我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

無名の氷穴を探索(富士山周囲)(山梨県鳴沢村)

2010-08-30
Top Page林道ツーリング、サイクリング東海地方
平成22年8月7日探索



2年前には、有名な鳴沢氷穴に行った。そして当日の午前中には、西湖のコウモリ穴に行った。
午後から、何かおもしろい所はないかと考えながら地図を眺めてると、
ふじてんリゾートの南側に無名の氷穴を発見。即、行ってみることに決定。

ふじてんリゾートの分岐部より、
矢印の鳴沢林道を約1.3キロ走って氷穴に方面に通じる道の分岐部に到着した<。(青矢印が鳴沢林道)
車に乗っていると、この分岐部は見落としやすい。



分岐部にて。南西方向に向かって撮影。

氷穴は赤矢印方向



分岐部にて。北東方向に撮影。

氷穴は赤矢印方向



標識を拡大してみると

氷穴への道は精進口登山道であることが判明。
標高1355m と書いてある。随分、高いんだな。
この日は東京、大阪は35度であったが、笑いが止まらないほど涼しい。



緑矢印方向、つまり精進口登山道の北方向(西湖方面)はこんな感じ




赤矢印、氷穴方向はこんな感じ。ここから氷穴に向かって行く。

残念ながら、車両通行止めなので自転車も通行不可ということなんだろう。
今日は車でアプローチしていて、歩いて探索するつもりなので別に問題ないが・・・・・・・



200-300m 歩いたところで


ほんとに静かで誰にも会わない。。
木の葉っぱに雑音が吸収されるせいだろうか。
これだけ静かだと、映画 「クライモリ」 http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-57.htmlを連想してしまう。



いました、いました。

オオセンチコガネが地面を歩いてた。
こんな山の深いところにいくと、しばしば見かける。
紫メタリックでほんと鮮やかなコガネムシだ。
こいつは年をとってるせいか輝きがいまいちであった。
獣の糞を食べてるので触らなかった。



500m 過ぎたくらいから、坂がきつくなってきた。




登山道を1キロ弱歩いて、そこから右側に20-30mそれたところで氷穴らしき物体を発見。




さらに50m ぐらい登ったところで、しっかりした穴を発見

こちらの方が、より氷穴の雰囲気はあるが冷たい空気は流れてこなかった。
ロープがあれば降りれそうだが、そんなことをすればまさしく映画 「ディセント」
http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-50.htmlの世界になりそうである。
ほんの少し迷ったが氷穴らしきものを発見することができた。
氷穴には入らないが大満足であった。
富士山登山もいいが青樹が原をじっくり探索するのもおもしろい。
平坦な登山道が多いので、次回訪れたときは通行可能な登山道を
MTBで丸一日かけてトレイルするのもいいんじゃないかと思った。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.