我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

シマノ WH-MT65 を購入

2009-12-19
Top Page26インチMTBホイール
MTB整備(ホイール2)からのつづき ( http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-120.html )



スポークの本数も決まり、ワールドサイクルでリム・ハブを発注しようとした矢先に、
ヤフオクを物色しているとシマノWH-MT65(センターロック) が
送料込みで約28000円で出品されているのを発見。
急遽変更し即決落札した。
WH-MT65を選んだ理由はシュミレーションした手組ホイールと較べて
重量がほとんど変わらないこと、スポーク数が少なく空気抵抗が少なそうなこと、
デザインが手組に較べてカッコいいこと、将来チューブレスタイヤにも使えること、最後は値段で決めた。



対応が早く入金して翌日に到着した。


ホイールの入っている段ボール箱は、700Cホイールの箱に較べて小さめの150サイズであった。



重さを計測する。


前ホイール 813グラム、後ホイール 991グラム



チューブレスタイヤ用バルブはペアで12グラムであった。

実際にはチューブドタイヤで使用するのでチューブレスタイヤ用バルブを抜いた状態で
ホイールの重さを新たに測定した。
前ホイール 807グラム、後ホイール 985グラム
また、うれしいことにWH-MT65はリムテープは不要である。



次にリムの外幅、内幅をノギスにて測定。

外幅 23.3ミリ  内幅 19.0ミリ
内幅は普通のMTBホイールに較べ広い。
チューブレスタイヤホイールを扱うのは初めてだが、タイヤのビートを引っ掛ける
リムのビート座の盛り上がりがチューブドリムに較べると全然低い。
そういう訳でリム内幅が広めなのかもしれない。
あと、これだけビート座の盛り上がりが低いとチューブドタイヤのビートが
しっかりとフックするか不安になってしまう。



次にスポークの太さを測定。

スポークテンションメーターに付いてる、スポークの太さを測定するプレートのようなもので
測定したが、1.8-2.0の楕円形みたいだ。



念のため、振れ取り台に載せて振れとスポークのテンションをチェックした。


前後ホイールの縦触れ、横触れは、1.0ミリ未満ぐらい。

次にテンションは、

前ホイール ディスク側 85-95kgf
      反対側 56-68kgf
後ホイール ディスク側 62-76kgf  
      スプロケット側 107-121kgf
※ スポークがroundタイプの2.0ミリとみなして張力換算表で求めたデータなので参考値と思ってほしい。



( ※平成25年6月26日 使用距離2600キロにて振れをチェックした。 )
P6261867.jpg
前後ホイールともに縦・横フレは1ミリ未満と、購入時と全く変わらなかった。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.