我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

 次のページ »

今頃になってシマノバイクギアカタログ2016 をゲット

2017-03-21
Top Pageサイクルコラム
購入日 平成28年3月28日



シマノのカタログには大冊子のシマノバイクギアカタログと小冊子のシマノバイシクルコンポーネントシステムカタログがある。
特にギアカタログは300ページと分厚くコンポーネント購入際の参考資料として重宝している。
ここ数年、欠かさずギアカタログをゲットしてきたが、今年はタイミングを逃し手元にない。
毎年、晩秋に開催されるサイクルモード or 雑誌サイクルスポーツ or バイクシクルクラブ12月号付録でゲットしてきたが、
関西のサイクルモードは2013年限りで終了し、雑誌は買いそびれた。
寒い冬が解けサイクリングシーズンが到来。
最新版のギアカタログがないことに気付き量販店に行くが置いてない。
仕方なく インターネットで購入した。
P3282586.jpg
P3282587.jpg



今までゲットしたギアカタログ
P3282588.jpg
P3282590.jpg
2009年度よりあるが、何故か2011年だけ抜けてしまった。



ところで2009年版のギアカタログで230ページ。 年を重ねるごとに写真も増え2016年版では300ページになった。
各コンポーネントの互換表も載っており年々詳しくなっている。
P4142916.jpg



2015年度版より、ブレーキパッドも写真つきで載っている。
P4162992.jpg
そしてこのカタログの凄まじいところは、BR-M525 ・・・・・・ 10年以上前のDEOREグレードのキャリパーの適合も確かめることができる。



そして先日取り付けたブレーキホース・SM-BH90 も載っており、なんと SM-BH90 の付属パーツすべて写真付きで載っている。
P4142915.jpg
破損したOリングも載ってるし、個数3個というのも確認できるね!



このように、年々シマノバイクギアカタログの内容は充実して、
各コンポーネントパーツの現物、スペック、互換性などを調べるのに役に立つ。
ロードバイクに比べ、MTB人気は年々漸減しており、量販店に行ってもMTB売場は縮小し、
MTBに詳しい店員さんも少なくなってきたので、もうMTBパーツの購入は通販が無難だろう。
そういった通販の時に、辞書代わりとしてシマノバイクギアカタログが大いに役立つと思われる。
まだギアカタログを持ってない人は是非、最新版をゲットしよう!!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

カンガルー便のダンボール箱で飛行機輪行

2014-11-29
Top Pageサイクルコラム
10月末に石垣島に行った。
その際、飛行機輪行したので、その模様をお伝えしようと思う。

飛行機輪行には輪行袋 or ダンボール箱を使う方法があるが、
以前、当ブログでも述べた通り、個人的に輪行袋は苦手なこと、
この次に、飛行機輪行するかどうかわからない ( もしかしたら今回1回のみかもしれない ) ので、
お安くできるダンボール箱を使うことにした。

ダンボール輪行で調べると、手軽にできるものとしてBTB輪行箱カンガール便のシンプル輪行箱がある。
カンガール便は横幅151センチと大きいが後輪を外す必要がないので、これでいくことにした。



今回の石垣島はANAで往復する。 
(  往き 10月26日ANA1747便 関西900―1145石垣      帰り 10月29日ANA1748便 石垣1600―1815関西  )



ANAのホームページには

「 3辺の合計が203センチ以下であれば制限ありません。
3辺の合計が203センチを超える手荷物は、航空機の貨物室に搭載可能な場合に限りお預かりいたします。 」

と書いてあったので、予め電話で問い合わせると、

「 航空券を予約した段階で、再度連絡して下さい。 」 という回答であった。

出発1週間前にwebで航空券を予約し直ちにANAに電話した。 ANAのオペレーターの質問に対し、

「 荷物の大きさ 幅151㎝ 奥行35㎝ 高さ81㎝、重さ13キロ 」 を伝えると
「 了解しました。 空港に連絡しておきます。 ただし、やむ終えず積めない場合があるので、
その際は御了承下さい。 またできる限り早く空港に来て下さい。 」

と言われたので、どのくらい早く空港に来たらいいか尋ねると、

「 一時間前には来て下さい 」 とオペレータは答えた。



以上、飛行機輪行の下準備は終わり、出発二日前にカンガルー便のシンプル輪行箱が家に到着。
DSCN1001.jpg

付属品は、仕切りのダンボール板とPPバンドと説明書であった。
DSCN1012.jpg



底面にガムテープを貼って、ダンボールを組み立てる。 
DSCN1003.jpg
151㎝×35㎝×81㎝ の箱は想像以上に大きい。
DSCN1004.jpg

ダンボール箱自体の重さは4.5キロであった。
DSCN1006.jpg



ロードバイクの前ホイールを外し、
左右ペダル、フロントフォークのエンド部、ハンドル右側のエンド部、前ホイールのハブ部に緩衝材として新聞紙を巻き、
それぞれビニール紐を巻いて固定した。
そして後ホイールと前ホイールの間に、付属してるダンボール板を挿入した。
DSCN1007.jpg
DSCN1010_20141106064813b4a.jpg
また箱の中で自転車が動かないように、サドルの一番高い部分 ( 緑矢印 ) が天井に接触するよう、
サドル高を調整した。



