我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

芦浜池・芦浜トレッキング ( 三重県大紀町 )

2013-02-19
Top Page林道ツーリング、サイクリング三重県
散策日 2013年2月11日 



三重県・志摩半島南部はリアス式海岸なので海岸線の地形は険しい。
地図で見ると外海へは徒歩で行くしかない。
海岸のほとんどは断崖であるが、所々に小さな浜と池がセットになったポイントがあり興味をそそる。
インターネットで調べると大紀町にある芦浜池・芦浜が手頃そうなので、ここへ行くことにした。

本日の散策ルート http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=70efa949a0bf363b4d2443247dde36e0



塩浜山村広場に車を止めトレッキングをスタートする。
P2111069.jpg
塩浜山村広場は災害用のヘリポートのために作られたようだ。( 赤印はヘリポート )
海抜90mと小高いので眺めはいい。
近所を走ることがあれば立ち寄るだけでも十分価値がありそうだ。



東屋のそばにあった案内図
P2111067.jpg

南側は熊野灘。手前に見えるのは塩浜。
P2111064.jpg
当日は冬型の気圧配置であったが、こちらは御覧のとおり最高の天気であった。

北側には錦漁港。
P2111063.jpg



午前10時2分、駐車場の隅より芦浜・芦浜池へ向かう。
P2111068.jpg

歩道の入口にある標識。
P2111072.jpg
これから歩く歩道は近畿自然歩道と表示されている。

歩道の地図。
P2111071.jpg
黄色矢印がこれからの歩行ルート。



歩道は幅広く、階段が数箇所ありよく整備されている。
P2111075.jpg

途中、西側を見下ろすと塩浜が見える。
P2111077.jpg
この塩浜も完全なプライベートビーチ。



10時16分、アップダウンを繰り返して海抜170mの黒浜展望台に到着。
P2111078.jpg

展望台の前の木々は伐採され南方向を見渡せるが海岸線まで見えない。
P2111079.jpg
黒浜展望台より近畿自然歩道と芦浜への分岐点までは終始、尾根の上を歩いていくが、
木が生い茂って海は思ったほど見えない。



途中、このような休憩ポイントが数箇所ある。
P2111083.jpg

小さな神社。
P2111084.jpg
この付近も木で遮られているが、尾根上なので風通しがよすぎて寒い。夏に歩けば逆に涼しいかも。

木のほとんどはウバメガシじゃないか。
P2111087.jpg

ポツリ、ポツリと椿の木もあった。
P2111092.jpg



見晴らしのいい休憩ポイントに到着。ここからの眺めは、本日、芦浜までの道中で一番よかった。
P2111098.jpg

180m下に無名のプライベートビーチ。地図で見ると浜の全長は約100m。
P2111100.jpg
ここへアクセスするには船しかないようだ。徒歩では絶対無理だろう。



11時10分、先程の休憩ポイントから1-2分で近畿自然歩道と芦浜への道への分岐点に到着。(海抜200m)
P2111101.jpg
右に曲がれば芦浜。左に曲がれば近畿自然歩道を通って錦の浅間神社に通じる。

左に少し入って別の角度から分岐点を撮影。
P2111102.jpg

標識を拡大。
P2111103.jpg



近畿自然歩道から離れ、芦浜へ向かう道は一気に細くなる。
P2111104.jpg

ほとんどウバメガシの林であるが、途中、突如現れた杉林。
P2111105.jpg

時々、木々の間から海が見える。
P2111110.jpg



11時37分、中部電力の看板前の分岐点に到着。この付近で海抜130m。
左に曲がれば姫越山。
右に曲がるか、看板の左側を直進するか迷ったが波の音がする直進方向を選んだ。
後で判明したが右に曲がっても、遠回りして芦浜にたどり着くようだ。
P2111112.jpg
青丸印の標識を別の角度から撮影。
P2111113.jpg
芦浜への方角を示しているが、向きが微妙なので分かりにくい。



中部電力の看板を越えると道は急な下り坂になる。
P2111114.jpg
だんだん波の音が大きくなってきた。芦浜に確実に近づいてる。



林を抜け平地になり芦浜に到着したかと思ったが浜はもう少し先。100-200mほど平地を歩いていく。
P2111116.jpg
ここの道は大雨が降れば消えてしまうんじゃないか。

防波堤の北側を越えていくと最終目的地。
P2111117.jpg



11時58分、待望の芦浜に到着。
P2111118.jpg

通ってきた方向を振り返る。
P2111122.jpg
赤矢印付近が通ってきた道だと思うが、もちろん木で覆われ見えない。

さらに海に近づいていく。浜の全長は約800m。
P2111120.jpg
P2111126.jpg
P2111133.jpg
本日は2月の連休の最終日であったが誰もいない。
ゴミ一つない、この開放感あふれるきれいな浜。
おまけに、この好天気だったのでなんとも言えない幸福感に浸った。
※実はゴミは海から100メートル以上奥に打ち上げられていた。
この浜は外海に面しているので、海が荒れた時には波が相当奥深くまで入り込んでいくんだろう。


海の水は沖縄の海とは違った別の透明感であるが、とてもきれいだ。
P2111123.jpg

砂浜ではなく那智黒石の浜。
P2111124.jpg
砂利の大きさは御覧の通り。
このぐらいの大きさなら裸足で歩いても痛くなく、逆に砂まみれにもならないので海水浴に好都合じゃないかな。



一方、浜の北隣にある芦浜池はひっそりと静かな雰囲気だ。
P2111119.jpg
P2111127.jpg
P2111132.jpg
池を挟んで一番向こうに見えるのが姫越山 ( 海抜502.6m )
池の周りには落葉した天然記念物のハナマツメ。

池の水はこんな感じ。海に較べると透明度は低い。
P2111128.jpg
池の水を舐めてみたが、ほとんど真水に近かった。



芦浜池・芦浜は徒歩、船でしかアクセスできないので手つかずの自然・雰囲気が残っているように思う。
本日はゆっくり寄り道をしながら歩いたので約2時間費やしたが、普通に歩けば1時間半程度で着くだろう。
また錦集落の浅間神社からアクセス ( こちらのほうがメジャーなようだ )すれば、さらに短縮できるだろう。
志摩半島南部には芦浜・芦浜池のような徒歩でしか行けない無名の浜・池が数箇所ある。
時間があれば、これらも探索してみたいと思う。

当日のGPSログ。 (OLYMPUS Tough TG-1 でゲット)                ( クリックすると拡大します )
5578rrf.jpg

塩竈浜トレッキング・サイクリングにつづく http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-305.html

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.