我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

VOODOO クロモリ 29er(その4)

2009-12-03
Top Page29インチMTB Newバイク紹介
bazooka カラーグリップ 

このグリップは、今まで表面がスポンジと思ってた。
ところで今回サイクルモードでゲットしたTAK21のカタログに、この製品が載っていた。
カタログによると 「 ケブラー生地を採用したフォームグリップ 」 と書いてある。
このスポンジグリップが柔らかく手になじんで振動を吸収してくれる。
スポンジ様のグリップはあまり見かけない。
ショップに置いてあるグリップはゴム様、あるいはラバー様のグリップが多い。

話は少しそれるがTAK21のカタログは結構役に立ちそう。
最近ショップに行くと、シマノ製のシフト・ブレーキ・アウターワイヤーを圧倒するかの勢いで
「Jagwire」というヒョウ?のマークをしたワイヤー類が占拠しているのを見かける。
このカタログには 「Jagwire」 http://www.jagwireusa.com/ の製品が詳しく載っている。
興味のある人は、是非、サイクルモードなどでゲットしたらいいと思う。



バーエンドバーは BBBクラシック BBE-07

メーカー発表のスペックは、
ペア重量:144g
長さ:ストレート部分-110mm、ベンド部分-30mm
握り部分径:22.5mm
実際使ってみて僕には長過ぎた。



ハンドルは BBBトップバーOS

スペックはカタログより
・幅:560mm
・クランプ径:31.8mm
・ライズ:0mm
・バックスイープ:5°
・カラー:ブラック
・参考重量:175g
・ダブルバテッド加工の2014アルミニウム合金製。

ハンドルは全長530ミリにカットした。
今思えば全くカットする意味がなかった。
無駄なことをしてしまった。



ステムは FSA OS-190 LX

ベーシックグレードのステムだが、これで十分。 長さ70ミリとかなり短め。
体が堅いので前傾姿勢をとりづらく短いのを使ってる。
乗り込んでくると短すぎると感じる時もあり80ミリに変更しようか検討している。



CAT EYE のCC-RD200です。

どちらかといえば、ワイヤレスタイプではなく有線タイプのほうが個人的には好きだ。
ロードバイクの名残で、ケイデンスも計測できる製品を使っている。
本来ならスピードセンサーとケイデンスセンサーはチェーンステーにつけるんだが、
マウンテンバイクなのでホイールとチェーンステーのクリアランスがあり過ぎて、
チェーンステーにスピードセンサーを付けることができなかった。
だから、スピードセンサーを前輪側に付けた。

新品時はスピードセンサーとケイデンスセンサーのコードはつながってるが、
両センサーの場所が離れてるので、つながってるセンサーコードを二つに裂いた。


でも、このコンピューターのフォントは見やすい。
ボディ全体をプチと押して表示を切替える操作性も気に入ってる。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.