( 県道147号・日和佐牟岐線 )

2012-03-03
Top Page林道ツーリング、サイクリング中国・四国地方
以前、南阿波サンラインは有料道路であった。
確か僕の記憶では普通車の通行料は800円ぐらいであっただろうか??
1988年3月に無料化され県道147号日和佐牟岐線になった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E9%98%BF%E6%B3%A2%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3
今回はかつての観光有料道路を自転車でツーリングしてみた。



徳島市方面より国道55号南下し美波町日和佐の中心街を通り過ぎたところに南阿波サンラインの分岐点がある。
DSC00360.jpg
DSC00359.jpg
この分岐点よりツーリングをスタートする。



0.04キロ 小さな橋を渡ったところ。
DSC00361.jpg



0.72キロ 道路の柵には木製の化粧板が貼られていた。これも有料道路の名残かもしれない。
DSC00362.jpg



0.95キロ ここから第一展望台まで3キロ弱の長い坂が続く。
DSC00363.jpg
勾配9パーセントの標識であるが、一番きついところで9パーセントという意味で
平均では5‐6パーセントぐらいじゃないか。
ロードバイクに乗り慣れてる人であれば全然問題ないだろう。



2.11キロ 南阿波サンライン唯一のトンネル・千羽トンネル。
DSC00364.jpg
トンネルの全長は140メートルであった。



2.56キロ 千羽トンネルを通り抜けると一気に視界が開けてくる。
DSC00366.jpg
左に曲がって降りていくと外ノ牟井海岸までいける。
遥か向こうに第一展望台が見える。 ( 緑印 )



2.93キロ やっと海が見えてきた。
DSC00367.jpg



3.74キロ 
第一展望台に到着。第一展望台は別名・千羽展望台と呼ばれてるようだ。
第一展望台付近がサンライン全線のなかで一番標高が高い。 ( 海抜150メートル )
DSC00368.jpg
展望台はサンライン本線より120メートル脇道を走ったところにある。

南阿波サンラインの地図。
DSC00371.jpg

展望台駐車場の北側には 「 室戸阿南海岸国定公園日和佐浦 」 と表示された看板があった。
DSC00369.jpg

柵の際まできて北東方向を眺めると遥か下に外ノ牟井海岸が見える。
DSC00377.jpg
なんとなくプライベートビーチのような雰囲気だ。

北方向を眺めると通ってきた道が見える。
DSC00372.jpg

展望台より南方向を眺める。
DSC00374.jpg
大島 ( 赤印 ) と室戸岬らしきもの ( 緑印 ) が見える。



5.51キロ 第一展望台よりしばらくは下り坂。
DSC00378.jpg
海岸線は近いようであるが実際は少し離れている。少なくとも300メートルぐらいの距離はありそうだ。



6.56キロ 左に曲がると南阿波サンラインモビレージがある明丸海岸に行くことができる。
DSC00380.jpg



先程の丁字路より600メートル走って明丸海岸に下りてきた。
DSC00381.jpg
地図では明丸海岸にはツインになったビーチが二つあるが、この写真は東側のビーチ。

さらに200メートルほど走ったところからみるビーチ。
DSC00385.jpg
外洋の潮が直接接岸しているせいだろうか ・・・・・・・・  海の透明度は高いと思う。

さらに数十メートル進むと南阿波サンラインモビレージの喫茶店がある。
http://www.awasun.com/
DSC00383.jpg

喫茶店の前にはコテージが数軒並んでいた。
DSC00384.jpg
コテージの屋根は一昔前の文化住宅のような雰囲気だ。



7.52キロ 南阿波サンライン本線に戻ると、第二展望台まで上り坂になる。
DSC00390.jpg
明丸海岸のもう一つの西側のビーチが見えた。
このビーチに行くには海からアプローチするか南阿波サンラインモビレージから一山越えるしかないと思う。
南阿波サンラインモビレージに泊まれば、このビーチも探索してみたくなるかも ・・・・・・・・・



8.83キロ 第一展望台以降は上り下りの繰り返し。
DSC00391.jpg
長い登り坂が続くことはないので自転車にとっては丁度いいかんじじゃないかな。



10.25キロ 観光道路と思い込んでいたが民家が出現。
DSC00394.jpg



11.70キロ 海の景色は代わり映えしない。
DSC00395.jpg

大島をズームして撮影。
DSC00396.jpg
この写真の波の状態を見てもわかるとおり、当日の風は強かった。
風は非常に冷たく風速20メートルぐらいあったんではなかろうか。



14.50キロ 緩やかな下り坂にある橋。
DSC00400.jpg

海方向。
DSC00397.jpg



15.21キロ 左に曲がれば牟岐少年自然の家
DSC00401.jpg



16.45キロ 牟岐の町に入ってきた。この先の突き当りを右折する。
DSC00402.jpg



17.49キロ 国道55号との交差点に到着。
DSC00403.jpg



17.58キロ さらに100メートル進むと牟岐駅に到着。 
DSC00405.jpg
帰りは内陸を走っている国道55号を通って出発地点に戻った。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=bcbbc9853da1aab8a6df56dd807b91ec



◎まとめ

走行日  平成24年2月26日
走行距離 32.43km
走行時間 1時間45分29秒
平均速度 18.4km/h
最高速度 45.6km/h

地図で見ると南阿波サンラインは海岸すれすれに走っているように見えるが、
実際は100-400メートル陸側を走っており、景色の方はまあまあかな。
むしろ適度なアップダウンと高速コーナー
( 車にとってはヘアピンカーブだが自転車にとっては心地いいカーブ ) が多数あり
ロードバイクにとっては走り応えがあるんじゃないかな。おまけに景色もそこそこ楽しめる。
当日の天気は寒さと強風だったので南阿波サンラインのよさを存分に満喫できなかったが、
ロードバイクのトレーニングコースとしては十分お勧めできると思う。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.