ロードバイクと一緒にヘルメットやサドルバック、ライトなどを詰め、
最後に緩衝材のプチプチを入れて蓋し、PPバンドで固定した。
DSCN1016.jpg
DSCN1018.jpg
ちょっと話は脱線するが、今回の飛行機輪行で初めてPPバンドを使ったが病み付きになりそうなくらい便利なバンドだ。
軽い力でプロ並みにダンボールを縛れ、容易に着脱でき、2-3回の繰り返し使用なら十分可能。
あまりにも使い勝手がよかったので、後日、たっぷりと購入した。



最終的にダンボール全体の重さは14キロジャストになってしまった。
DSCN1014.jpg



次に車に積載するが、ここでちょっと誤算が ・・・・・・・・・・・・・・・
車の荷室の高さは85センチ、箱の高さは81センチなので余裕だろうと思ってたが、
開口部付近の高さは80センチでギリギリ入らず、横積みするしかなくリアディレイラーを上側になるようにした。
DSCN1015.jpg



関西空港の駐車場に到着。 ここからカートに載せてANAのカウンターまで運ぶ。
DSCN1021.jpg
ANAのカウンターで荷物を差し出すと、係員さんが箱の大きさが申告通りかメジャーで計測した。
そして、そのまま引き渡しかと思ったら、箱が大き過ぎるためANAのX線検査機に通らず、
保安検査場の大きなX線検査機まで係員さんと同行して、箱の検査に立ち会い、その直後に箱を引き渡した。



石垣空港に到着後、手渡しで箱を受け取り、石垣空港手荷物配送サービス宿泊ホテルに荷物を送る。
DSCN1029.jpg
運賃は輪行箱1000円、スポーツバック500円であった。



その後、路線バスで石垣市バスターミナルに行き、そこから徒歩10分でホテルに到着した。
DSC01343_20141113222800858.jpg

ホテルフロントにて荷物を受け取り、箱をエレベーターに載せようとしたがエレベーターの奥行きがないため無理。
幸い部屋が2階だったので階段で部屋に運んだ。
DSCN1034.jpg
DSCN1036.jpg
箱を開封しロードバイクの組み立て完了。
DSCN1038.jpg
なお、今回の輪行で前タイヤはブレーキアーチから外すため空気を抜いたが、
後タイヤの空気は抜かず7気圧のままであったが、全く問題なかった。
航空会社によっては輪行の時に空気を抜くよう注意してるが、本当に空気を抜く必要があるのか定かでない。
個人的には、仮に気圧が0気圧になったとしてもタイヤの空気圧が1気圧上がるだけなので
問題ないんじゃないかと思うんだが本当はどうなんだろうか???
( 実際、航空機の貨物室は、0.8気圧の与圧がかかっている )

一方、空気を抜いた前タイヤは、ホテルに仏式のフロアポンプがなかったので、
持参したハンドポンプ TOPEAK RaceRocket で空気を入れた。
真っ赤な顔になるまで頑張って、空気圧94psi であった。
「 最大120psiまで充填可能 」 とメーカーは言ってるが、本当にそんなに入るんだろうか???



箱は邪魔になるので部屋の隅に立てておいた。
DSCN1039.jpg



帰りは、往きと同じように梱包しホテルのフロントにて空港までの配送サービスを頼んだ。
そして、石垣空港では再度ANAのX線検査機に通らず ( 高さがあと5センチ低かったら通っただろう )、
約100メートル離れたJALカウンターの大きなX線検査機を通し、ANAカウンターに戻り箱を引き渡した。

その後、トラブルなく無事家に戻ってくることができた。

家に帰って輪行箱をチェックしたが、ANAが丁寧に扱ってくれたこともあり大きなダメージはなく、あと2回ぐらいは使えそう。
DSCN1207.jpgDSCN1204.jpg
DSCN1206.jpgDSCN1208.jpg
(クリックすると拡大します)

次の飛行機輪行は何時になるかわからないが、PPバンドできちっと縛って畳んだ。
DSCN1219.jpg
今回、カンガルー便のシンプル輪行箱 ( 151cm×35cm×81cm ) を使ったが、やっぱ大き過ぎる。 
大き過ぎて、非常に気を遣ってしまった。
関西空港・駐車場のエレベーターもギリギリだったし、ANAのX線検査機も通らなかった。
畳んだ寸法 ( 184cm×79.5cm×3.5cm ) も大きく、保管できる場所も限られるだろう。
『 大は小を兼ねる 』 という諺があるが、輪行箱については 『 小は大を兼ねる 』 の方が当たってるんではなかろうか。
BTB輪行箱 ( 124cm×37cm×76cm ) であれば、ANAのX線検査機は通ったかもしれないし、
横幅151cm → 124cm になるので、精神的プレッシャーも減るだろう。
後輪を外す手間は増えるが、BTB輪行箱を選んだほうがよかったのではなかろうか ・・・・・・・・

