我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

川原桶川林道(その2)

2011-05-20
Top Page林道ツーリング、サイクリング奈良県
平成23年5月15日走行 川原桶川林道(奈良県野迫川村)



昨年の5月に東側の県道734号から川原桶川林道へアプローチしたが崩落で断念した。
http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-56.html
今回は西側の県道733号から川原桶川林道に入り、崩落地点より西側を走行することにした。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=2e86d9322f9f5065dc05f0e1a45d7d7e



県道733号から川原桶川林道への入口。
R0014251.jpg
R0014252.jpg
ここでトリップメーターをリセットして距離を計測する。



0.11キロ 林道でお馴染みの開通記念碑が建っていた。
R0014253.jpg



0.66キロ 
地図上は林道は川沿いをゆっくり下っていくんではないかと予想していたが、緩やかな坂を登っていく。
R0014255.jpg



1.73キロ この林道も爽やかな新緑であった。
R0014257.jpg



2.59キロ 路面状態はよく、フラットな高速ダート道であった。
R0014260.jpg
御覧の通り、そこそこの数の車が通っているようだ。
ただ本日遭遇したのは滋賀ナンバーの乗用車1台のみであった。

林道は東方向へ続いていく。川原桶川は100mぐらい下を流れている。
R0014259.jpg



3.67キロ 同じような景色が続いていく。
R0014261.jpg



4.75キロ この辺りからフラットダートから下り坂になってくる。
R0014278.jpg
この写真は林道から南方向を撮影した。



5.66キロ 山々の至るところにフジが咲いていたが、林道沿いには適当な被写体がなかった。
     やっと林道沿いのフジを見つけた。 
R0014264.jpg
R0014265.jpg



7.52キロ 林道ではおなじみのレトロな廃車。日産のサニーかな??
R0014267.jpg
左後輪は宙に浮いている。男二人で押せば谷底に堕ちるだろうな。



7.98キロ ここでダートから舗装道に変わる。
R0014268.jpg



8.47キロ これが、この林道を存続させている発電所。通ってきた方向に向かって撮影した。
R0014269.jpg
R0014271.jpg
発電所の名前は 『 川原桶川発電所 』 と書いてあった。無人の発電所のようだ。
発電所の定期的なメンテナンスのために、この林道は使われているようだ。
ここから県道734号までは舗装されており、崩落前は、発電所のメンテナンスの車は
東側の県道734号からアプローチしたんだろう。
崩落のために、ぐるっと西側の県道733号まで遠回りをして約8キロ強のダート道を走るしかないんだろう。



8.66キロ 崩落地点が近づいてきた。
R0014272.jpg



8.83キロ 崩落地点に到着。下の写真は昨年5月1日の写真である。
R0014273.jpg
R0012076.jpg
崩落地点は丸一年経過したが何も変わってない。
昨年来た時、近いうちに崩れるではないかと思われた岩石 ( 紫色で囲んだヤツ ) もそのままだ。
もちろん、ここで引き返して通ってきた道を戻り今回のツーリングは終了した。



◎まとめ
平成23年5月15日
走行距離 17.53km
走行時間 1時間46分37秒
平均速度 9.8km/h
最高速度 22.9km/h

崩落から4年以上経過したが、いまだに復旧する気配はない。
川原桶川林道は川沿いを走っているが、西に進むにつれて川から遠ざかり断崖上を走ることになる。
断崖からの見渡しは非常によく開放感も十分味わえる。
バイクなら半日で崩落地点を挟んでの完全走破も余裕で可能だろう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

西側から再挑戦

お世話になります。お勧めの西側から走りました。
まさに野迫川村の醍醐味が凝集された、秘境感溢れる素晴らしい林道でした。
brg-tk.link/archives/52031694.html

ブロモさんへ

おっ・・・・
速攻、行かれましたか!!!

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.