我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

御母衣ひるがの南線(その2)(蛭ヶ野林道・大黒谷林道)(岐阜県高山市荘川町)

2010-12-06
Top Page林道ツーリング、サイクリング東海地方
その1からのつづき http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-138.html



19.02キロの大日谷。下流方向に向かって撮影。
R0013078_20151223133310ce7.jpg



19.31キロ。
R0013084_201512231333103b5.jpg
「・・・・谷」 と 「・・・・谷」 の間は、坂道を登って頂上に到達し、
ほんの少し頂上の平坦な道を走り、次に坂道を下って次の谷に到達する繰り返しである。
これが御母衣ひるがの南線の特徴だと思った。
全体的に激坂はなく 5-8‰ ぐらいの坂道が多いような感じであった。
登り坂でサイクルコンピューターのケイデンス表示を確認すると 60/min ぐらいで速度は7-8km/h。
もちろんフロント32T(フロントはシングルである)×リア32T(ファイナルロー)である。
以前は、60/minまで落ち込んだら太ももの表側の筋肉に乳酸がたまりギブアップして自転車を押してたが、
この日は異様にスタミナがある。
9月にMTBシューズを購入し、その際にビンディングの位置を1-2センチ後退させたことで、http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-24.html
大腿の表裏の筋肉がバランスよく疲労し、これがスタミナアップにつながった。
結局、この日の全旅程40キロのうち、降車して押したのは1キロ未満であった。



20.62キロ。 木々の隙間から、なんとか遠くを見渡せた。
R0013085_20151223133311fc8.jpg



21.32キロ。ゲート。
R0013086_201512231333132b7.jpg
日曜日なので開いてるんだろう。 ゲートには特別な標識はなかった。
ここを通り過ぎるちょっと前に、初めてバイクとすれ違った。
4ー5台の集団で250cc以上のオフロードバイクであった。
本日は合計20台ぐらいのバイクとすれ違った。



22.21キロ。 アマゴ谷に到着。
R0013089_20151223133543ca0.jpg
R0013090_20151223133543b49.jpg
草を掻き分けたら橋の名前のプレートがあった。                       

下流方向に向かってアマゴ谷を撮影。
R0013087_20151223133308d03.jpg
「 アマゴ谷 」 という名前だから、いかにもアマゴがいっぱい居る雰囲気を醸し出してるのかと思ったが、
本日すでに通過した大シウド谷、小シウド谷、大日谷のほうが渓流魚が居そうな雰囲気であった。



22.53キロ。
R0013091_20151223133545145.jpg
アマゴ谷林道(ピンク印)との分岐点。林道の標識は見当たらなかった。
朽ち果てて消滅してしまったんだろう。アマゴ谷林道も行き止りの林道である。
ここの分岐点のちょっと手前に廃墟が・・・・・・・
R0013092_20151223133546642.jpg
二階建ての大きな建物であった。一見ロッジ風だが、 この時点では何の建物かわからなかった。



23.04キロ。 先程のアマゴ谷林道の分岐点から坂を駆け上がってきたところ。
R0013100_20151223133541c74.jpg
R0013093_20151223134334ce3.jpg
開けた場所に出たので北西方向に向かって撮影。
広角レンズで撮ったので小さくなってしまったが、スキー場の跡であった。
矢印付近にリフトの残骸がみられた。
先程遭遇した建物は、この写真の左隣にあり、スキー場の施設であることがわかった。



24.31キロ
R0013102_20151223134335abf.jpg
また綺麗な紅葉をみつけた。
アマゴ谷から蛭ヶ野林道のゲートまでの約4キロの間は、開けた場所が多く景色もいい。
とりあえず御母衣ひるがの南線を楽しみたいのであれば、 この間のみの往復も、ありかなと思う。



24.98キロ。 ひるがの側のゲートまであと少し。
R0013105_20151223134336055.jpg



26.07キロ。
R0013109_20151223134338ca8.jpg
蛭ヶ野林道の入口ゲートに到着。
突き当たりの三叉路を左に曲がれば大黒谷林道、右に曲がればひるがの高原である。
御母衣ひるがの南線は、ひるがの高原方面から来る人が多いと思う。
よってひるがの高原から来れば、このゲートを反対方向から侵入することになる。
御母衣ダム湖沿いの国道156号からアプローチする人は極めて少数派だろう。
ゲートの右の鉄格子はこんな感じ。 
R0013110_20151223134333e5c.jpg
  