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

ミノウラ VERGO-Excel-S なしでロードバイク、29インチMTB を車載する

2014-10-07
Top Pageサイクルコラム
ミノウラ VERGO-Excel-S は自転車をガッチリ車載するには便利な道具であるが、
Excel-S 自体の出し入れ、フロントフォークの固定、そしてシートポスト上げ下げ
( 僕の車は天井がそんなに高くないので車載時、シートポストを下げなければならない )
という面倒な作業をしなければならない。
目的地に着いたら、即スタートしたい僕は、
この中途半端な天井の高さ ( 85センチ前後 ) を利用して VERGO-Excel-S なしで車載してみた。



【 ロードバイク編 】
DSC01089.jpg
DSC01079.jpg
現在のサドル高 ( 約71センチ ) が、ちょうどいい具合に天井に閊えてくれる。 ( 緑矢印 )
車体は VERGO-Excel-S 単体の時と同様に3点で固定する。 (青矢印 )
DSC01082.jpg
DSC01084.jpg
DSC01086.jpg



フロントフォークの下には保護と滑り止め目的でマットを敷いた。
DSC01085.jpg
RIMG0150.jpg
次回積載時には、フロントフォーク保護ホルダーを使ったら完璧だろう。



【 29インチMTB編 】
DSC01170_20141003074834ac4.jpg
DSC01156.jpg
ロードバイクと同様にサドルを天井に閊えさしたが、ロードバイクに比べボトムブラケットの位置が高くなるので、
さらに車体を傾けなければならなかった。
DSC01157.jpg
DSC01161_20141001074441fe3.jpg
DSC01158.jpg
ロードバイクと同様に3点で固定する。



DSC01159_2014100107500963c.jpg
DSC01175.jpg
フロントフォークは、フロントフォーク先端部の保護とスルーアスクル自体の紛失防止のために
スルーアスクルを通しておいた。 ( 写真には残念ながら隠れてしまっている )



VERGO-Excel-S なしで車載してみたが、固定はほぼ完ぺき。
特にロードバイクは写真のとおり、垂直に近く積みやすかった。
29インチMTB は、天井にサドルが閊えすぎて御覧の通り、斜めに傾かせるしかなく、積むのに力を要したが、
走行中に動き出すようなことはなく安定していた。
今回、 VERGO-Excel-S なしで問題なかったので、この方法を継続してみようと思う。
そして、ロードバイクと29インチMTB を同時に積んで出かけることも可能になった!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

弱虫ペダルとツールドフランス

2014-07-17
Top Pageサイクルコラム
弱虫ペダルがきっかけでツールドフランスに興味をもった人も、結構、多いのではなかろうか。
家の長女( 高校生 )も、その1人であった。


昨年、僕はNHKのBS1・ダイジェスト版で初めてツールドフランスを見た。
興味が沸いたが、熱中するまでには行かなかった。
なにしろ、ルールが難解でマイヨジョンヌ以外を理解することができなかったからだ。

イマイチ煮え切らないまま今年の7月を向かえ、
本屋さんでツール・ド・フランス公式2014プログラムを立ち読みし、買おうかどうか迷ったが、
いいお値段と、僕一人で読んでも消化不良を起こし結局読まなくなったらもったいないという理由で、
買うのはやめた。

そして2 ・ 3日過ぎ、7月5日の夜にツールドフランスがスタートした。
午後10時過ぎに、何の前触れも無く、突然、長女がテレビで J SPORTS のツールドフランスの生中継を
熱心に見始めるではないか!!!


「 なんでツールドフランス見てるねん? 」   と聞いたら

長女は、

「 弱虫ペダルがきっかけで ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     」
「 7月5・6日は J SPORTS で無料放送 ・・・・・・・・・   」

前々から長女が弱虫ペダルに熱中しているのは知っていたが、
まさかツールドフランスまで興味を示すとは ・・・・・・・・・・・・・・・

この長女の行動がきっかけで2 ・ 3日前の迷いは吹っ切れ、翌日、ツール・ド・フランス公式2014プログラムをゲット。
DSCN0241.jpg
家に持って帰ると、早速、長女は食い付くように黙々と読み始めた。
少なくとも僕の5倍以上の時間をかけて読んでいる。
弱虫ペダルを読んでロードレースの基本・駆け引きがわかっているので、
公式プログラムのおもしろさが僕とは違うようだ。

マイヨジョンヌしかわからない僕は、駆け引きや心理戦が理解できないので、
各チームの選手の身長・体重やコースの高低表を見るぐらい。

おまけに長女は J SPORTS や キッテル の Twitter から、 ( 僕はツイターできない )

「 キッテルの一番大事なものは自転車で、その次に大事なものはヘアジェル。
                                              そのヘアジェルを空港で没収された。 」
「 ボトル君のぬいぐるみを着た人が街道応援している 」 etc

