我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

Continental Race King (MTBタイヤ交換)

2012-03-29
Top Page26インチMTBタイヤ
昨年秋から使用していた超軽量MTBタイヤ・Continental Race King Supersonic 26x2.0 であるが
http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-212.html
何時の間にか林道走行中に微妙な傷をつけてしまった。
DSC00284.jpg
たぶん鋭い石を踏んだ際に付けてしまったんだろう。
やはり Supersonic は一発勝負用のタイヤなのかな ・・・・・・・・・・
軽い分、弱いんだろう。
貫通してないので大丈夫と思うが何か気持ち悪い。
500キロも使用してないのにもったいない話であるが買い換えることにした。



選んだのは Supersonic と同じグループの Continental Race King 26 x 2.2 black Skin foldable
http://www.conti-online.com/generator/www/de/en/continental/bicycle/themes/mtb/cc_marathon/Race%20King/raceking_en.html
DSC00229.jpg
タイヤの厚みがあるため Continental Race King Supersonic より一回り大きい箱に入っていた。
DSC00233.jpg
今回は初めて Chain Reaction cycle で購入した。値段は2本で33.22ポンドであった。
それに比べ Supersonic は2本で55.93ポンドと非常に高い。



重さは御覧の通り。
DSC00231.jpgDSC00232.jpg
ちなみにカタログ値は570グラム
やはり外国製の工業製品の精度は甘い。
カタログ値通りのタイヤがほしいなら made in Japan を選ぶしかないかも。



タイヤの内側からケーシングを較べてみる。
上が84tpiの Race King 。 下が180tpiの Supersonic 。
DSC00290.jpg
DSC00289.jpg
180tpiの Supersonic の方が明らかに細かい。
一見すると Supersonic は繊維が細い分密集しており、その分ゴムの量が少ないという印象である。
写真では写らないがケーシングの厚みも全然違う。もちろん Supersonic の方が薄い。



ホイールにタイヤを装着して標準空気圧の50psiまで膨らました。
DSC00292_20120322071610.jpg
正しい呼び名はわからないが、ちょっと気になるヒゲ(赤印)は Supersonic より短めであった。



タイヤ幅をノギスで測定。 4点で計測し、52.5、51.85、52.3、52.5ミリ であった。
表示幅2.2インチの割には実測値は少なめ。
DSC00293.jpg
タイヤの直径は 674ミリであった。



Continental Race King 26x2.2(右側) と Continental Race King Supersonic 26x2.0(左側)を並べてみた。
DSC00297_20120322071610.jpg
もちろん Continental Race King 26x2.2 の方が外径が大きい。

家の周りの周回コース ( 舗装路 ) を走ってみた。
乗り心地は Supersonic 26x2.0 に較べて変わらない。
Supersonic にくらべ約170グラム重いので予想通り漕ぎ出しは重いが、しばらく乗ってみると意外に遅くない。
Supersonic ではハンドルがぐらついてた、いつもの500メートルの急坂の登りでハンドルが安定するので
逆にスピードが出る。ペダリング技術が未熟な証と言われればそれまでなんだが、
今の自分には合っているようだ。
ダートでは2気圧まで落とせば十分にグリップしてくれる。
Supersonic に比べタイヤ幅が少し大きくなったことやタイヤ自体の重量が増えたことで
ワンランク上の安定感がある。
ガレ場の林道をメインに走行する僕にとって、
ある程度ケーシングの厚みがあるノーマルな Continental Race King がふさわしいようだ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.