我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

イタツゴ奥千丈林道 (奈良県野迫川村)

2011-05-19
Top Page林道ツーリング、サイクリング奈良県
平成23年5月15日走行  イタツゴ奥千丈林道(奈良県野迫川村)



本日の予定は、イタツゴ奥千丈林道を下から登り、奥千丈林道を少し走って高野龍神スカイラインに入る。
スカイラインを15キロ弱走り、林道桧股線に入って出発地点に戻る。
当初はスカイラインの箕峠より弓手原集落を通るつもりであったが、
弓手原集落の東側が崩落して通行止めのため遠回りすることになった。
本日のルート http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=4ddebeaf717ceccb1dc587cfb484b929



野迫川温泉から来るとイタツゴ谷へ分岐する道がある。
ここがイタツゴ奥千丈林道の入口である。
R0014216.jpg
標識はない。右手に見えるトタン壁の家が目印になる。

イタツゴ奥千丈林道の入口を正面から見ると、こんな感じ。
R0014217.jpg
ここでトリップメーターをリセットして距離を計測する。



0.47キロ ここよりダート道が始まる。
R0014218.jpg



0.77キロ ここで林道の標識を発見。
R0014219.jpg
分岐部から0.77キロしか走ってないのに、何故か標識には 『 起点より1000 m 』 と書いてある。
林道の起点は別のところにあるのかな?? よくわからない。



1.66キロ 緩やかな坂を登っていく。
R0014220.jpg



2.21キロ 2キロを超えたあたりから坂がきつくなってくる。しかし激坂というほどではない。
R0014221.jpg
路面状態は極端に悪くはないが、拳大の石が転がっておりトラクションを掛けるとタイヤが空回りする。
空回りし過ぎると立ち扱けしそうになるので、本日は1-2割自転車から降りて押した。
空気圧は装着タイヤの上限値40psiにセッティングしてたので、余計に空回りしたのかもしれない。
次は25psiぐらいまで落として走ってみようかな。



3.74キロ 新緑の色がほんとに綺麗だ。
R0014226.jpg



5.28キロ ここまでは登り一辺倒であったが、ここから500m強下り坂であった。
R0014227.jpg
遥か向こう(緑印)にこの先の林道が見える。
あの辺りまで行けば北方向の見通しもいいような気がした。
赤印辺りが奥千丈林道との合流点である。
個人的には、本日のイタツゴ奥千丈林道のなかで、ここの景色が一番気に入った。



6.72キロ 
奥千丈林道との合流点まであと少し。先程の撮影ポイント(5.28キロ地点)から
この付近を眺めた時は、北方向はすっきりと見渡せるんじゃないかと思ったが、
実際に来てみると木々が邪魔になって、見通しが悪い。
R0014229.jpg
なんとか木々の間から通ってきた林道が見えた。
R0014231.jpg



7.28キロ 奥千丈林道との合流点に到着。ここでイタツゴ奥千丈林道は終わりである。
R0014233.jpg
イタツゴ奥千丈林道の全長は7.28キロで、ダート道の距離は6.81キロであった。
この合流点より北側を眺める。木々が少し邪魔であったが、天気がいいので遠くまで見渡せた。
R0014232.jpg



8.18キロ 
イタツゴ奥千丈林道の終点から、完全舗装された奥千丈林道を通って国道371号へ向かう。
この道は稜線上にあり特に南側の見通しがいい。
R0014234.jpg
赤印のところにはごまさんスカイタワーが見える。
R0014235.jpg



9.61キロ この稜線上のオイシイ道をじっくり噛み締めながら走っていく。
R0014239.jpg



11.00キロ 
国道371号に合流する。この道は昔、高野龍神スカイラインという有料道路であった。
確か乗用車の通行料は2000円で、原付まで通行可能であったが自転車は不可だったと思う。
2003年に無料化されて一般道になり、名称も国道371号になった。同時に自転車も通行可能になった。
R0014242.jpg
右方向は高野山、左方向は龍神温泉方面である。

こちらは高野山方面である。
R0014243.jpg



22.14キロ 
本日の高野龍神スカイラインはバイク天国であった。
今までにこの道を数回走ったがこんなにたくさんのバイクを見たのは初めてであった。
10数キロ走ってる間に100台以上のバイクとすれ違い、抜かされた。
日曜日なのに観光バス、乗用車は少なかった。
またオフロードバイクは皆無でオンロードバイクのみであった。
R0014245.jpg
この付近の高野龍神スカイラインは和歌山・奈良県境上を走っている。
左方向を見下ろすと、遥か下に集落(和歌山県かつらぎ町花園久木)が見える。
R0014244.jpg



25.92キロ 棒峠に到着。ここで高野龍神スカイラインと別れて右へ曲がる。
R0014246.jpg
右へ曲がってこれから走る道は、林道桧股線と表示されていた。
R0014247.jpg



32.28キロ 下り一辺倒の林道桧股線を走りおえて三叉路に到着した。
R0014250.jpg
最初に通る予定であった、高野龍神スカイラインの箕峠への道もあるが崩落のため通行止であった。(緑印)
地元の人に聞いたら、大規模な崩落で2年ぐらい通行止めのようだ。

林道桧股線の看板(赤印)を拡大する。
R0014249.jpg
距離6528mと書いてあった。
ここから弓手原川沿いに数百メートル走って出発地点に戻った。



◎まとめ
日時   平成23年5月15日
走行距離 32.74km
走行時間 2時間42分09秒
平均速度 12.1km/h
最高速度 53.3km/h

事前にネットで得た情報ではイタツゴ奥千丈林道は、かなりガレているようであったが、
今回は全線にわたって重機による道路整備が入った直後だったので想像していたほどではなかった。
がけ崩れ箇所は多数あったが道幅は最低でも3メートルは確保されており至るところにキャタピラ痕があった。
本日の状態であれば四輪でも全然問題ないと思う。
この林道は定期的に整備が入り、整備直後とそうでない時の差が激しいのかもしれない。
激坂はなく路面状態は比較的よく、程々の開放感を味わえオフロードバイクには
ぴったりの林道ではないかと思った。
ちなみに本日のイタツゴ奥千丈林道で遭遇したのは、残念ながらオフロードバイク1台のみであった。

一方、稜線上の奥千丈林道からの眺めは最高であり数往復したいくらいであった。
真夏のクソ暑い時期には、ごまさんタワーに車を止めて奥千丈林道をはじめ周囲を
ロードバイクで探索するのもいいんじゃないかと思った。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

奥千丈林道って本当に絶景ですねぇ~

毎度参考にさせて頂いてます! 
奥千丈線は本当に雄大な林道ですね。イタツゴ線はDHです。レーさんはこれをヒルクラされたとは全くもってタフガイですね!
brg-tk.link/archives/52040411.html

ブロモさんへ

いやいや、今回のブロモさんのコース、相当、タフだったと思いますよ!!
イタツゴ林道は全く変わってないですね。
定期的にユンボが入って路面がならされているようですし、
正統派のダート道という感じでいつまでもこの状態を維持してもらいたいですね。
やっぱ、途中で風呂入ったら筋肉が緩みますよ(笑)
遂に健脚のブロモさんも押し歩きされましたか!!
まあ、それ以上にコース設定が厳しかったと思います。

あやうくお星さまになるところでした・・

タイノ原線ナメてました。何を錯乱していたのか、帰路は平地と思っていました。
温泉に1時間近く入っていたためか、全く力が入らなくなってました。
さらに欲張って、イタツゴ線ヒルクラを選んでいたらマジで鶴姫様のようにお星さまになっていました・・

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.