このように雑魚ネタをゲットしてさらに楽しんでいる。
よって僕は娘に聞きまくり、山岳ポイントなど少しづつ理解しつつレベルを上げてる段階だ。

現在2人で意気投合し盛り上がってきたため BS1・ダイジェスト版では物足らず、スカパー2週間無料体験を申し込んだ。

ここ10年は長女と共通の話題はなかったが、
弱虫ペダルのお陰で、しばらくの間、話すことができそうだ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。







エーモン1427内張りはがし 自転車DIYで使ってみた

2013-12-19
Top Pageサイクルコラム
最近、自転車DIYで重宝している工具がコイツ。  エーモン 1427 内張りはがし
PC092760.jpg
PC092761.jpg
PC092762.jpg
約10年前に購入した。
当初は車の内装外しの主力として使っていたが、ここ最近、自転車DIYでの出番が増えてきた。
単なるプラスチックの道具であるが、道具自体の大きさ、
全体の腰の強さ、表面の硬さおよび滑らかさのバランスが絶妙である。


MTBでタイヤを外した状態で誤ってブレーキレバーを握り、パッドが閉じてしまったときに使ってみた。
以前はマイナスドライバーを使ってこじ開けていたが、多少傷ついてしまう。
コイツを使うと、少し腰が抜けてしまうが傷が付くことはない。
またマイナスドライバーよりも適度に厚みがあるので、てこの力が働きやすい。

もう一つ役に立っているのがチューブレスタイヤの着脱時。
チューブレスタイヤ着脱時は専用タイヤレバー以外は禁忌なので自己責任にて使用しているが、
全長21センチと長く、通常のタイヤレバーより握りやすく力が伝わりやすい。
また先端部が尖がって薄いのでタイヤとホイールの間に容易に食い込む。
一番最後にタイヤが入りにくい時にコイツに直接石鹸水を塗って使っている。



コイツのキーポイントとなる先端部。
PC092767.jpg
PC092765.jpg
長年の使用によって傷が付き年季が入ってきた。



エーモン 1427 内張りはがしは単純な道具なのに結構なお値段だ。
ただ、今まで言ってきたように車に限らず、自転車DIYでも重宝すると思う。
他に試せば、ディスクパッドやチューブレスタイヤ以外でも出番があるんじゃないかな。
オートバックスにも置いてあるので、気に入った人はゲットしよう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

タイダウンベルトをアストロプロダクツで購入した

2013-11-07
Top Pageサイクルコラム
先日書いた 『 ミノウラ VERGO-Excel-S と29インチMTB・車への積載について 』 のコメント欄にて、
自転車を固定するにはタイダウンベルトがいいという御指摘を受けたので、タイダウンベルトを検討することにした。

ネットで調べてると、AP 2PC カムバックルタイダウンタイダウンベルトセット レッド STRAIGHT/34-306 (STRAIGHT/ストレート) が自転車を固定するには丁度いい大きさのようだ。

ただ通販だと、単なるベルトのみで送料550円費やすのはもったいない。
アストロプロダクツの店舗を調べると家から車で一時間弱のところにある。
前々からアストロプロダクツは知っていたが行ったことがない。
そういうわけでウインドウショッピングも兼ねて行くことにした。
IMG_20131102_150308.jpg
コーナンやコメリほどの大きさはなく、店舗の広さはまあまあといったところかな。
一見商品数は少なそうに見えるが工具のみなので、これで十分だろう。
商品の9割以上はASTRO PRODUCTSブランドの品で、これがこの店の特長だと思う。
ASTRO PRODUCTSブランドの品は 『 MADE IN TAIWAN 』 or 『 MADE IN CHINA 』 のどちらかのようだ。
IMG_20131102_150513.jpg
商品棚が低いので店舗内は開放感に溢れている。
IMG_20131102_153557.jpg
個人的には商品棚を高くしてもっと商品数を増やせば更に充実すると思うが、いかがなものだろうか?



店に入って最初に釘付けになったのがファイバースコープ
IMG_20131102_153659.jpg
大昔、クワガタムシを採取しに行った時にクヌギの幹に小さな穴が多数あったものだ。
あの時は小枝を突っ込んで探っていたがコイツを使えばきっと役に立つだろう ・・・・・・・・
・・・・・・・・・・ ふと思ってしまった。



本日買った物  タイダウンベルトだけのつもりであったが勢いで、他の品も買ってしまった。
PB022536.jpg

買い物の詳細は・・・・・・・ (クリックすると拡大します)
PB022540.jpgPB022542.jpg
PB022541.jpgPB022538.jpg
PB042557.jpgPB042558.jpg
上から順番に

1. ステンレスパーツトレー 265x195x41mm 700円。 底には 『 ASTRO PRODUCTS 』 と横文字の刻印が入っている。
ここまでロゴが入っているとは、しつこいな!

