我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

黒河林道(その2)

2011-10-11
Top Page林道ツーリング、サイクリング北陸地方
http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-202.html からの続き



本年の7月17日に黒河林道の完全走破を目指したがパンクにて5.23キロ地点でリタイアした。
今回、完走を目指して走ることに ・・・・・・・・・



敦賀市‘山’地区の黒河林道の起点より3.8キロ地点からレポートする。
R0015397.jpg
黒河川を一旦、西方向に渡る。



4.06キロ 黒河川を東方向に渡る。
R0015399.jpg
R0015400.jpg
川下に向かって撮影。この辺りの土地は白っぽいので川底は明るく見える。



4.29キロ 大きな堰堤だ。至るところに堰堤がある黒河川であるが、ここが一番落差があるんじゃないかな。
R0015394.jpg
迫力のある堰堤であったが広角28ミリレンズで撮影したので、残念ながら臨場感を伝えることができない。



4.41キロ 黒河林道クチナシ谷支線への分岐点。
R0015395.jpg
R0015396.jpg
クチナシ谷支線は昭文社のマップルには載ってないが国土地理院の5万分の1の地図には載っている。

前回パンクした5.23キロ地点を何事もなく通過する。



5.54キロ 正面にある谷筋に向かって黒河林道は延びていく。
R0015403.jpg



6.33キロ 依然、起点より緩やかな登り坂がつづき路面状態もよく快適なダート走行が楽しめる。
R0015404.jpg



6.64キロ 左に曲がると乗鞍岳へ伸びていく支線に入っていく。支線に名称はないようだ。
R0015407.jpg
R0015408.jpg
黒河林道は右方向(赤印)



6.96キロ 右方向には別の支線が。
国土地理院の地図でみると、この支線はぐるっと西側を回って黒河林道の起点より約2キロ地点につながるようだ。
R0015409.jpg
ここまで緩やかな登り坂であったが、ここより斜度が一気にきつくなり峠まで延々と続く。
平均10パーセントミールぐらいじゃないか。



7.62キロ 左側には支線が。
左側の白い杭には 「 黒河林道アシ原谷支線 」 と書いてある。この支線は国土地理院の地図にも載っていない。
R0015413.jpg
R0015414.jpg
通ってきた道を振り返る。



8.07キロ 右に進めば 「 渓間工事中 」 と表示されている看板があった。
本日は日曜日なので工事は休みのようだ。
R0015415.jpg
左に進んでいく。



8.96キロ 高圧線の鉄塔が見えてきた。峠まであと少しだ。
R0015417.jpg



9.15キロ 新しい看板があったので記録しておく。
R0015418.jpg
R0015419.jpg



9.68キロ 峠近くになるとブナの割合が多くなる。
R0015420.jpg
R0015421.jpg
一見走りやすいように見えるが、傾斜がきつく砂利が深いのでタイヤのトラクションがかかりにくい。
一度降車すると、再度SPDペダルを装着するのに難儀するので、できる限り一気に登るしかない。
このような路面状態が6.96キロ地点から峠まで続く。



9.92キロ 峠に到着。福井・滋賀県境であるが標識は一切ない。赤丸地点が最高海抜地点。
R0015393.jpg
右に曲がる林道(紫印)があるが国土地理院の地図によると、これも盲腸線である。

左側(緑印)には黒河山国有林の看板があった。黒河林道を表示する看板はない。
R0015388.jpg
ここで黒河林道は終わりなんだろう。

敦賀市街地方向を眺めてみるが御覧の通り見通しは効かない。目の前はひっそりとしたブナ林であった。
R0015389.jpg

あたり一面はブナの実が落ちていた。クマの貴重な食料源になるだろう。
R0015392.jpg



◎まとめ
走行日 平成23年9月18日
敦賀市‘山’地区の黒河林道の起点から県境の終点まで 9.92キロ

起点から約7キロ弱は緩やかな登り坂で走りやすい。
ラスト3キロは10パーセントミール前後の勾配かつ砂利が深いので走りにくいが、
廃道化はしてないので頑張れば降りずに走れるだろう。
一方、林道は谷筋に沿って走っているので見通しはきかないが
黒河川の清流に沿って終始爽快な森林浴が楽しめる。
本日の道路状態では4輪でも問題なく走れるだろう。

マキノ林道につづく  http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-216.html

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

楽しそうな道ですね~。
私、静かなところをコトコト走るのも好きなんで憧れるんですが、いかんせん方向音痴で・・・(笑

おはるさんへ

ほんと静かですよ!!
風のない時は、ほんと「シーン」としてます。
この静けさを快感に感じるか怖いと感じるかは人それぞれですが・・・・・(笑)
たぶん木々の葉っぱにおとが吸収されて静かなんでしょう。まあ地図があれば道に迷うことはないと思いますが・・・・・道を間違えばえらいことになりますが、それを上回る脚力があればいいんですよ!!

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.