ゲートの左の鉄格子には、こんな看板が貼り付けてあった。
R0013113_20151223134603629.jpg
さっき見たのは 『 尾上平スキー場 』 だということがわかった。
後で調べてみると1986年頃に廃業したようだ。 ダイナランドに客を奪われてしまったのだろうか・・・・・・・・・・
試しに26.07キロ地点の三叉路から、ひるがの高原方面(黄色方向)に少し歩いてみた。舗装されている。
R0013112_20151223134602d90.jpg



三叉路を大黒谷方向(ピンク色方向)に進むと、いきなりゲートがある。
R0013111_20151223134601b4a.jpg
このゲートは開いておらず鎖には鍵がかかっていた。 ここより大黒谷林道である。



27.70キロ。
R0013114_20151223134604dfc.jpg
大黒谷林道は下り一辺倒である。上り坂は一切なかった。



28.79キロ。舗装されていないが走りやすい。
R0013117_20151223134600939.jpg
西側には包み込まれるような紅葉であった。
R0013115_20151223134933e67.jpg



29.63キロ。 大黒谷ダムにさしかかってきた。
R0013119_2015122313583902f.jpg



29.87キロ。
R0013121_20151223135840526.jpg
大黒谷ダム付近は、本日最高の紅葉であった。
天気は曇り空であったが、風が全くなく、しっとりとした静かな湖面に紅葉が映っており
写真好きの人なら、丸一日いても退屈しないような場所であった。



30.30キロ。 大黒谷ダムに到着。想像してたよりも大きい。
R0013124_20151223135843b96.jpg
R0013123_20151223135841e7d.jpg
ここに到着した時、ちょうど2組の老夫婦がキャンプの後片付けをして帰るところであった。
昨日より、ここでキャンプをしてたのことであった。
名古屋ナンバーのマイカー2台で来てたが、 確か、大黒谷林道入口のゲートはしまってたはず。
どうやって入ってきたんだろうか??
R0013126_2015122313583828b.jpg
R0013129_20151223140035499.jpg
ダム湖では時々、魚が跳ねていた。にわか釣り師としては、どんな魚がいるのか興味津々であった。
アマゴがマス化して大きくなっているんだろうか??
まさか、こんな高いところ(海抜1000m)にバスはいないだろうし・・・・・・・・・・



31.39キロ。
R0013130_20151223140035797.jpg
最高の紅葉を見させてもらって、いい気分で降りていく。



32.48キロ。
R0013131_201512231416329dd.jpg
左に曲がれば大黒谷林道。右に曲がれば大谷林道である。水色印のところに 「 大谷林道 」 の案内板があった。
大谷林道は行き止りの林道であるが、なぜかタイヤ痕は大谷林道方向の方がしっかりと残っていた。
『 ・・・・・・んー、ちょっと変だ・・・ 』 と不審に感じたが、
まあ大丈夫だろうと気にも留めず予定通り、大黒谷林道を突き進んでいく。

橋より上流方向を望む。
R0013132_20151223140038315.jpg
大谷林道は川の左側を走っている。



32.76キロ。
R0013134_2015122314003304d.jpg
ちょっと進むと草ボウボウで道幅が狭くなっていた。
でも昨日走った和佐谷秋生林道(http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-147.html)に比べたら
まだまだ走りやすい。どんどん突き進んでいく。



33.45キロ。
R0013135_20151223140301679.jpg
さらに道路状況悪くなる。
午後の早い段階で林道ツーリングを切り上げて、晩飯前までに家に帰る計画であったが、
ご覧の通りの路面なのでスピードが乗らない。
早く帰らなきゃ、東海北陸道・一宮JCTの渋滞につかまる。 焦る。



その3につづく http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-133.html

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1日3分の練習で変わる9日間ライテク上達法

1日3分の練習で変わる9日間ライテク上達法 「くやしー・・ついていけない」 以...

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.