2. バイクシクルギアクリーニングブラシ 680円→480円になっていた。 湾曲したギア形状の部分でスプロケットの隙間の泥をかき出すようだ。

3. バイシクルチェーンフック 280円 今までチェーンを繋ぐ時には他の人に手伝ってもらってたが、これで独り立ちできるだろう。

4. ペーパータオル 1個 398円 油を強力に吸い込むとアピールしていたので買った。

5.6. アストロプロダクツのオリジナルカタログ。 3000円以上買ったので無料でゲット。 ASTRO PRODUCTSブランドの製品が183ページにわたってギッシリ載っている。
ベアリングツールなども載っており、さらにステップアップしたい僕にとっては興味深い内容であった。



そして本命のカムバックルタイダウン 2セット 850円
・全長:1.8m
・ベルト幅:25mm
・耐荷重:150kg(1本使用時)
・材質:ポリエステル
PB022544.jpg
ガッチリしたプラスチックケースにタイラップで留められている。
パッケージは想像以上に大きく重いので重量を測ってみた。
PB022546.jpg
なんと868グラムもある。
これだけ大きければ定形外 or メール便での発送は無理だな。
PB022547.jpg
PB022550.jpg
1セットの重さは336グラム。



バックルの作りも頑丈だ。
PB022548.jpg

ポリエステルのロープは、このトゲトゲ部分によって固定される。
PB022552.jpg

バックルへのロープの通し方で迷ってしまったが、この方向が正解みたい。
PB032553.jpg

よく見ると 『 ← FEED WEB 』 という訳の分からない横文字でロープの通す方向が示されている。
PB032556.jpg
ベルトを通す作業は手こずるので、予めこの状態でスタンバイした方がいいだろう。



準備も整い実際に使ってみる。
まず、バイクを寝かせた状態で1本のベルトで固定できるか試してみた。
PB042559.jpg
PB042561.jpgPB042562.jpg
車に備え付けの左右のフックにベルトを掛け、ダウンチューブに1周巻いてみた。
んーーーーー、ちょっと不安定だ。1本のベルトでは完璧に固定できないな。
もう1本のベルトを車後部の左右のフックに掛け、後のタイヤを通せばしっかり固定できそうだ。



次はミノウラ VERGO-Excel-S で立てたバイクを固定してみる。
バイクは荷室のど真ん中に置いた。
PB042564.jpg
PB042566.jpgPB042567.jpg
左右のフックにベルトを掛け、トップチューブに1周巻いた。
振動によって多少バイクは前後方向にズレるが、問題なさそう。
もっとベルトをビッしと張れたら心強いが、バックルタイプのベルトではこれで精一杯だ。



次は VERGO-Excel-S で立てたバイクを運転席の後ろ側で固定してみた。
PB042568_2013110521182734e.jpgPB042569_2013110521182576b.jpg
先程と同様に左右のフックにベルトを掛け、トップチューブに1周巻いた。
左右フックからのベルト長さが違うためバランスが悪く、この方法では不安定。

バイク位置はそのままでベルトを掛ける位置を変えてみた。
PB042572_201311052116000b7.jpgPB042575_201311052115584d3.jpg
上側は取っ手に掛け、下側は車のフックに掛けた。(緑矢印)
これでバイクは安定したが、ハンドルのエンド部分が窓ガラスに当たるので、
バーエンドにはタオルを巻いた方がいいだろう。

御覧の通り3つのポジションで固定してみたがバイクを真ん中に置いた位置が安定する。
あと使ってみて分かったがバックルタイプのベルトを、しっかり張るには馬鹿力が必要だ。
当初、自転車如きはバックルで十分と思っていたが、やはりラチェットタイプの方がいいだろう。

今回はタイダウンベルトを購入するためにアストロプロダクツへ行った。
自転車の専用工具も、結構、売っておりサイクリングファンも満足できるのではなかろうか。
ほぼ ASTRO PRODUCTSブランドの商品しか売ってないがコーナンやコメリに飽きた人は
是非、行ってみよう!
きっと新たな発見があるはずだ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

ミノウラ VERGO-Excel-S(15mmフォークマウント)と29インチMTB・車への積載について

2013-10-22
Top Pageサイクルコラム
29インチMTB TREK Superfly AL を車に積むために
ミノウラ15mmスルーアクスル用フォークマウントを購入した。
P8032157.jpg

左右のマウントを拡大する。
P8032159.jpg
P8032158.jpg
このマウントにフロントフォーク先端を嵌めこみアクスルをねじ込んで固定する。



以前購入した9mmクイック仕様の VERGO-Excel-S に15mmフォークマウントを付け替える。
P8032161.jpg
レールから片方のベースを取り外して、9mmフォークマウントを取り外し15mmフォークマウントを取り付け完成。
P8032162.jpg




