我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

落合岳登山

2011-08-20
Top Page林道ツーリング、サイクリング北海道
平成23年8月3日散策 落合岳登山(北海道南富良野町)



道道1030号(石勝高原幾寅線)からのつづき http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-207.html



幾寅峠 ( 海抜730 m ) にあるゲート。
R0015034.jpg
ここにMTBを止めて落合岳 ( 海抜1166m ) を目指す。


歩行ルートは、  http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=4ec7d6052203bc91b6aa832d635082f0
なお距離計測はルートラボ、万歩計で推定した。


ゲートより 0.1キロ歩いたところで舗装路に変わる。
R0015039.jpg
これはビックリ!!  道道1030号はダートであったのに、さらに上側の道が舗装されてるとは・・・・・。



ゲートより約1キロ 10パーセントミールは軽く越えている。 しばらく激坂が続く。 
R0015040.jpg



約2キロ 依然、激坂。
R0015042.jpg
時々、木々の間から麓の景色が見える。
R0015043.jpg
道路は北斜面にあるようだ。



約3キロ 坂は少しましになってきた。
R0015044.jpg
今度は南斜面に出てきたようだ。
R0015045.jpg
クマの糞らしきものを発見。
R0015070.jpg
iPhone 4 と並べて撮ってみた。 写真で糞の量が表現できないのが残念だ。
量から推測すると人間より遥かに大きい動物の糞だと思う。



約4キロ 突然、南方向の視界が開けて坂が再びきつくなる。
R0015046.jpg
南方向を眺める。
R0015047.jpg
道端には数匹のネズミの死骸が。 とても小さいネズミだ。
R0015048.jpg





約4.5キロ 最後は反時計回りに登って山頂に到着。

頂上付近には数個の電波塔が建っているが、そのうちの一番高い場所にある電波塔。
R0015049.jpg
門には名称などの表示は全くなかったので、この電波塔は廃虚化してるのかもしれない。



頂上は単なる小山であり、横の廃墟化した電波塔の方が高いので目立ったない。
「 落合岳 」 と書いてあるような標識は一切なく三角点のみであった。
R0015054.jpg
三角点はNTTの前身、日本電信電話公社のプレートが貼ってある。
三角点の上には動物の糞があった。(赤印)
器用にも動物が三角点の上にウンチをしたのか、誰かがいたずらで置いたのかはわからないが・・・・・・・
でも、ちょっと微笑ってしまった!



南方向の眺めは・・・・・・
R0015061.jpg
アルファリゾートトマムのタワーは見えないが、施設内の建物が見える。(赤印)
一番と遠くに見えるのが日高山脈だろう。(緑印)



南西方向にはトマム山 ( 1239m ) が見える。
R0015059.jpg
あのスキー場で有名なトマム山を孤独に裏側 ( 北側 ) から眺めるのもいいもんだ。



東方向の眺め。
R0015063.jpg



頂上からは木が邪魔になって南方向が見通せないが、登山道を少し降りると見通すことができる。
R0015068.jpg
幾寅の街が見える。



頂上の少し下にある電波塔群。
R0015066.jpg
こちらは廃墟ではなく機能してるようだ。



山頂ではドコモの携帯はOK (http://asobihorokeruyama.web.fc2.com/ochiaidake.htm) のようだが、
わがソフトバンクはご覧の通り 圏外 or バー1本 であった。
R0015058.jpg
がんばれ 「 ソフトバンク 」



ツーリングマップルで幾寅峠を見てみると落合岳に延びていく道がある。
どんな道なんだろうかと興味が湧いたので行ってみた。
360°大パノラマの期待通りの展望であった。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

雄大な北海道を走るなんて羨ましいですね。私も一度走ってみたいものです。

No title

てつさんへ
是非、行ってみてください。
林道・舗装道どちらでもかまいません。
たまたまかもしれませんが、今回走った2本の林道は本州に較べると全然、走りやすかったです。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.