我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

サスペンションフォーク(Marzocchi Corsa SL LR) の分解・調整

2011-02-12
Top Page26インチMTBショック
マルゾッキサスペンションフォークの交換(その2)からの続き
http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-163.html



Marzocchi Corsa SL LR に唯一ついていた付属品はスペーサー、1個のみであった。
R0013425.jpg
こいつを使用してデフォルトの100ミリストロークから120ミリにアップさせなければならない。



後々のために、最初にデフォルトのストロークの長さを記録しておく。
R0013525.jpg
105ミリであった。



まずはエア側。キャップを外して、必ずエアを抜いておく。
分解の前にエアを抜かないと大変なことになる。
R0013528.jpg
エアバルブは24ミリのソケットで外れた。



ダンパー側。まず、薄いプラスチックのヘラを使ってロックアウトレバーを取り外す。
こちら側26-27ミリ。適合するソケットがなかったのでモンキーレンチで外した。
R0013529.jpg



エア側のボトム。
R0013551.jpg
ここも適合するソケットがなかったので5ミリのアーレンキーで外した。
そのままでは、てこの力が使えないのでアーレンキーをペンチでつかんで外した。



手間取ったのはダンパー側のボトム。
R0013527.jpg
たぶんリバウンド調整ダイヤルを引っ張ると外れると見込んだんだが、頑張っても外れない。



ペンチで挟んで思いっきり引くと、リバウンド調整ダイヤルのみ外れた。
写真はリバウンド調整ダイヤルを外したところ。
R0013554.jpg
真ん中にピンらしきものが写っている。



ピンはラジオペンチで掴んで引っ張ると簡単に外れた。
R0013552.jpg
エア側と同じく5ミリアーレンキーで緩めた。



先程、取り外したピン。
R0013553.jpg
矢印のところに接着剤らしきものが付着している。
本来は、このピンとリバウンドダイヤルが接着剤によって引っ付いたようだ。
今回は無理に外してしまみたいだ。ちょっと失敗したかも。
リバウンドダイヤルを、右か左か、どちらか一方的に回した状態で引っ張ると
簡単に外れるのかもしれない。この辺はマニュアルがあればいいんだが。
残念ながらマルゾッキのマニュアルは公開されてない。



これで完全分解できるかと思ったが、ボトム側の部品が外れない。
エア側、ダンパー側のボトムのパーツは固着してるようだ。
R0013550.jpg
先程外したネジをもう一度装着し、軽く締めてから、時計反対回り3回転ほど緩めた状態で、
写真のようにプラスチックハンマーで軽く叩くと固着がとれた。



サスペンションオイルが出てくるので廃油受けを用意する。
R0013531.jpg



エア側のアウターチューブとインナーチューブの間にゴムの部品が嵌っていたので、
忘れないように記録しておく。
R0013532.jpgR0013533.jpg



サスペンションフォークの分解は大変な作業だ。ご覧の通り散らかしてしまい丸一日かかってしまった。
R0013534.jpg



各パーツの写真。赤印がエア側。ピンク印がダンパー側。
R0013535.jpg
R0013536.jpg

エア側のパーツ。
Marzocchi Corsa SL LR はネガティブエアーではなくネガティブスプリング。
赤印がネガティブスプリング。
R0013537.jpg

ダンパー側のパーツ。
R0013538.jpg



消耗パーツらしきものをチェックしておく。まずはエア側から。上から順番に・・・・・
エアバルブ。
R0013543.jpg

エアシャフトアッシー
R0013544.jpg

アウターチューブとインナーチューブの間のゴムの部品。名前わかりません。
R0013545.jpg

ボトムナット。
R0013546.jpg



次はダンパー側。上から順番に。
ダンパートップキャップ部分。
R0013547.jpg

これも部品名わかりません。
R0013548.jpg

インナーチューブ内の底に接触する部分。
R0013549.jpg






スペーサーの調整にとりかかる。
エアシャフトアッシーのデフォルトの状態。最初からスペーサーが1個入っている。
R0013539.jpg
この状態では100mmストロークである。

