我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

道道1030号(石勝高原幾寅線)

2011-08-16
Top Page林道ツーリング、サイクリング北海道
平成23年8月3日走行



本日の予定は、宿泊地のトマムを出発し道道136号を西方向に走り道道1030号に入る。
道道1030号を走って南富良野町の幾寅に抜ける。そこから、かなやま湖の湖岸を走って
国道237号→国道38号を通り次の宿泊地、富良野市に向かう。
本日のコースは、 http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=c083ff9b4606c1a649a7afd5f6e8eddf



宿泊したプチホテル・グレーシィトマム。
R0014997_20151213204010a68.jpg
僕は参加しなかったがラフティング付の宿泊パックなら、さらにお得度が高いだろう。



まずは、道道136号を走ってアルファリゾートトマム方向 ( 西方向 ) へ走っていく。
R0014998_20151213204009eea.jpg



JR石勝線・トマム駅に寄る。
R0015010_20151213204122a36.jpgR0015006_201512132041247b6.jpg
R0015005.jpgR0015008_20151213204126479.jpg
リゾートチックな華やかな駅をイメージしていたが単なる無人駅であった。
停車する列車はすべて特急 ( たぶん普通列車がないんだろう ) という妙な駅であった。
ホームに出ると、ちょうど貨物列車が静かに通過するところであった。



出発してから10.36キロ走り、道道1030号の分岐点に到着。
帯広方面から来ると道東自動車道の手前を右折する。
札幌方面から来ると道東自動車道をくぐった直後に左折するので間違うことはないだろう。
R0015012_20151213204639ca8.jpg
R0015013_20151213204640f85.jpg
ここでサイクルコンピューターをリセットし距離を計測する。



0.11キロ 石勝ゲート。 向こう側に開閉式のゲートが見える。
R0015014_20151213204641667.jpg
道端にはコエゾセミが歩いていた。 本州で見るセミとは一味違う。
R0015017_2015121320463882d.jpg



1.10キロ まだ舗装されている。
R0015020_2015121320480342b.jpg

左側を眺めると、手前は荒地になっている。 昔は畑 or 牧場だったんだろうか・・・・・・・
R0015021_201512132048045bc.jpg



2.63キロ ここからダートに変わる。
R0015022_2015121320480247c.jpg



3.39キロ 非常に緩やかな坂を登っていく。
R0015024_20151213205238dae.jpg
R0015023_20151213205236538.jpg
所々、砂利がたくさん敷いてある所もあったが、
御覧の様に砂利が少なくなっている所が多く走りやすかった。



4.51キロ この付近のみ、やや勾配がきついが10パーセントミールを越える激坂はない。
R0015026_2015121320523332a.jpg



5.59キロ この辺りから再び緩やかな登り坂となり、それが延々と峠までつづく。
R0015027_201512132052345f5.jpg
R0015029_201512132052350ec.jpg
クマ対策として熊鈴をMTBに付けといた。
ダートを走ってる最中、常にチャリンチャリンと鳴り響いて十分効果を発揮してくれたと思う。



7.15キロ ダートに入ってから同じような景色がつづく。 変化が少ないのがこの林道の特徴かもしれない。
R0015030_2015121320575916e.jpg



8.49キロ 峠のちょっと手前、見通しのいい場所に到着した。
R0015033_20151213205756d3b.jpg

後ろを振り返ると・・・・・・・・
R0015032_20151213205801b62.jpg
皮肉にも高圧線のおかげで見通しがいい。
道道1030号で見渡せる場所はここしかないので、是非立ち止まって眺めておこう。



8.72キロ 幾寅峠 ( 海抜730m ) に到着。 峠には 「 幾寅峠 」 と書いた看板など一切ない。
R0015036_20151213205758736.jpg
道幅がやたら広くなって広場みたいになっている。

さらに少し進むと・・・・・・・
R0015037_201512132057585d3.jpg
矢印は落合岳への道路のゲート。 落合岳への道はNTTの私道で一般車両通行止である。
ここに自転車を止めて落合岳に歩いて登った。 (http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-208.html  )

反対方向 ( 南富良野 ) から来るとこんな感じ。 
R0015038_201512132102545dc.jpg



9.28キロ 峠からは緩やかな下り坂がつづいていく。
R0015074_20151213210254474.jpg
R0015075_20151213210256b9a.jpg
この辺はシラカバとダケカンバの混合林のようだ。



10.14キロ 急カーブ。 きれいな曲線のヘアピンカーブであった。
R0015077_2015121321025321f.jpg



11.44キロ ダートから舗装路に変わる。
R0015078_20151213210421c7a.jpg
反対から見るとこんな感じ。
R0015079_20151213210422490.jpg



14.16キロ 真っ直ぐな下りの快走区間。 北海道らしい気持ちいい道であった。
R0015082_20151213210424ed9.jpg



14.94キロ 幾寅ゲートに到着。
R0015083_2015121321060061f.jpg

反対から見るとこんな感じ。
R0015084_20151213210701a67.jpg



16.61キロ 左方向からの道と合流する。
R0015085_201512132104194f1.jpg

左方向の道は幾寅零号線であった。 この道は地図上1-2キロ先で行き止まりのようだ。
R0015087_20151213210421f48.jpg



17.45キロ 国道38号線との交差点に到着。 ここが道道1030号の終点である。
R0015088_201512132109458c7.jpg
道道1030 ( 石勝高原幾寅線 ) の全長は17.45キロ。 ダート部分は8.81キロであった。
偶然にも、全長17.45キロのちょうど真ん中が幾寅峠になることが興味深い。



この後は、かなやま湖に注ぐ空知川で釣りをした。
R0015093_20151213210946ba8.jpg
R0015096_20151213210947628.jpg
釣果はイワナ1匹とウグイ4匹であった。

その後は、かなやま湖畔を通って宿泊地の富良野市へ向かった。



かなやま湖ラベンダー園
R0015103_2015121321114217c.jpg

かなやま湖畔で見つけたノコギリクワガタのメス。 ( 下に写っているの iphone 4 )
R0015107_201512132111406aa.jpg
ノコギリクワガタのメスにしては、かなり大きいんじゃないか!



◎まとめ
日時   平成23年8月3日
走行距離 81.18km
走行時間 4時間56分38秒
平均速度 16.4km/h
最高速度 56.3km/h

道道1030はご覧の通り、緩やかな登り坂、緩やかな下り坂、上質なフラットダートのダート道で、
普通の舗装路の感覚で走れる。
現に、当日、遭遇した車は対向車含めて10台程度であったが、そのうちの半分強がレンタカーであった。
ただ景色の方は、あまり楽しむことはできない。
気軽に林道走行、森林浴を楽しみたい人には最適だろう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.