我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

KONA Dew を分析する ( その3 )

2012-02-22
Top Pageクロスバイク
http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-232.html からのつづき。



フロントシングル化するためにクランクを外してみたが ・・・・・・・・
R0016008.jpg
R0016009.jpg
各ギアはクランクにピン止め(赤印)されているので外せない。普通はネジ止めなんだが。
よってフロントシングル化はできない。
ちなみに緑印はチェーンガードを固定するネジ。



ボトムブラケットは BB-UN26 。 御覧の通りスクエアテーパータイプ。
R0016004.jpg



ついでにクランクセット ( FC-M311 ) の重さを計測しておいた。
R0016006.jpgR0016007.jpg
R0016005.jpgR0016062.jpg
右クランク 823グラム
左クランク 232グラム
ボトムブラケット 341グラム
フィキシングボルト 26グラム
合計 823+232+341+26=1422グラム
やはりエントリーグレードのパーツなので重い。



泥除けを付けるのでフロントディレイラー ( FD-M310 ) は外した。
したがってフロントギアは変速できなくなるので常時ミドルギアを使うことにした。
インナーギア・アウターギアは用無しになるが
ミドルギアからチェーン落ちしたときに、インナー・アウターのどちらかにチェーンが入るので
突然、走行不能になることはないだろう。

フロントディレイラーの重さを計測した。
R0016003.jpg


フロントディレイラーを外す時にチェーンを一旦切断したが、
次にチェーンを繋ぐ時にトラブルが発生。
KONA Dew に使われているチェーンはシマノ製ではなく KMC Z72 という互換パーツ。
これをシマノ8.7段チェーン用の純正コネクトピンでつないでみたが、動きが非常に堅い。
両サイドのチェーンをペンチで摘んで、扱いてみたが改善しない。
コネクトピンを挿入する時、いつもの手ごたえはしっかりとあったので
ピンはちゃんと挿入されているはずなんだが ・・・・・・・・・・
R0016059.jpg
赤印がコネクトピン。
緑印はペンチで摘んだ際にできた小傷。

互換チェーン ( KMC Z72) にはシマノ純正コネクトピンは使えないようだ。
KMC Z72 に適合するコネクトピンを入手するのは難しいようなので、
新品のシマノ純正チェーン ( CN-HG50 ) を新たに購入して装着した。

平成24年10月5日追加 
KMCとシマノのコネクトピンは違うとのこと。
シマノのコネクトピンは市販しているがKMCチェーンのコネクトピンは市販してない。
KMCチェーンを繋ぐにはミッシングリンク(
http://www.kmcchain.eu/?en/products/connectors/missing_links/)を
使うしかない。



ステム上部のアンカーボルトのトルク調整をするついでにヘッドパーツをチェックした。
KONA Dew に付いているヘッドパーツは上ワン・下ワンそれぞれにベアリングがカートリッジされている。

よって上玉押しを外してもベアリングはお目にかかれない。
ベアリングは裏側にあるようだ。
R0015946.jpg
リングピン ( 赤印 ) を外すとベアリングにグリスアップができそうだ。

下ワンも同じである。
R003315948.jpg
最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.