◎ VERGO-Excel-Sを使って車中泊仕様にする。



バイクを車に積みフロントフォークから15mmアスクルを抜いて下の写真のようにセッ卜する。
P9072316.jpg

フロントフォーク先端の窪みをマウントに嵌め込む。
P9072317.jpg
アスクルは通してないが、余計な力をかけなければズレ落ちることはない。

15mmアスクルを挿入する。
P9072322.jpg

15mmアスクルを時計回りにねじ込む。
P9072323.jpg

レバーを反転させ固定完了。
P9072325.jpg




VERGO-Excel-S を前後反対方向にしてもフロントフォークを取り付けることができる。
P9072315.jpg
ただし、この方向ではキャリパーがレールに干渉するので非常にやりにくい。
片手でフロントフォークを持ち上げながら、レールを斜めに傾けマウントに嵌め込まなければならない。
この作業は両手が疲れるので、予め車外で取り付けた方が楽かもしれないな。
P9072327.jpg
アスクルをねじ込み取り付け完了。
P9072328.jpg
P9072329.jpg
キャリパーとレールは接触しているが特に問題ない。



ところで普段は付けないが、子供が乗るときはイタズラ防止のためにパッドスペーサーを装着する。
TREK Superfly AL に装着してるブレーキは一世代前の DEORE BR-M596 。
専用パッドスペーサーは Y8CL12000 。
緑丸印にピンが食い込むようになっている。
P9072306.jpg

この方向でパッドスペーサーを挿入する、
P9072307.jpg

この状態では、まだ食い込んでない。
P9072309.jpg

この状態で挿入完了。
P9072311.jpg
写真の通り、間近で凝視しないとキッチリ入ったかどうかわからないが、
キッチリ入ると 『 パチン 』 と音が鳴るので、その音を確認のサインにしている。
また新品のパッドスペーサーは先端部が硬く、折れるぐらいの力を加えないと食い込まない。



VERGO-Excel-S を取り付けたバイクは、3箇所、荷物固定ロープで固定する。
P9072331.jpg

後輪は車備え付けのフックに固定。
P9072332.jpg

ダウンチューブも車のフックに固定。
P9072333.jpg

シートチューブは天井の取っ手に固定した。
P9072334.jpg

真横から見ると、こんな感じ。
P9072337.jpg
車側に適当なフックがないのでハンドル・VERGO-Excel-S 側の固定はできない。
この状態では、完璧とは言いがたいが激しい運転をしなければハンドルがズレルこともないので、
このままにしている。

真後ろからみると、こんな感じ。
P9072339.jpg
P9072341.jpg
積んでいる車は現行エクストレイルで、
赤矢印の長さは約174センチあり、床面は完全にフラットなので寝心地はいい。
セカンドシートを折りたたんでフルフラットにできる車の中で、完璧フラットになるのはエクストレイルぐらいではなかろうか ・・・・・・・・・
このスペースにシェラフを敷いて車中泊する。
身長180センチの人でも、やや斜め方向に寝れば頭と足が閊えることはないだろう。
P9072343.jpg
寝る時は、できる限り前後スペースがあるに越したことがないので、
前タイヤを前部座席 or 後タイヤの横へ移動させる。



◎ 日帰りツーリングにいく場合。



御覧の通りバイク左側を地面側にして4箇所をロープで固定。
P9072292.jpg

左上から順番に後タイヤ左側をフックに固定。
後タイヤ右側をフックに固定。
シートチューブをフックに固定。
ダウンチューブをフックに固定。 (クリックすると拡大します)
P9072293.jpgP9072294.jpg
P9072298.jpgP9072297.jpg



ただ一点、心掛けていることは、
地面側になるクランク(赤矢印)を頂点側にして、さらにバイクが傾かないようにしている。

P9072302.jpg

クランクを逆にしてバイクを寝かすと、さらにバイクが傾いて
ハンドル左側 ( 後ブレーキ ) ブレーキにエアが入る可能性も少なからずあるだろう。
P9072301.jpg



次はバイクのリアディレイラー側を地面側にして積んでみた。
PA062423.jpg
先程と同様に後タイヤの左右にロープを掛けた。
フレーム側は2本ではなく1本のロープのみにした。
PA062431.jpg
ダウンチューブに架かっているロープでバイクを後部ドア側に引き寄せ固定した。

リアディレイラーと床のクリアランスは3−4センチある。
PA062425.jpg
リアディレイラーはSLXのミドルゲージでシャドータイプ。
NOシャドータイプのロングゲージタイプであれば床に干渉したもしれないな。
これも隠れたシャドー効果と言えるだろう。



今回はフロント15mmアスクルのMTBを積むために15mmフォークマウントを購入した。
御覧の通り9mmアスクルに比べると取り付けるのに手間がかかる。
以前、15mmアスクルは高級MTBにしか付いてなかったが、最近は中級MTBでも装着している。
数年経ったら、すべてMTBは15mmアスクルになっているかもしれないな。
9mmアスクルに比べ15mmアスクルの方が性能は上だが、
規格が変わる度に、手間隙も費やし出費が嵩むのも痛いところ。

ところでMTBを車載する時に一番気になるのがディスクブレーキのエア混入だろう。
そういう観点から見れば、ミノウラ VERGO-Excel-S などを使いバイクを垂直に立てて運ぶのが理想であるが、
近場に行くのにいちいち VERGO-Excel-S を付けるのも面倒なので、バイクを寝かして運んでいる。
今まで、この方法でエアが混入したことは一度もないので問題ないと思うが、
多少気になることがあったの ( 話せば長くなるので省略します ) で、
結論としては、

