我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

シマノディスクブレーキレバーを分解した

2015-07-31
Top Page29インチMTB コンポーネント
3カ月前に29インチMTBのディスクブレーキ ( DEORE BL-M596 + DEORE BR-M596 ) のブリーディングを行った。
ブリーディングは問題なく済んだが、以前と同じようにブリーディング直後に
左右ブレーキレバーのリザーバータンクのカバーの継目からオイルが微妙に漏れるため、(一過性の漏れ)
カバーを外してチェックしたところ、右ブレーキレバー側の星型トルクスT10のネジ1個がバカになっていることが判明。
直ちに星型トルクスT10ネジを発注した。

( ※左右ブレーキレバーの星型トルクスT10ネジ4個のネジのうち1個のネジ山が擦り切れていた。
他人のせいにするのは良くないが、自分で力強く締め付けた覚えはない。デフォルトでネジにダメージがあったのかもしれない。 )

その後、ネジが1個バカになっている状態でもブレーキレバーは問題なく機能するので放置していたが、
最近、再整備する気分になり重い腰を上げることにした。
P7251055.jpg
P7251057.jpg
ブリーディング直後、赤矢印部分からオイルが滲んでくる。
オイルの滲みは一過性で、しばらくすると完全に止まる。



これからブレーキレバーを分解して新しいネジに入れ換えていく。 まず右ブレーキレバーから。

ブリードスクリュー(赤矢印)を取り外す。
緑矢印が今回問題となった星型トルクスT10ネジ。 左右ブレーキレバーで合計4個ある。
ここではリザーバータンクのカバーを留めている。
P7251058.jpg

カバーを留めているネジを外す。
P7251059.jpg



カバーを取り外す。 アルミプレートを留めているネジ(赤矢印)(星型トルクスT10)を取り外す。
P7251060.jpg

アルミプレートを留めているネジを取り外した。
P7251061.jpg

アルミプレートを取り外す。
P7251062.jpg
リザーバータンクを覆うゴムカバー(赤矢印)を取り外すとリザーバータンクが現れる。
P7251063.jpg

反対側から見ると、こんな感じ。
P7251064_20150728081414765.jpg
赤矢印の穴からオイルが逆流してリザーバータンクに貯まっていくものと思われる。
大昔のリザーバータンクに直接オイルを注ぐタイプとは構造が違うようだ。
なお3ヶ月前にオイル交換したのでオイルの色はピンク色のままであった。
一般的にオイルが古くなると色は透明になる。

この後、左ブレーキレバーも同様に分解した。



ブレーキレバーを構成しているスモールパーツは以下の通り。
P7251065.jpg
手で触って判明したがリザーバータンクのカバーはプラスチック製。(緑矢印)
やはりDEOREグレードのブレーキレバー。 しっかりコストダウンしている。
分解しなかったら、アルミ製だと永遠に思い込んでいただろう。
ゴムカバーは極めて薄くペラペラで柔らかい。
アルミプレートの裏にはプラスチックプレート(紫矢印)がへばり付いていた。
赤矢印は今回のポイントになる星型トルクスT10のネジ。

最初に述べた通り星型トルクスT10ネジの一つ(赤矢印)が擦り切れてバカになっている。
P7291090.jpg
マクロ写真で撮ったが、ネジ山が擦り切れてる部分をうまく表現することはできなかった。

ダメなネジは1個だが、すべて交換するのでスモールパーツ(Y8VC98050)で4個購入した。
P7221054.jpg
税込み449円であった。



新しいネジを取り付ける。

リザーバータンクにゴムカバーを被せる。
P7251066.jpg

ゴムカバーの上にプラスチックプレートを被せる。
P7251069.jpg

アルミプレートを嵌め込む。
P7251070.jpg

アルミプレートの右側をネジ止めする。
右側をネジ止めするとプレート左側(緑矢印)が微妙に持ち上がってくる。
P7251071.jpg
スモールパーツで購入した、このネジの推奨締付けトルクは不詳。
アルミプレートの左側はプラスチック製のカバーに重ねて留めるので、
力強く締めるとカバーが割れてしまう可能性大。
したがって、このネジの推奨締付トルクはかなり小さいと思われる。
よって小さなトルクで締めるため、トルクスレンチの柄でなく軸部分をギュッと指で摘んで思いっ切り締付けた。

ゴムリングを嵌めこんだ。
P7251072.jpg

カバーを取付け左側(赤矢印)を先程と同様の弱いトルクで締付けた。
そうするとカバー右側(緑矢印)が微妙に持ち上がってくる。
P7251073.jpg

ブレードスクリューでオイル穴に栓する。
P7251074.jpg
ここで、なぜブレードスクリューのネジ皿が大きいか気が付いた。
このブレードスクリューはオイル穴の栓だけでなく、カバーの留めも兼ねている。



ブレーキレバー再組立完了し、ブリーディングに取り掛かる。 まず前ブレーキから。
P7251079.jpg
本来ならレバー、キャリパーとも完全に外してブリーディングを行わなければならないが、
面倒なのでレバー、キャリパーとも付けた状態で行った。
レバー、キャリパーを外すと半日仕事になってしまう。
3カ月前のブリーディング時も同じ態勢で行ったが問題なかった。

後ブレーキもレバー、キャリパーとも付けた状態で行った。
P7251081.jpg



ブリーディングは問題なく終了したが、
終了間際から左右レバーのカバーの継目からオイルが滲んできた。(翌日以降のオイル漏れはない)

今回は星形トルクスT10ネジを新調し、慎重に組み付けたが結果は同じであった。
また作業前は右レバーの星形トルクス1個バカになってリザーバータンクのゴムカバーの押さえが弱かったが、
押さえが弱いこととオイルの滲みとの因果関係はなさそうだ。

分解して改めてわかったが、構造上、リザーバータンク・ゴムカバーを押さえつける力は弱い。
ゴムカバーをしっかり押さえつけようとすると星型トルクスT10ネジが擦り切れてしまう。
したがってブリーディングによりリザーバータンクにオイルが逆流して満たされ過ぎれば、
外側にオイルが滲んでくるのではなかろうか。
だから、ブリーディング時のオイルの滲みはゴムカバーの押さえが弱いこととは関係なく、
この製品の仕様という結論に至った。

ところで新型XTR(9000系)新型DEORE XT(8000系)のブレーキレバーは
クランプとリザーバータンクが一体成型されている。
そして一世代前の980系XTRも一体成型であったが、一世代前のDEORE XT(780系)より下位グレードは、
今回のタイプと同様に一体成型されてないので、一体成型はコストがかかると思われる。
よって次に新発売される新型SLX以下のブレーキレバーが一体成型タイプになるかどうか興味深々だ。

一体成型タイプの図面を見る限り、ブリーディング時にオイルが漏れる隙間はなさそうなので、
オイル漏れゼロのブリーディングを目指す僕にとって、一体成型タイプのブレーキレバーへの物欲が湧いてきた。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.