我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

DEFY ADVANCED SE(ボトルゲージの交換)

2011-04-30
Top Pageロードバイクコンポーネント
現在、DEFY ADVANCED SE のダウンチューブにはTOPEAK製のポンプ(ミニモーフ)、
シートチューブにはボトルゲージ(4年前に購入したミノウラ製の製品)を付けている。
このボトルゲージは自転車用ポリボトル(直径73mm)専用なので、
500mlペットボトルでは余裕がありすぎる。
ということで500mlペットボトル専用のボトルゲージへ交換することにした。
R0014207.jpg



買う前の注意点として、現状でもペットボトルとダウンチューブの間隔が1センチぐらいしかない。
R0014208.jpg
このことを頭に入れて、ウエムラパーツに買いに行った。



店に行って最初に目に付いたのはミノウラのPC-500 (http://www.minourausa.com/japan/cage-j/pc500-j.html)。
PC-500 のアルマイト塗装の赤色は、
DEFY ADVANCED SE のアクセントパーツの赤色(ワインレッド系)にかなり近い。
『 おっつ、これはいいぞ 』 と思ったが、パーツをよく見てみると
31eQD72B35L.jpg
下側のネジ穴からペットボトルの底までの距離が長い。
実際に取り付けてみないとわからないが、ペットボトルの底とダウンチューブが干渉するかもしれない。
ということで買うのはやめた。



家に帰って、何か他にいいボトルゲージがないか捜してたらアマゾンにて発見。即買いする。
Bikeguy ペットケージ (500mlペットボトル専用) レッド
R0014209.jpg
ユニコ Bikeguy ペットゲージ http://www.unico-jp.com/



コイツなら、下側のネジ穴からペットボトルの底までの距離は短めだ。
R0014211.jpg
これなら大丈夫だろう。



重さは50グラムであった。(取り付けネジは含まず)
R0014212.jpg



DEFY ADVANCED SE の赤色パーツ(ここでは取り付けネジ)と色合いを比べてみる。
R0014213.jpg
この写真では同じ赤色に見えるが、実際に屋外で比べてみるとズレはある。
PC-500 のアルマイト塗装の赤色のほうが、より近いと思う。



早速取り付けた。
R0014214.jpg



フレームとの隙間をチェックする。
R0014215.jpg
交換前より隙間は大きくなった。
ユニコ Bikeguy ペットゲージは、DEFY ADVANCED SE にとっては使えるね!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.