我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

LEDルームランプの接触不良について

2012-04-28
Top Page車、旅行
今回は2-3年前に手に入れたノーブランドのルームランプ用のLED T10×31mm-1W  の接触不良について。
DSC00674_20120405214228.jpg
このノーブランドのルームランプ用のLEDは1個450円で4個購入した。
エクストレイルのマップランプの運転席側と助手席側にそれぞれ1個、
ルームランプに1個、ラゲッジランプに1個、普通に取り付けた。
使用当初は全く問題なかったが1-6ヵ月後に接触不良によると考えられる動作不良が起こり、
スイッチオンしても付いたり付かなかったりするようになった。

結局4箇所のうち3箇所は使い物にならないためラゲッジランプ以外は純正球に戻した。



純正球と並べて較べてみる。
DSC00725897.jpg
右側はノーブランドLED T10×31mm-1W 、左側は純正球 ( 定格12V 8W )
ちなみにLEDの直径は8.30ミリ、純正球は8.35ミリであり大きな差はない。



最初に、使い物にならなかった3個のLEDを安定化電源でテストしたところ
2個は問題なく点灯し残りの1個は点灯しなかった。

先日、亀石屋 LED ルームランプのハンダ付けはうまくいったので
( http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-256.html )
このノーブランドLEDの不調が接触不良によるものであれば、ハンダで確実に取り付ければ
うまくいくのではないかと考えて早速実行した。



安定化電源で問題なく点灯したLEDを亀石屋LEDと同じように車の金具にハンダ付けした。
DSC00789.jpg
取り付け直後は点灯していたが、しばらくしてスイッチオンしても点灯しない。
仕方ないので半田吸い取り器を使ってLEDを外しチェックしてみることにした。



今回取り付けたLED。ハンダの跡が汚い。
DSC00799.jpg

裏面
DSC00800.jpg
まず安定化電源を使ってテストしたが、やはり問題なく点灯する。



ハンダによる熱にてLED本体と金属キャップの接着剤が外れやすくなってしまい、
指に力をこめて捻るとキャップが外れた。

金属キャップ
DSC00805.jpg
このキャップに車側の金具が接触して電流が導通する。



キャップを外した本体
DSC00802.jpg
一部、黄色ぽっく濁ってみえるのが接着剤だと思う。



裏面
DSC00801.jpg
赤印の端子が外側のキャップに接触して電気が通るようだ。

横からは、こんな感じ。
DSC00806.jpgDSC00807.jpg
黄色ぽっく濁ってみえるのが接着剤だと思う。



じっくり腰をすえて考えてみると直径のほとんど変わらない純正球で接触不良が起こってないので、
このLEDで接触不良が起こる可能性は低い。

今回のLED の不調は、LED本体と車側の金具の接触不良が原因ではなく、
LED内部の端子と外側の金属キャップの接触不良が原因ではないだろうか。
車にLEDを装着すると、車側の金具から金属キャップは両サイドを圧迫されるため(赤矢印)
キャップが上下方向(緑矢印)に変形して接触不良を起こすのではないだろうか??
そのように考えれば、このLEDが完全な故障ではなく点灯したりしなかったりする現象が
説明できるのではないかと思う。
( 下の写真はキャップが変形する時のイメージです。 )
DSC00817.jpgDSC00820.jpg
LEDは光源面を下に向けて取り付けるのでLED内部の端子が天井方向に向いてしまう。
LED内部の端子が上下方向ではなく左右方向にあれば接触不良は起こさないと思うんだが ・・・・・・・・・



LEDの不調が内部の接触不良である可能性が高いので、ちょっと改造してみることにした。
まず内部端子をラジオペンチを使って、できる限りまっすぐに伸ばす。
DSC00808.jpg



キャップの先端に穴を開ける。(釘とハンマーを使って開けた)
DSC00809.jpg



キャップをはめる。キャップの穴から端子が微妙に出てくる。(赤矢印)
DSC00810.jpg
もう少し端子がでてくれればハンダ付けしやすいんだが ・・・・・・・・・


キャップと端子をハンダ付けした。
DSC00811.jpg
DSC00813.jpg
非常に汚くなってしまったがなんとかできた。



今度はハンダ付けせずに、そのまま車に装着した。
DSC00823.jpg
しばらく車を走らせてテストしてみたが問題なく点灯する。



助手席側がノーブランドLED。運転席側が亀石屋 T10×31mm-9 白。
DSC00814.jpg



ノーブランドLEDのみ点灯。
DSC00815.jpg



亀石屋のLEDのみ点灯。
DSC00816.jpg
圧倒的に亀石屋のほうが明るい。ノーブランドLEDは純正球よりも暗い。
前にも測定したとおり( http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-257.html )
ノーブランドLEDの消費電力が0.633W、亀石屋のLEDが1.160Wだったので実際の明るさも消費電力に比例する。

今回は、亀石屋 LED ルームランプのハンダ付けがうまくいったので、
同じ方法で不調なノーブランドLEDをハンダ付けしたがうまくいかなかった。
しかし、そのことがきっかけとなって不調なLEDの原因が判明し、
前々から抱いていた僕自身のモヤモヤが解消した。
ルームランプ用のLEDを選ぶ時には、キャップにハンダ付けがちゃんとしてあるかチェックしたほうがいいと思う。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.