我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

ROCKSHOX Monarch Plus RC3 を購入 ( 苦戦日記 )

2011-12-02
Top Page26インチMTBショック
http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-235.html からのつづき。



日本で販売されているフルサスの完成車に付いてるリアショックは FOX 製が多い。
話は前後してややこしくなるが、KONA ONE20 deluxe のリアショックとしてFOXを検討してみたが、
FOX はネット上で取り付けマニュアルが出回ってないようだ。
一方、 ROCKSHOX の方はマニュアル ( 英語版 ) も十分に出回っており、
海外通販サイトの商品在庫数も FOX に比べ豊富である。
そういう理由で ROCKSHOX のリアショックから選ぶことにした。

KONA ONE20 deluxe のデフォルトは RockShox Bar 2.1 なので、
無難なステップアップとしては Monarch RT3 が妥当なんだが
珍しい物好きの僕としては、ここは Monarch Plus RC3 を選ぶことにした。

Monarch Plus RC3 は2012年モデルより国内のラインナップに加わったが、
海外では2011年モデルより販売されている。
KONA ONE20 deluxe のショックサイズは7.5x2.0インチ。
Monarch Plus RC3 に7.5x2.0のサイズはあるが、このサイズのみ残念ながら High Volume ではない。
また7.5x2.0のサイズは国内販売されてない。

購入するリアショックも Monarch Plus RC3 に決まったが、
お馴染みのウイグルやチェーンリアクションには売ってない。
海外サイトを色々物色して 「 Outside Outfitters 」   http://www.outsideoutfitters.com/default.aspx という店が
検索に引っかかってきた。
R0016127.jpg
サイト内を閲覧して海外発送も対応している。
値段の方も安かったので、ここで買うことにした。
Monarch RT3 も Monarch Plus RC3 も在庫はある。
ただそれらの商品名には 「 Low Tune 」 「 Mid Tune 」 「 High Tune 」 と補足が加えられている。
最初は訳がわからなかったが調べてみるとリアサスペンションのレバー比のようだ。
すなわち Low Tune はレバー比2.0-2.4、 Mid Tune は2.3-2.8、 High Tune は2.7-3.1となる。
KONA ONE20 deluxe はリアサスペンションのストロークが5インチ、
リアショック自体のストロークが2インチなので
レバー比は 5÷2=2.5 となりMid Tuneを選ぶことにした。



色々な下調べが多かったが、ようやく11月7日に Outside Outfitters のサイトから発注した。
支払いはいつものPayPalが使えなかったのでVISAカードで決済した。
なお送付方法は一番安い USPS First-Class Mail International Package を選んだ。

買物の内訳は、

Monarch Plus RT3 Mid Tune 7.5"x2.0"  $382.93
Shipping ( USPS First-Class Mail International Package )  $30.14
Total: $413.07

これで商品が来るのを待つのみ、と安心してたら
11月9日に Outside Outfitters から妙なメールが届いた。

Thanks for your order.
On many large international orders we do have a process of checking for fraud.
This is for your safety and ours. We have a verification tool that we use.
This is similar to PayPal's verification tool.
We have charged your Visa a very small amount (which will be credited back to you).
Can you please verify the small amount that we have just charged you?
We really appreciate your help,
as we are trying to ensure all safety measures for this large international purchase.



この文章を読んで、ペイパルに代わる認証として購入する意思表示を示せばいいのかな、と勝手に解釈して

>Can you please verify the small amount that we have just charged you?
OK !!  I am looking forward to getting Monarch Plus RT3 Mid Tune 7.5"x2.0".

と適当な返事をした。



すると Outside Outfitters から同じ内容のメールが来た。

We need you to verify the small amount that we have just charged you?
Then we can ship your item.




今度は Outside Outfitters からのメールをもう一度見直し辞書でちゃんと調べてみた。
『  the small amount  』  を直訳すると  『 小さな総額 』   という意味なので、
小さな総額とは、今回の買い物の総額、すなわち$413.07のことだと勝手に解釈して

I verify that you charge me $413.07.

と返事したが ・・・・・・・・



This is the amount for the products you ordered from us.
We charged you a very small amount on your credit card in addition just for security purposes.
Please verify this very small amount.