『 バイクを垂直に立てて運ぶ方法が望ましい 』

と思います。



最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

シマノスモールパーツについて

2013-08-26
Top Pageサイクルコラム
今回はシマノスモールパーツの発注・受け取りの報告、ならびに感想を述べたいと思う。



29インチMTB ・ TREK Superfly AL のリアブレーキ ( BR-M596 )の
インターナショナルマウントのストップリングが紛失したため発注することにした。
P7051948_20130730070936.jpg
ついでにディスクブレーキのエア抜きのためにパッドスペーサー、ブリーディング用スペーサー、
オイルストッパー一式も発注することにした。



まずシマノのサイトにて BR-M596などの展開図をダウンロードし
パッドスペーサー、ブリーディング用スペーサー、ストップリング、オイルストッパー一式の部品番号を調べた。
特にパッドスペーサー、ブリーディング用スペーサーはディスクブレーキの世代によって型が違うので、
注意が必要。
EV-BR-M596-R-3206_v1_m56577569830759433-page-001_20130821073741e5f.jpg



スモールパーツの部品番号は9桁の半角英数なので手書きでは読みにくい。
大きい文字で印刷して店に持って行った。
DSC_0224.jpg
我流で見やすい注文書を作ったつもりであったが、
店員さんのパソコンの入力などで15分程、時間を費やした。



注文して4営業日後に店からTELがあり商品を受け取りに行った。
P7021941.jpg
オイルストッパー一式は箱に入っており、
それ以外のパーツは一種類づつ伝票と一緒にパッケージされていた。



パッドスペーサー 1個 139円
P7021942.jpg



ブリーディング用スペーサー 1個 168円
P7021943.jpg



ストップリング 1個 92円
P7021944.jpg
ストップリングは、キャリパーやアダプターのネジの緩みを防止する。



じょうごとオイルストッパーのセット 360円      ※大きさの比較のために横にパッドスペーサーを置いてみた。

想像以上にじょうごは大きい。おまけに蓋まで付いている。
蓋は、オイルに埃が入らないようにするためと思われるが、
ブリーディングが短時間で済むなら必要ないのではないか。
完全にエアを抜くにあたってリザーバータンクを一昼夜開けたままにするため蓋が用意されてるのだろう。
P7021945.jpg
じょうごとオイルストッパーの先にはゴム製のパッキンが付いている。
パッキンの耐久性は大丈夫なんだろうか?



じょうごと蓋を上から眺める。
P7021946.jpg



経年劣化によりパッキンが使い物にならなくなっては困るので Ziploc に入れて密封しておいた。
P7021947.jpg





一方、スモールパーツをゲットした数日後、
ディスクブレーキのキャリパーをとめる M6 x 18.7 のネジが2個、急に必要になった。
インターネットで M6 x 18.7のネジの価格を調べると1個296円と、実に高い。

でも、このネジがないと作業が前に進まないので同じ店に注文しに行った。
駄目もとで M6 x 18.7のネジがないか店内を探してみたがない。
何か別に役に立つものはないかと店内をくまなく捜すと、
フロントインターナショナルマウント用・160ミリアダプターの中に
M6 x 18.7 のネジが2個入ってるではないか!
おまけにストップリングも2個入っている。 値段は640円。
M6 x 18.7 のネジが2個で592円と48円安いだけ。
スモールパーツとして発注すると受け取るまで数日を要し面倒なので、
迷わずアダプターを買うことにした。
P7162116.jpg
パッケージの中身
P7162118.jpg
赤矢印が M6 x 18.7 のネジ。
フロントインターナショナルマウント用の160ミリアダプターは不要だが、
いつか役に立つことがあるかもしれない。ストックとして置いておこう。
ストップリングも余ってしまったが消耗品なので、いくつあっても問題ない。



今回はシマノスモールパーツの発注・受け取りをフルに体験したわけだが、
御覧の通りパーツの値段は超割高。
見やすく分かりやすい注文書を作ったつもりであったが、
それでも店員さんとのやりとりに15分程かかった。
自転車の知識が少ないお客さんがスモールパーツを発注しに行ったらどうなるだろうか???
分厚いシマノスモールパーツの本を店員さんと見ながらやりとりしたら30分は余裕で越すだろう。
つまりスモールパーツの価格は、そういう手間賃も含まれてるんじゃないかな。
パッケージも一つ一つ丁寧に梱包されているし ・・・・・・・
まあ、どうしても、そのスモールパーツが必要な時は致し方ないが、
即、発注する前に今回のアダプターのように他のパーツセットに含まれてないか
立ち止まって考える必要があるだろう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

UNDER ARMOUR をサイクリングウェアとして使ってみた

2013-08-10
Top Pageサイクルコラム
昔から UNDER ARMOUR は知っていたが野球選手のトレーニングウェアというイメージしかなかった。
ところがブロ友のめがねカッパさんが愛用しているのをきっかけに
突如、サイクリングウェアとして試してみることを思い付いた。



