我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

VOODOO クロモリ 29er(その2)

2009-11-25
Top Page29インチMTB Newバイク紹介
まずタイヤ。

NoTubes - The Crow Tire 29x2.0・・・・・・・極めてマイナーなメーカーのタイヤを買った。
このタイヤってほんと軽い。メーカーの公表値は430-470グラム。
軽くできてるのでケーシングは非常に薄く指定空気圧は20-40psiと低め。
購入時のタイヤの重さは、2本それぞれ、451と453グラムであった。
その前に装着してた、WTB NANORAPTOR 29-2.1 が、それぞれ739と714グラムだったので
大幅な軽量化となった。

装着したときのタイヤ幅はノギスで計測して、ジャスト5.00センチであった。
ほんとは、もう少し幅広のタイヤがほしかったんだが。
なぜかというと細いクロモリフレームには、逆に太いタイヤがとてもお似合いだと考えてたので。
僕がこのタイヤを買った直後にNoTubes - The Raven Tire 29x2.2が販売されてちょっとショックを受けた。
このタイヤのセールスポイントは、特殊な溶液をタイヤ内に注入して容易にチューブレス化できることであるが、
軽さ目的のみで買った。
たぶん、日本国内には、この店にしか売ってないんじゃないだろうか???
http://www.cg-paz.com/shop/index.html
ここが http://www.notubes.com/home.php、このタイヤのオリジナルサイト。



ホイールはSUNringle イコライザー21。

ヤフオクにて2本12000円ぐらいで購入。たぶん並行輸入品だろう。
重さは、それぞれ448,449グラムであった。



ハブはシマノのDeoreXT。
 
将来のディスクブレーキ化も考えてディスクタイプを選んどいた。



前後ホイールは手組ホイール。全くのド素人であるが自分で作った。

前後ハブの実測値は以下の通り。
FH-M775-S 339グラム
クイックレリーズ 64グラム

HB-M775-S 172グラム
クイックレリーズ 59グラム

なおスポークは、ハードなライディングは一切しないこと、
体重が60キロを切るので、迷うことなく15番のDTを選んだ。
ミノウラのホイール組み立てセットとパークツールのスポークテンションメーターを使用し、
1週間ほどで完成した。

完成時の重量は、前850グラム 後1015グラム

新しいホイール、タイヤの前後合わせた総重量は、(チューブは除く)
     
        1015 + 850 + 451 + 453 + 37 = 2806グラム
                     ※37グラムはリムテープ2本の重さ
それまでのホイール、タイヤの前後合わせた総重量は
          
1280 + 1058 + 739 + 714 = 3791グラム
                         ※リムテープはすでにリムにつけた状態


前ホイールのスペックは、 
リム SUNringle CR-18
スポーク DT14番
前ハブ シマノM525 後ハブ シマノM525
タイヤ WTB NANORAPTOR 29-2.1 ワイヤービート


ということで、実にマイナス985グラムの軽量化を達成した。
付け替えてからは、走りがずいぶん軽くなり遠距離でも疲れにくくなった。
このホイール、タイヤを使い始めてからは、めっきりロードバイクの出番がなくなった。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.