Outside Outfitters から帰ってくる返事は同じ内容。
その後1-2回やり取りをしたが全然話が進まないので、海外通販の得意な同僚がいるので聞いてみた。
しかし、彼もよくわからない ・・・・・・・・・・



最後の手段としてカード会社に電話で問い合わせてみた。
今回の英語のメールでのやり取りをグダグダとカード会社の姉さんに話してみた。
そうすると姉さんは 「 とりあえずカードが使える状態にあるのかチェックしてみます 」 と答え、
しばらくして

「 カード自体は全然問題ない。参考までに Outside Outfitters というお店から
                         11月7日付けで98円引き落とされている。 」

と教えてくれた。
ここでやっと  『   the small amount  』  とは、98円のことだったのか! ・・・・・・・ 気が付いた。
早速カード会社のインターネットIDを取得し引き落とし明細を見る。

23/11/ 8 OUTSIDE OUTFITTERS / 314-447-6200   98円 1.24ドル 換算レート79.033

Outside Outfitters から98円すなわち1.24ドルチャージされていることを確認!!
そして、今度は自信を持って Outside Outfitters に次のようなメールを送った。

Today, I asked my card company about the small amount.
The small amount is $1.24.
Please send me Monarch Plus RT3 Mid Tune 7.5"x2.0".



そうしたらすぐに Outside Outfitters から返信がきた。

Excellent!
This RC3 will be shipping out very shortly for you. Thanks again for all the help.

これでメールのやり取りは一件落着した。
カード払いの認証システムとして、お客のカードに小額の金額をチャージし、
そのチャージした金額を答えさせるというアナログ的な認証システムは、ほんと苦労させられたよな。
なお、ここまでのやりとりで10日間弱費やしてしまった。

その後、カード会社の引き落とし明細を調べてみると

23/11/16 OUTSIDE OUTFITTERS / 314-447-6200         -97円         1.24ドル 換算レート78.226
23/11/16 OUTSIDE OUTFITTERS / 314-447-6200   32,307円    413.07ドル 換算レート78.212
( ※なお決済当時の実質為替レートは76.95円近辺であった。 )

11月16日付けで、11月8日チャージされた 『  the small amount  』、 すなわち1.24ドルが返金され、
総額の413.07ドルが引き落とされた。

なお今回選んだ USPS First-Class Mail International Package は
トラッキングナンバーによる荷物追跡はできない。
商品到着まで、ちょっとヤキモキしたが無事11月26日に到着。
R0016105.jpg
さすがに今回は消費税から逃れることはできず、消費税700円と通関手数料200円を郵便局のお兄さんに払った。




到着次第、早速荷物を開けてみた。
R0016106.jpgR0016107.jpg



まずは付属品のサスペンションポンプ。
R0016108.jpg
本体は鋼鉄でできておりズッシリしている。
ちょっと使ってみたがメーターも読みやすく、
エアを入れた直後にバルブを外す際の空気漏れも非常に少ない感じ。
今まで使っていたレザインのポンプ ( http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-103.html ) より使いやすい。
ただバルブに接続した状態ではホースが回転しないのが難点かな。

あと予備のシールも付属していた。
R0016118.jpg



リアショック本体
R0016110.jpg
R0016112.jpg
R0016113.jpg
R0016116.jpg
このリアショックはサイズ表示さているるよな。



アイレットにはデフォルトで bushing が挿入済み。
R0016114.jpgR0016115.jpg
R0016128.jpg
bushing の内側はレンガ色の樹脂のような物質でコーティングされていた。


上下のアイレットの幅は12.7ミリであった。
R0016119.jpgR0016120.jpg
アイレットの幅が12.7ミリなので
end spacer から bushing pin がどれだけ突出するか、あくまで計算上求めてみる。

まずは M8×35.0ミリ の mount hardware は
end spacer を二枚合わせた長さは21.2ミリであったので
35.0-21.2-12.7=1.1
1.1÷2=0.55
よって左右それぞれの end spacer から bushing pin は0.55ミリ突き出ることになる。

M6×22.2ミリ の mount hardware は
end spacerを二枚合わせた長さは8.15ミリであったので
22.2-8.15-12.7=1.35
1.35÷2=0.675
よって左右それぞれの end spacer から bushing pin は0.675ミリ突き出ることになる。



Monarch Plus RC3 の重さは314グラムであった。
R0013256122.jpg

Monarch Plus RC3 取り付け編につづく http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-236.html

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「the small amount」

大変参考になりました。
ありがとう御座いました。

獅子丸さまへ

お役にたてて光栄です。
でも「the small amount」 て独特の言い回しですよね!

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.