我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

DMTシューズ(ベクトル)のクリートナットの交換

2011-06-27
Top Page26インチMTBシューズ・ペダル
昨年の秋から愛用しているDMTのMTBシューズ ( DMT ベクトル ) であるが、
R0014488.jpg
R0014489.jpg
最近、右足のクリートの位置を変更してネジを締めた際に、力が入りすぎてナットのネジ山を潰してしまった。
実は、この出来事がデジラチェを買うきっかけになった訳なんだが・・・・・。
http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-193.html



念のため、今のところ問題ない左足のネジ2本の締め付けトルクを測定したら、
R0014490.jpgR0014491.jpg
推奨トルク値は 5-6N.m 。これは締め過ぎだ!!!
左足の方のネジは今のところ壊れてないが、この値ではナットが変形している可能性大!!
とういうことで両足のナットを交換することにした。



ナットにアプローチするためにシューズの中敷きを取り外すと、布様のものでナットが覆われている。
R0014493.jpg
シマノのMTBシューズならナットに簡単にたどり着けるんだが、コイツはそうはいかない。
接着されている矢印部分を強引に剥がすしかないようだ。



工具箱からこんなものを見つけてきた。
R0014495.jpg
車の内装外しの時に使う、柔らかいプラスチック製のヘラ。
これを使って先程の部分を剥がしにかかった。 そんなに力を入れずに簡単に剥がせる。
もしかしたら、この部分はナット交換時に剥がすことを前提に弱く接着されているのかもしれない。
できる限りダメージを小さくするために、剥がす部分は最小限にするように努めた。



やっとナットを取り出すことができた。
R0014496.jpg



取り出した左右のナットを観察してみる。
撮影してる間にどちらが左右かわからなくなってしまった。
ただ二つとも同じくらいネジ部分が変形している。
R0014497.jpg

横から眺めるとよくわかる。
上の写真は手前が変形している側。下の写真は手前が正常側。
R00514498.jpg
R0014499.jpg
僕の馬鹿力が原因とはいえ、いくらなんでも変形しすぎじゃないかな!?!?!
DMTのナットは柔らかすぎるような。焼きが甘いんじゃないか・・・・・・・。



買ってきたクリートセット。
R0014500.jpg
現在使用中のクリートはまだまだ使えそうなので、
新品のクリートは温存しといてナットだけを使用することにした。



シマノのナットはDMTにくらべ、ネジ部分の出っ張りがない。
R0014501.jpg



シマノとDMTのナットの重量を測定。
R0014502.jpgR0014503.jpg
御覧の通りシマノナットの方が大きく重い。



ちょっと手間取ったが10分ぐらいで、左右のシューズにナットを挿入。
あとはクリートをネジで締め付けるだけ。
R0014505.jpg
なお剥がした部分は、そのままにしておいた。
シューズのソールが硬いので剥がした部分がそのままでも問題なさそうだ。
逆に強力な接着剤で引っ付けると、二度とナットにアプローチできなくなるかもしれない。



最後にもう一度説明書を確認する。
R0014504.jpg
推奨トルクは、5-6N.m
一度ぶっ壊してるので弱気だ。 デジラチェを 5N.m にセットして締め付けることにした。




やっと完成!!
R0014506.jpg
今回の作業を経験して、 『 やはりシューズはシマノの方がいいな 』 とつくづく感じた。
DMTベクトルは、スムーズにナットまでアプローチできないよな!!
DMTなど外国製のシューズは見た目はかっこいいんだが・・・・・・・。
次にMTBシューズを買うなら、迷わずシマノを選ぶだろう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.