我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

大平舟場林道 (高知県室戸市)

2012-03-09
Top Page林道ツーリング、サイクリング中国・四国地方
平成24年2月27日走行 大平舟場林道 ( 高知県室戸市 )


ツーリングマップルで調べてみると高知県室戸市・奈半利町には須川林道・蛇谷林道など
興味深いダートがあるが、林道自体が海抜1000メートル近くを走っている。
今年は雪が多いので、もしかしたら積もっているかもしれない。
ということで妥協案として完全舗装されている大平舟場林道を走ってみることにした。
地図では大平舟場林道は室戸市吉良川町から佐喜浜町まで通じている。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=e11fa4c46a4040227c7ce3081092d7e5



室戸岬方面より国道55号走り、東の川の橋を渡ったところで右に曲がる。
DSC00479.jpg
信号、標識はなく全く目立たない。

東の川の橋より上流方向を眺める。
DSC00480.jpg
大平舟場林道は、峠まで東の川に沿ってのびている。



0.47キロ 国道沿いの集落からあっさり抜け出す。
DSC00481.jpg



0.75キロ 東の川を渡る。
DSC00482.jpg
DSC00483.jpg
水はかなり澄んでいる。



1.03キロ のどかな集落を通っていく。
DSC00485.jpg



1.66キロ 東の川に沿って走っていく。
DSC00486.jpg
大平舟場林道を地図で見ると、両サイドから杉林が迫ってきて閉鎖された雰囲気を想像していたが、
この写真の通り開放感あふれる爽やかな林道であった。



3.23キロ
DSC00488.jpg
DSC00489.jpg
さらに水は澄んできた。



4.08キロ 二段重ねの堰堤。
DSC00491.jpg
DSC00492.jpg
アマゴはいないだろうが夏に潜って探索してみるとモクズガニなどがいるかもしれない。



5.48キロ 左に曲がれば 林道 日南釣の口線。
DSC00494.jpg
DSC00495.jpg

この分岐点の直後に橋を渡る。 上流方向。
DSC00496.jpg

下流方向。
DSC00497.jpg
山は杉林オンリーかと思っていたが、常緑広葉樹も結構生えている。




5.89キロ 北西方向を眺めると山を縫うように登っていく日南釣の口線がみえた。
DSC00498.jpg
日南釣の口線は県道368号に合流する。



7.14キロ この林道沿いにある水田の用壁は石造りが多かった。
DSC00500.jpg



7.85キロ この付近で民家も終わり。この先、佐喜浜町まで民家はない。
DSC00501.jpg



8.56キロ この辺りから渓流の雰囲気になってくる。
DSC00502.jpg

さらに水は澄んできた。
DSC00503.jpg

川の中を覗いてみると ・・・・・・・・

アマゴはいなかったが大きなウグイがいた。
大きいもので26-27センチぐらいだろうか。
じっくり見渡したが30センチオーバーはいないようだ。



9.63キロ この付近から坂がきつくなってくる。
DSC00504.jpg
平均7-8パーセントの勾配が峠までつづく。



10.86キロ しばらく左側に川を見ながら進んでいく。
DSC00505.jpg



11.59キロ 川ともお別れした直後に180度方向を変え、一瞬西方向に進んでいく。
DSC00506.jpg



12.47キロ 再び180度方向を変えて東方向に進んでいく。峠まであと少し。
DSC00507.jpg
DSC00508.jpg
通ってきた道を振り返る。
峠付近でも開放感のある風景が楽しめた。



13.06キロ 峠に到着。峠の名称などの標識は一切ない。
DSC00511.jpg
国土地理院の地図によると標高は420メートル。

通ってきた道を振り返る。
DSC00513.jpg

峠の北側は緩斜面であるが広場のように開けていた。
DSC00512.jpg

峠の先は、木々が生い茂り開放感はない。
DSC00510.jpg
きれいなV字型の峠ではなかったが峠の前後で景色ががらりと変わり、いい雰囲気を醸し出してると思う。



13.81キロ 峠から先は下り坂のみ。
DSC00514.jpg

西方向を見渡すと ・・・・・・・
DSC00515.jpg
ツーリングマップルには 「 広がる海の風景が美しい 」 と書いてあるが、
実際は木々が邪魔になってスッキリと見渡せるポイントが1、2箇所しかない。
次に、もっといいビューポイントがあると思って後回しにしていると見逃してしまうので、
そこそこ海が見えたところでじっくりと眺めておいたほうがいいと思う。



15.06キロ 峠より東側は落石が多い。
DSC00517.jpg
西側では落石はなかった。峠を境に土質が変わるのだろうか ・・・・・・・・



15.43キロ 下りのみであるが落石が多いので、ゆっくりと降りていった。
DSC00518.jpg



16.31キロ 海を望めれるポイントは、この辺りで最後。
DSC00521.jpg
この先は海岸線まで行かないと海が見えない。



19.33キロ この辺りから坂も緩くなっていく。
DSC00523.jpg



20.56キロ 久々に見る民家。
DSC00524.jpg



20.98キロ 県道368号に合流する。
DSC00525.jpg



21.58キロ 国道55号との交差点に到着。
DSC00526.jpg



国道55号の佐喜浜川の橋より山側を眺めると、くっきりと大平舟場林道が見えた。
DSC00451.jpg




◎まとめ
走行日   平成24年2月27日

「 大平舟場林道 」 と表示された標識はみつけることができず、林道の起点・終点は不明であった。
御覧の通り、峠より西側は東の川に沿って走っており開放感あふれる風景が楽しめた。
峠より東側は、地図では海の眺めはよさそうに見えるが意外にビューポイントが少なく景色は単調であった。
峠を境に景色がガラリと変化するのが大平舟場林道の特徴であり、
それによって一層ツーリングが内容の濃いものになると思う。
そんなには期待してなかったが、なかなかいい林道であった。

本日の走行距離 99.83km
走行時間 4時間50分17秒
平均速度 20.6km/h
最高速度 40.9km/h
本日の走行ルート http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=27314a05476a29d0c3729d67e8c3ddec 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.