我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

MTB整備(ディスクローター取り外し)(KONA ONE20 deluxe)

2009-11-19
Top Page26インチMTBコンポーネント
ディスクローターを取り外す。
以前、星型トルクスのねじ山を潰して大変なことになってしまったので、 今回は慎重に作業した。

ドライヤーとパークツールのPH-T25という品番のT型トルクスレンチを使う。



タイヤの下に不要になったコタツ布団を敷いて、できる限りぐらつきを押さえ、(コレがコツかもしれない)
トルクスレンチのパワーがネジ山に十分伝わるようにした。

各ねじの周囲をドライヤーで1-2分暖めてから解く作業を行った。
12個のうち2-3個は、一発で解けなかったので再度ドライヤーで暖めて解いた。
30分で合計12個のネジを無事外すことができた。
12個のうち半分は、解ける瞬間にパッキンと金属音がした。
たぶん固着しているロックタイトが外れる音だと思う。
妙な話だが、このパッキンという金属音は結構、快感になってくる!!
そして残りの半分は、解ける時にヌルッとした普通のネジの感触であった。

今回はドライヤーの効果があったかどうかわからないが、
ロックタイトの威力は凄まじく解体するときには非常に厄介だ。
またネジが小さくなればなるほどロックタイトの威力は増すと思う。
整備の本にも書いてあったが6穴ローターを外す時はT型トルクスレンチが必須だと思う。



ディスクローターは Shimano MTB COMPONENTS Non-Series に分類される、SM-RT51.

実測重量は取り付けネジも含めて163グラムであった。
写真にも写っているがレジンパッドのみ使用可能と書いてある。
シマノのすべてのディスクローターは、メタル、レジンともOKと思っていたが、
SM-RT51 はメタルパッドは不可ということみたいだ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.