買ったのは、もちろんコンプレッションタイプのトップス UA ヒートギアコンプレッションLS [MCM5836]
サイズはMDサイズ ( 当方の身長は173センチ )

前側
P8092190.jpg

後側
P8092191.jpg

襟回り
P8092189.jpg

ヒートギアのロゴ
P8092192.jpg



まず袖を通すとコンプレッションによって一瞬、肌が熱く感じたが、
しばらくすると慣れて消えてしまう。
MDサイズの身長の上限は173センチと僕には一杯一杯だが、胸・腰回りが細めなのでちょうどいい。

赤色のトップスなので、このまま使えばスパイダーマンのようになるので少しかっこ悪いかな ・・・・・・・・
コーディネート的には先日買ったGIANT企業コラボTシャツ(白色)を上に着ると合いそうだ。
P8092186.jpg



ただ、このまま使ったほうがいかにも空気抵抗は少なそう。
背中にリュックも背負うのでそんなに目立たないか ??
少し悩んだ挙句、 UNDER ARMOUR のみで長距離ツーリングに出かけることにした。

使ってみて、胴体・腕ともに締付けられているが、それを感じさせない。
あと個人差はあるかもしれないがヒートギア・コンプレッションも効いてるようだ。
風にあたると腕がひんやりする場面が結構あり暑苦しくない。

あと、この薄い生地で肌に完全密着するので空気抵抗が相当少ないようだ。
半袖を着た時よりも、前腕部の産毛の空気抵抗を抑えるような気にもなってくる。
いつも着るゆったりめのサイクリングウェアに比べ0.5km/hぐらいスピードアップしてるような感じであった。

このように UNDER ARMOUR の機能・着用感はよかったが一つだけ落とし穴が ・・・・・・・
蚊の細い口に無防備なのは想像できるがアブに対してもダメであった。

左胸を刺されてしまった。 ( 刺された2日後の状態 )
P8092166_20130809233506f9f.jpg

さらに拡大。
P8092172.jpg
最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

『 スプロケット外し 』 について

2013-08-02
Top Pageサイクルコラム
皆さんもスプロケット外しで苦労されるのではなかろうか。
僕も昨年11月 TREK Superfly AL を購入時に
カセットスプロケットの重量を測定するため外そうとしたが、びくともせず諦めた。

先日の Newホイール交換をむかえ、どうしても外さなければならない状況になり
ちょっとした発想の転換で外すことができたので報告しようと思う。



通常、スプロケット外しはスプロケット回しでギアを固定し
モンキーレンチでロックリング締付け工具を緩めて外す。
P7142079.jpg
250ミリのモンキーレンチでやってみたが全く動かない。
400~500ミリのモンキーレンチがあれば解決しそうだが、残念ながら家にはない。

工具箱から、少し長い全長300ミリのメガネレンチを取り出しやってみたが結果は同じ。
さらに嫁と2人がかりやってみたが全く動かない。



ここで単純に思いついたのがプラスチックハンマー。
コーナンで買ってきた大きいサイズのハンマー。 値段は300円ぐらい。
今まで、このプラスチックハンマーに数々の場面で助けてもらった。
自転車DIYの荒技にもってこいの道具。 是非揃えることをお薦めする。
P7152087.jpg
コイツでメガネレンチを叩くことにした。



赤丸印 ・・・・・ 左手で押さえる。
紫丸印 ・・・・・ 右手で押さえる。
緑矢印 ・・・・・ 別の人にメガネレンチの一番外側をハンマーで叩いてもらう。
P712362027.jpg
外れない。



発想をかえてメガネレンチの一番外側を右手で押さえ、そのギリギリ内側をハンマーで叩いてみた。
くれぐれもハンマーで手を叩かないように。
P7122027.jpg
そんなに力を入れずハンマーの重みで叩くと、少しづつロックリング締付け工具が緩んできた。
合計5回くらい叩くと、メガネレンチで動くレベルまで緩みロックリングを外すことができた。 (o^。^o)

普通に考えると遠心力が最大に働くメガネレンチの外側を
ハンマーで叩いた方が効果があると思われるが、
それよりも大事なのはメガネレンチを下向きにしっかりと固定することであり、
メガネレンチの一番外側を右手で押さえることによって、しっかりと固定され、
ハンマーで叩いた力が逃げないため、一番効果的であったと考えられる。

今まで数々のスプロケット外しを経験したが、問題なく外れた。
今回のスプロケットはロックリングを馬鹿力で締めたか、ロックリングにグリスを塗らなかったか、
原因はそのどちらかであるが、念のためデュラエースグリスをタップリ塗って、
新しいホイールにスプロケットを取り付けておいた。

今後、スプロケット外しで難航するようなことがあれば、
こういう方法でチャレンジしてみてはいかがであろうか。
ただしタイヤを装着して空気を入れた状態で行わないとホイールを傷めるので注意が必要だ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.