マルゾッキのホームページ(http://www.marzocchi.com/)には
「 Travel change to 120 & 80 w/one spacer assembled & one spacer in the box 」
と書いてあるので、
スペーサーを2個挿入すれば120mmストローク、スペーサーなしでは80mmストロークと考えてしまった。
サスペンションの構造、仕組みも考えてみたがよくわからない。
とにかくやってみるしかない。



一旦、スペーサーとネガティブスプリングを外す。
R0013540.jpg



次に予備のスペーサーを入れる。
R0013541.jpg
挿入したとき、赤印部分で「カチッ」とした手応えがる。



そしてネガティブスプリングとスペーサーを再度挿入する。
R0013542.jpg
スペーサーとスペーサーの間も、同じく手応えがある。
これでスペーサー調整終了した。



各パーツを元に戻して、作業台にサスペンションフォークを固定。
R0013555.jpg
R0013556.jpg
ここでサスペンションオイルを挿入する。
純正オイルの粘度は7.5wtなので同じ粘度のものを用意した。
マルゾッキのホームページ(http://www.marzocchi.com/)では、
エア側・ダンパー側ともにオイル量10mlと書いてあった。
オイルの量を測るのが面倒なので、アバウトであるが、それぞれに約12グラム入れといた。
(オイルの比重は0.8-0.9なので)
エア側・ダンパー側の各キャップを締めてサスペンションポンプでエアを約100psi入れる。
エアをいれないとストロークが確認できない。

ストロークの長さを測ると85ミリ。(スイマセン。写真撮ってません)

逆だったんだ!!
正解はスペーサー0個で120ミリ。1個で100ミリ。2個で80ミリなんだ。
仕方ない。再度分解することにした。



エアシャフトアッシーのスペーサーをすべて外して、ネガティブスプリングのみを挿入する。
R0087.jpg
先程と同じように赤印で手応えがある。



再度組み立てエアを入れてストロークを測定。
R0013558.jpg
ちゃんと125ミリになった。これで作業終了だ。



KONA ONE20 Deluxe に Marzocchi Corsa SL LR を装着してみて家の付近を走ってみる。
後のブログでも報告するが、ROCKSHOK DART2 との性能の違いは歴然だ。
ただ、ロックアウトレバーをロックとフリーそれぞれにしてみて乗り味を比べてみたが違いが感じられない。
ロックアウト機構がちゃんと作動してるんだろうか?
もちろんダンパー機能は作動してるが。
ダンパー側は単に分解して再度組み上げただけなんだが。
これからダート道でロックアウト機構が作動しているか再度確認していこうと思う。

完成編につづく http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-166.html 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Nike Air Max

Chaussure Nike What's driving Nike Air Max 90 this What's driving Nike Air Jordan this.ü  Boosts skin tighteningü  Boosts skin tightening. The post, which got Nike Air Max 90 a lot of attention over the weekend, had West purportedly writing, Im ope...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もコルサを買いました。
メンテの参考にさせていただきたいと思います。

ところで、ロックアウトが効かないようですが、
分解したときにLRカートリッジのオイルを抜いているようですが、カートリッジのオイルが空ではないですか?
LRカートリッジの中はオイルで満たされていないといけないようです。

No title

アドバイスありがとうございます。
初歩的な質問なんですが、「LRカートリッジ」というのは、ダンパー側のことなんでしょうか?
オイルを満たすということは、ダンパー側は一杯一杯までオイルを満たさなければならないとういうことでしょうか??

No title

LRカートリッジ単体のオイル交換動画を見つけました。
この中ではカートリッジはオイルで満たしています。

左右のオイル10mLは、単にフォークのブッシュの潤滑用ぽいですね。

http://www.youtube.com/watch?v=bDP6X4nmp9c

No title

どうも、どうも!!
準備ができたらLRカートリッジにオイルを入れてみます。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.