我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

DEFY ADVANCED SE(ハンドル交換・PLT COMPACT Ⅱ OS)(その1)

2011-04-20
Top Pageロードバイクハンドル・ステム・サドル
前回のブログで話したとおり BR-R650 の交換は失敗に終わった。
http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-177.html
おまけに BR-R650 を取り付ける際、前ブレーキの長過ぎたアウターケーブルを短くしてしまった。
この状態でデフォルトのブレーキ・SRAM APEX を取り付けると短すぎる。
よってアウターケーブルを交換するしか方法はない。
ということはバーテープも外さなければならず作業が大掛かりになる。
じゃ、いっそのことハンドルも交換することにした。



まず用意したものは SILVA のバーテープ。
R0013942.jpg
以前読んだ本でエンゾ早川氏が強く推奨してたので使ってみることにした。
DEFY ADVANCED SE のアクセントカラーは赤色なので、それに合わせて赤色のバーテープを選んだ。



ハンドルはシマノの PLT COMPACT Ⅱ OS ( C-C 400mm ) 。 型落ちである。
R0013949.jpg
現行モデルは PLT COMPACT Ⅰ OS のようだ。
なぜか新しいモデルが 「Ⅱ」 ではなく 「Ⅰ」 である??
購入した店では PLT COMPACT Ⅱ OS のグレーと黒色があったが、
グレーが4000円、黒色が7000円弱で売っていたのでシルバーを迷わず買った。
( 黒色の方は、左右のコントロールレバーが取り付けやすいように目盛が刻まれていた。
グレーは目盛が刻まれてない。ぱっと見た感じ、違いはそれだけなんだが・・・・・ )

PLT COMPACT Ⅱ OS はコンパクトタイプと表示されている。
R0013944.jpg
でもハンドルの形状を見るとアナトッミクタイプにも見えるんだが・・・・・。

赤印の部分は手のひらが置きやすい様に平らになっている。
R0013947.jpg
ショップでいろいろなハンドルを見て、この平らな部分に手のひらが置きやすいかなっと思って
この PLT COMPACT Ⅱ OS を選んだ。

ハンドル中心部は光沢加工され高級感を醸し出している。
R0013948.jpg

重さを計測。
R0013943.jpg
281グラム。なお 外-外 の実測値は423ミリであった。


一方パッケージの台紙には245グラムと書いてある。このズレは一体なんだ!
R0013960.jpg
ネットで検索してみると、PLT COMPACT Ⅱ OS は
重量275グラム、ドロップ144mm、リーチ78mmと書いてあった。
PLT COMPACT Ⅱ OS は、現行モデルの PLT COMPACT Ⅰ OS とは重量やリーチなど寸法も違うようだ。



デフォルトのハンドルバーは GIANT CONNECT 31.8 C-C400mm
R0013962.jpg

デフォルトのバーテープは分厚い。
R0013972.jpg
この分厚さも気に入らなかった。

ハンドルを取り外して重量を計測する。
P9230056.jpg
P9230057.jpg
P9230059.jpg
312グラム。外-外 の実測値は421mmであった。
リーチ90mm、ドロップ130mm。




その2につづく。 http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-180.html

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.