我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

DEFY ADVANCED SE でロングライド

2011-04-30
Top Page林道ツーリング、サイクリング滋賀県
今までの自転車ツーリングの一日の走行距離の自己ベストは120キロ。
この時は全行程のうちダート道を三分の一、含んでいた。
今回は DEFY ADVANCED SE でロングライドに挑戦する。
全部舗装路なので、トラブルさえなければ自己ベスト更新は難なく可能だろう。
予定は、自宅を出発し奈良・京都を経て琵琶湖に行く。
滋賀県大津市から琵琶湖を時計回りに可能な限り走る。
脚が上がってギブアップしたら、最寄のJRの駅で輪行して家に戻る。
距離的に完全一周は難しいが、近江今津 or 木之本ぐらいまでなら行けるんじゃないか??


午前6時20分 自宅を出発。


R0014062.jpg
午前7時11分 出発してから16.13キロ 
国道25号・法隆寺前に到着。
取り替えたハンドルバーが手に馴染まない。
気に入った部分、上ハンの時に握る平らな部分が馴染まず、
逆に手が痛くなる。


R0014064.jpg
7時49分 26.37キロ 
県道9号・奈良市六条町、薬師寺付近。





R0014066.jpgR0014067.jpg
8時22分 37.39キロ 
京都府木津川町、国道24号・泉大橋で木津川を渡る。
あれやこれやドロップハンドルの握る位置を変えてみて、ようやくいい場所を見つけた。
ブラケットのチョイ手前がいいようだ。ハンドルを握るポイントが決まり、ペダリングも安定してきた。

R0014069.jpg
9時42分 58.44キロ 
宇治市、県道245号・隠元橋を渡る。
写っているのは宇治川。




R0014070.jpg
10時33分 70.82キロ 
滋賀県に突入。国道1号・大津市大谷付近。
県境付近の1号線の交通量は半端じゃない。
路側帯がしっかり確保されているのがせめてもの救いであった。



R0014074.jpg
11時04分 80.8キロ 
国道161号・大津市下坂本付近。
ここのセブンイレブンにて早目の昼飯にした。




R0014075.jpg
12時24分 92.42キロ 
国道161号・大津市和邇付近。
赤印はびわこバレイスキー場。




R0014076.jpgR0014077.jpg
12時41分 95.99キロ 
大津市蓬莱付近。国道161号から逸れて、しばらくびわ湖レイクサイド自転車道を走った。
対岸は近江八幡付近。
大津市堅田付近(琵琶湖大橋入口付近)より向かい風が強くなりスピードが乗らない。
びわ湖レイクサイド自転車道にも多くのロードバイクが走っていたが、すべて対向車ばかり。
『 みんな風向きを知ってるのかな?? 』 と思えるほど、びわ湖を時計回りに走るロードバイクは皆無であった。
こちらは普通に漕いで20キロちょっと。対向車は鼻歌交じりで30キロっという雰囲気であった。

R0014082.jpg
13時24分 108.7キロ 
国道161号・高島市鵜川付近。
この辺りで国道161号は琵琶湖に最接近する。




R0014083.jpg
13時47分 114.09キロ 
国道161号バイパス・高島市安曇川付近。
バイパスは高架チックな道路で、
さらに向かい風が強くなり17km/h台までスピードが落ち路側帯にて休憩した。
路面はツルツル状態でロードバイクにとっては最高のコンディションであるんだが・・・・・。


R0014086.jpg
14時25分 125.08キロ 
国道161号バイパス・高島市今津付近。
バイパスより近江今津を見下ろす。
さらに向こう側には琵琶湖が見える。



R0014087.jpg
15時03分 134.75キロ 
国道161号・高島市マキノ付近。
赤印はJRマキノ駅。
当初の予定は琵琶湖を周回する予定であったが、
気まぐれで敦賀を目指すことに急遽変更!!


R0014088.jpgR0014089.jpgR0014092.jpgR0014090.jpg
16時09分 144.8キロ 
国道161号の滋賀、福井県境に到着した。マキノから10キロ弱、 高低差300メートルの坂を延々と登ってきた。
出発してから130-140キロ走っており脚の貯金もほとんどないので、
ここでは DEFY ADVANCED SE のファイナルロー・32Tを9割以上使わざるおえなかった。
28Tまでしかなかったら自転車を降りて押してただろう。
峠に近づくにしたがって向い風はさらに強くなり
峠直前ラスト100メートルは7km/h台まで速度が落ちた。
二枚目の写真は峠の国境スキー場。山頂には雪が残っている。
三・四枚目の写真は161号を挟んで向かい側にある敦賀国際スキー場。
廃業しておりリフトは赤茶色に錆びている。
最新版のツーリングマップルでも敦賀国際スキー場が表示されているが早く消さなきゃだめだな。
レジャー施設に何でもかんでも 「 国際 」 と名前を付けるのが流行ったのは昭和40年代ぐらいだろうか??
今時 「 国際 」 なんて使わないだろう。

R0014093.jpg
16時57分 159.28キロ 
福井県敦賀市の中心部に到着。
市立図書館前の交差点。
結局、この日は大津市堅田から敦賀市まで、
ほとんど向かい風であった。


R0014098.jpgR0014099.jpgR0014100.jpg
19時24分 184.27キロ 
フェリー乗り場や市内を散策し晩飯を済ましてJR敦賀駅に到着した。
輪行は年に一回もしないので輪行袋に入れるのに20分強かかってしまった。
シーズンに数回やるようであれば、もっと早くセッティングできるようになると思うんだが。
写真はオーストリッチの超軽量型輪行袋 L-100。
シートポストは下げずに輪行袋に入れることができ、
トルク管理が厳しいシートピラーのネジをいじらなくて済むのはラッキーであった。
敦賀発2001の特急サンダーバードに乗り、2122大阪に到着。
大阪から電車を乗り継いで最寄の駅まで行き、10分で自転車を組み立て22時45分自宅に到着。
           


◎まとめ

走行日時 平成23年4月17日
走行距離 184.27キロ
走行時間 9時間27分19秒
平均速度 19.5km/h
最高速度 40.1km/h

過去最高の一日の走行距離。これなら激坂峠がない限り200キロ越えも問題ないだろう。
ところで先月号のfunrideという雑誌に160キロを8時間で走るという特集記事があった。
休憩込みで8時間なので、少なくとも平均速度23キロ以上ぐらいで走らないと達成できないと書いてあった。
例えば、今回の走行距離184.27キロを平均23キロで走ったとすると、走行時間は約8時間になる。
ということは平均23キロで走ると約1時間30分の余裕が生まれる。
また今回は秋冬物のサイクリングウェアがなかったので、いつもの黒のジャージを着てたが、
これが専用のサイクリングウェアなら少なくとも平均速度1キロ以上アップしただろう。
平均20.5キロとすると約28分の余裕が生まれる。
いきなり平均25キロは無理だが、今後は21-22キロを目標にしていきたい。

本日の走行ルート (コースは一部省略してます。)
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=9a25c9d150a261f07d5852f51871fcfe

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.