我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

DEFY ADVANCED SE (ブレーキ交換 BR-R650)

2011-04-12
Top Pageロードバイクコンポーネント
前のブログでも話したとおり(http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-171.html
DEFY ADVANCED SE のデフォルトのブレーキ、SRAMのAPEXにおいて、
タイヤ脱着させるにはブレーキレバーの遊びを大きめにとるしか方法がなかった。
アーチサイズの大きなブレーキに交換すれば、タイヤ脱着が容易になると考えてBR-R650に交換することにした。
R0013910.jpg



前後ブレーキの重さをそれぞれ計測。
R0013911.jpgR0013912.jpg



デフォルトのブレーキ、SRAMのAPEXも計測。
R0013924.jpgR0013925.jpg



ブレーキをフレームに取り付ける際のネジ止めはタイヤが干渉してやりにくいので
前後タイヤを外して作業した。
R0013923.jpg



今回は整備の本にも書いてある通り、タイラップを巻いてトーインをつけることにした。
後、作業しやすいようにホイールからタイヤを外した状態にした。
R0013926.jpg
R0013927.jpg
ブレーキシューをネジ止めする時、最後にどうしてもシューが微妙に動いてしまう。
何度か粘って、前後ブレーキのブレーキシューの固定のみで30分以上かかった。



トーインをつけた状態。上の写真が後ブレーキ、下が前ブレーキ。
R0013931.jpg
R0013933.jpg
もっときれいにトーインをつけられればいいんだが、これが精一杯であった。



最後にタイヤを付けたが、ちょっと問題が・・・・・・・・。
R0013935.jpg
ブレーキアーチが完全開放の状態 (ブレーキワイヤーを張ってない状態) では、
タイヤがブレーキアーチに干渉してしまう。
ブレーキワイヤーを張れば問題ないが、走行中に突然ワイヤーが外れたらタイヤがロックして危ないかも。



上の写真二枚がSRAMのAPEX。下の二枚がBR-R650。
R0013775.jpgR0013774.jpg
R0013936.jpgR0013937.jpg
やはり黒色のAPEXの方がよかったな。銀色のBR-R650はフレームのカラーと合ってないと思う。
なんかブレーキだけが浮いてしまっている。で肝心のタイヤの脱着はどうか???
APEXの時と全然変わってない!!
依然ブレーキレバーの遊びをしっかり確保しないと脱着は不可能であった。



ちょっと調べてみるとキャリパーブレーキのアーチサイズというのは、
フレームに固定するピボット芯からシュー芯(左右のシューの芯を結ぶ直線)までの垂直距離とのことである。
下の写真では赤線の長さがアーチサイズになる。
2356871.jpg
R0013963.jpg
シマノのカタログに載っているキャリパーブレーキのアーチサイズは、
取り付け可能な最大のアーチサイズのことである。
可能アーチサイズの大きなブレーキを使っても、タイヤ脱着に余裕は生まれない。
DEFY ADVANCED SE のアーチサイズは変わらないわけだから。

ブレーキレバーの遊びを少なくして、タイヤを脱着する時にマイクロアジャスターでブレーキワイヤー
を緩める方法もあるが、その都度ブレーキアーチのセンターを調整しなければならないかもしれない。
フレームの設計上、DEFY ADVANCED SE のピボット芯はリムに近い位置にあるので、
これはどうすることもできない。
輪行をするなら太めのタイヤは使えないな。 (その都度、空気を抜くなら話は別だが)
今まで通りブレーキレバーの遊びを大きめに確保して対処するしかないようだ。
アーチ開放状態でタイヤが干渉すること、最後の写真のようにアーチサイズが最小になる位置で
なんとかシューがリムに当たることを考慮すると、BR-R650は DEFY ADVANCED SE に向いてない。
元に戻すしかないな。

一方、BR-R650 のフィーリングは、効き始めはトーインの効果でマイルドであった。
BR-R650 のブレーキアーチは APEX より肉厚で剛性感があるようなので、
ブレーキレバーをギュッと力強く握った時の効きは APEX よりも強かった。
トーインを付けると効き始めがマイルドになるので、
トーインを付けた時はブレーキレバーの遊びをできる限り少なくしたら
フィーリングがよくなるんではないかと感じた。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.